2020.11.20

【芝居】「常闇、世を照らす」 JACROW

2020.10.31 14:00 [CoRich]

田中角栄を描く三部作、総理大臣を辞めてから田中真紀子が立候補するまでを描く終結編。135分。11/8までサンモールスタジオのあと新潟。

ロッキードの疑惑、総理大臣を辞めてから。自民党を辞めても、党外から田中派を率いる。盟友大平を総理にし、しかし亡くし。忙しかった日々、訪れる人は減っていき、酒量が増え。娘・田中真紀子は妾を持つ父親を憎んですらいる。ある日、角栄は倒れ麻痺が残る日々、真紀子は立候補を決める。

一度は昇りつめたあと、汚職の疑惑から総理大臣を退いてからの日々。無実を信じ復活の日を思い描きながらも自民党を離れ、党外から田中派を率いている日、盟友・大平正芳を総理にしたが病で亡くし、竹下登の創政会結成など明確に自分の地位が脅かされ奪われていくなか、多量の飲酒、脳梗塞を経て表舞台から消えていくのです。盛りを過ぎた男がこれまで家族を蔑ろにしてきた負債を、まの辺りにする日々。

倒れてからの日々は政治の表舞台に立つことがなくなり、今作では台詞は極端に減り、父親を嫌っていた田中真紀子が主役のようになっていきます。あの頃、国会に現れないのにずっと国会議員でいるという角栄という政治家の力をぼんやり見てたけど、なるほど、こういう流れか、と今さら確認するのです。終幕、田中真紀子の街頭演説は一本目の冒頭、田中角栄の台詞なのです。もちろん、田中真紀子が三国峠を切り崩し、佐渡との間を埋め立てるなんていう演説をするはずも無いけれど、繋がっていく、という作家のフィクションなのだと思います。

私の記憶にある政治家が沢山出ているのが私のリアルタイムに近づく感じで嬉しい。金丸信を演じた岡本篤、全く雰囲気は違うのに、政治家に見えてしまうのは角栄を演じた狩野和馬の雰囲気で、まさか山梨の地味な政治家を描くのかしら、作家が。今作で初登場の娘・田中眞紀子を演じた川田希もまた全く違う雰囲気ですが、父を思う気持ち、新たに立ち向かう気持ちがよく現れています。この女優が演じた大塚家具の娘の物語とは正反対の役だけれど、説得力があるのです。(大塚家具を巡るニュースを聴いたばかりからかもしれません)

続きを読む "【芝居】「常闇、世を照らす」 JACROW"

| | コメント (0)

2020.11.09

【芝居】「夕闇、山を越える」JACROW

2020.10.24 19:30 [CoRich]

2016年初演2018年再演作、三部作の一挙上演としてふたたび。11月8日までサンモールスタジオ、そのあと新潟。

上り詰めていく世界は昭和の派閥のパワーバランスそのものであり、もう逆戻りすべきではないあの頃ではあるのだけれど、そこにある時代の熱気を描く物語には見応え。

若手時代から最初の入閣に至るまでの田中角栄。人々の暮らしを思い訴える原点の姿。母親との関係だったり、冒頭の長靴姿の演説、地元に戻った元秘書への待遇の心配りなど人間・田中角栄の人垂らしな側面が強く描かれているように思います。いっぽうでまだ十分な力を得ているわけでは無く、政治の局面では誰につくのがいいのかを見極め、自分のことをフックアップしてくれるのかを冷静に見極めるという「コンピュータ付きブルドーザ」はこの後の物語に繋がっていくのです。

続きを読む "【芝居】「夕闇、山を越える」JACROW"

| | コメント (0)

2020.11.07

【芝居】「宵闇、街に登る」JACROW

2020.10.24 14:00 [CoRich]

田中角栄を描く三部作の第二弾、2018年初演。2020年の三部作上演、日程の都合で二本目から。11月8日までサンモールスタジオ。130分。

第一作の岸信介内閣から7年ほど、佐藤榮作内閣のあと、誰が首相となるかという時代で角栄が上り詰める。(歴代内閣|首相官邸)

一つの党の中に派閥のパワーゲームというよりは騙し騙されの駆け引きうごめく時代。わたしはまだ子供の時代だけれど、このあと首相になっていくきら星の政治家たち、角福戦争の発端など、まわりの人々の人間臭いすがた。沖縄返還など日中国交正常化など為すべきことを軸に、テレビのワイドショーなど時代背景も豊富に描くのです。

第一作では母親や芸妓としてしか登場しなかった女性は、今作においてはテレビの人気司会者と越山会の女王とよばれる秘書と、世の中を動かすような立場を人々を中心に描きます。いっぽうで秘書もまた角栄をめぐる女の一人というメロドラマの行方もまた第三作への駆動力なのです。

秘書を演じた小林あやの仕事場での力強さと影の女で居続ける弱さの振り幅がしっかり。福田赳夫を演じた小平伸一郎や中曽根康弘を演じた谷仲恵輔の食えない感じもあの時代の政治家の雰囲気。山口淑子を演じた木下祐子のコミカルなテレビ受像機を思わせる演出も楽しい。

続きを読む "【芝居】「宵闇、街に登る」JACROW"

| | コメント (0)

2020.11.02

【芝居】「線路沿い獣道」ドリルチョコレート

2020.10.11 15:00 [CoRich]

こういう状況でも新作にする、という心意気。開演前の注意事項のコミカルさも楽しい。10/11までスズナリ、休憩無しの65分。デジタルパンフレットがついています。

荒くれがちゆえに疎まれがちに育った男の物語。子どもの頃を描く前半では、絶望の中だけれどどこか微笑ましい初恋の物語にはどこか一縷の希望があるよう。成長してからの後半を描く後半、初恋の彼女と暮らしていても何も好転せず、子どもの頃からの絶望がそのまま地続きになっている男。

結果逮捕されてしまってこれで終わり、と思うけれどそこから見える風景はかつての友人たちが熟成し変化しているのです。一人は半グレのサラリーマンになっていて、年上だった男は弁護士になっていて弁護を引受け、出所した男を幼馴染で初恋しそこねた女が迎えるのです。二人で訪れた観覧車はかつてのダブルデートの場所。観覧車のシーンといえば、かつてのキャラメルボックスの芝居が印象的な私ですが、劇場が小さいこともありずっとシンプルな装置で同じぐらいの印象を残すのです。

絶望を続ける男を演じた櫻井智也の安定感、母親を演じた真嶋一歌は夜の女の雰囲気を濃密に。子供だったのに同じような感じになっていた初恋の女を演じた三澤さきの振り幅は女の一生を見るよう。迎えに来た女を演じた佐賀モトキ、かつての派手な雰囲気が印象強すぎてしばらく同じ役者と気づかなかったワタシです。中学生なのに小学生と遊んでいる澤唯のちょっと情けない雰囲気の前半、後半では弁護士となって希望の光になる説得力。

| | コメント (0)

2020.10.20

【芝居】「All My Sons」serial number

2020.10.3 19:00 [CoRich]

serial numberの役者、田島亮が2011年に演じた同じ役で出演。私は初見の戯曲です。シアタートラム。席は千鳥に一つおき、入場時のアルコール消毒など。11日まで。 155分(休憩10分)

戦争、行方不明の兄、弟は復員。父は工場を持ち裕福に暮らしている。 兄の帰りを待つ母は諦め切れない。兄の恋人に心惹かれた弟は、家に呼び結婚を申し込む。恋人はそれを承諾する。 父は戦闘機の部品不良で一度は逮捕されたが釈放された。同じ罪で服役している男は、この婚約者の父親なのだ。 なんとなくうすうす感じてるが問いただすことができない家族のタブー。婚約者の登場とそのつながりによってそのタブーは揺さぶられ、徐々に明るみになっていく事実。たんにその事実が明るみに出ただけではなくて、その人々の想いや、あるいは互いの関係すらも壊しそうになりつつも、物語の着地はどうなったかまでは明るみにしませんが、ハッピーエンドではない雰囲気の幕切れなのです。

アーサー・ミラーの初期の戯曲で、日本では「みんな我が子」というタイトル(なるほど)で、新劇のスタイルでの上演が多いよう。seriau number(もしくは風琴工房)としては建て込まれた舞台はアメリカ郊外の一軒家という穏やかな雰囲気だけれど、家の2階の壁には大きな黒い穴、庭には滑走路を思わせるマーキングなどの不穏な要素も織り込まれています。近所の人々にしても、開業医なのに研究者を目指したい夫とそれを阻止したい妻など、それぞれの家族が隠していることが物語世界の奥行きを感じさせます。

親の世代と子の世代の正義の捉え方の違い、それぞれのコントラストも面白いのです。後半は物語の要素がどんどん繋がり高い密度で組み上げられるおもしろさなのだけれど、前半は言い淀むように物語の進行が遅く感じるところもあったりも。なるほど「初期の」傑作と呼ばれるのもわかるのです。

母親を演じた神野三鈴は隠してきたこと、これまでの人生の重さをきっちりと。息子を演じた田島亮の無垢で真摯な人物の造形もとても良くて。

| | コメント (0)

2020.09.16

【芝居】「ひとよ」KAKUTA

2020.9.5 18:00 [CoRich]

2011年初演2015年再演の作品。 コロナ対応のための換気休憩15分を挟み140分。本多劇場で13日まで、そのあと eplusでのストリーミングが9/19から23日まで予定されています。そのあと、穂の国とよはし芸術劇場PLAT。

物語の骨格はもちろん変わりません。あの夜に変わってしまった家族の姿を丁寧に、描き出します。 今回の大きな違いは、夫を殺して時効まで逃げ切った肝っ玉母さんを演じた、渡辺えり。久々に戻った家で上滑りするのは物語の要請ではあるけれどそのバランスの難しさ。声量の圧の強さは肝っ玉感がその雰囲気にしっくり美点、ドライバーでのスーツ姿がやけに似合うのは新しい発見。

もう一つの変化は長男の妻を演じた桑原裕子と長女を演じた異儀田夏葉で、再演とクロス(入れ替わり)になっていて楽しい。長男の妻はよりメロドラマな大げさな感じで楽しく、長女の夜の女な感じも楽しく。

変化しない役を演じた役者は座組の安定感。長男を演じた若狭勝也は、吃音というとても繊細な属性の人物をきちんと。新人ドライバーを演じたまいど豊は年齢を重ねた男の深みがより深く。レゲエ風の男を演じた成清正紀はかき回し、笑わせ、ときに泣かせるある種の背骨になっているのです。

コロナ対応としては、席が一つおきの指定で、パーティションも小さいながらついていて、荷物もその開けた席に置くように指示されていて、(乗ったことはないけれど)ビジネスクラスっぽく快適。(劇団としてはたまったものではないだろうけれど)。予定されていたトークショーもQRコードを配布して家で観られるようにしていて徹底しています。

いわゆるチラシ束の配布はないものの、無料で配役表を持って帰れる旨のアナウンス、有料パンフはわかりやすい相関図がありがたい。

続きを読む "【芝居】「ひとよ」KAKUTA"

| | コメント (0)

2020.09.13

【芝居】「King of Mask」スクランブル

2020.9.2 20:00 [CoRich]

スクランブルの新作は、コロナ禍のもとでのCM制作の現場をめぐるコメディ。青少年センターHikariで70分。 ゲネ映像+特典映像の配信付き。

コロナの中でマスクのCMを撮る現場。時節柄スタッフは絞られ、厳しいガイドラインの中で撮影が行われているが、 撮影はなかなか進まず、今日はまだ一秒も撮れていない。マスクのデザイナー、代理店、タレントの事務所社長なども 訪れて、あれこれと口を挟む。カメラマンは仕事と割り切っていて。

CM撮影という目標には向かっているものの、金のための仕事と割り切ったり、思いつきで素人が口を挟んで監督の統制がまったくとれなかったり、バーターで押し込まれたのに事務所社長のお気に入りだからと勘違いしてスタッフに手を出そうとする若いタレントがいたり、あるいは恋人を現場スタッフに入れようとしたりと、いろいろ進まない現場。コロナ対策のために示されているガイドラインが細かいのに読んでないスタッフや、禁止されてる差し入れ、あるいは登場人物達がマスクをしたまま舞台上に居たり、あえて外に向かう扉を開放する場面を作って換気に配慮したりと、2020年だからこその制約とアルアルなシチュエーションを物語に自然に盛り込んで進む物語。

CMクライアント社長の思いつきに同調してどんどん勝手に進めるカメラマンは人気・実力のあるタレントだけで進めようとして、バーターの新人をないがしろにして、それに反発してのあれこれ、プライドのぶつかり合いがドタバタというかちょっとイライラが暴発する終盤、後味の悪い幕切れだけど、それもまた作家の持ち味という感じも。

舞台上ではCMの撮影のためのカメラの他に、メイキング映像のための手持ちカメラがあって、特典映像ではこの存在を存分に活用していて、舞台と同時進行でそのカメラに映ってたものという遊び心が幾重にも楽しいし、芝居中の役になりきったままでのインタビュー映像、撮影しているCMそのものも特典映像になっていて嬉しい。配役表はその配信のコメントについていて、映像と合わせるとどの役者がどの役をやっているかがわかる、という算段。劇中で使われるマスクがチケット代わり、ファンアイテムでもあるし、着けたらそのまま出入り自由なチケットなる感じも面白い。

| | コメント (0)

2020.09.07

【芝居】「終わる」中野坂上デーモンズ

2020.8.15 13:00 [CoRich]

OFFOFFシアター。16日まで。 劇場の外扉を開け、舞台上にサーキュレータを設置して席間を開けての上演。60分。

開演すぐにアフタートークだけれど、その終わった芝居はあったのか?自殺を止めた女、止められた女、子供をなくした女、物書き、司会の女。

実際のところストーリーというよりは、強烈なループをひたすらに繰り返しすことで、「終わる」ことをめぐる変奏曲のように、今の状況のもと、そもそも生まれなかった芝居が終わることを浮かび上がらせよう。それは芝居における終演に限らず、自殺だったり、子供の喪失だったり。6人の役者、それぞれの役に当てられた「終わる」を洪水のようなループの物量で語り続けるのです。

断片で浮かび上がらせようという意図はわかるものの、それを面白がることがなかなかできない自分に気づきます。それは今の状況が心に影を落としているというよりは、理由はともあれ観劇数が激減して、「芝居を面白がる筋肉」が実に弱っているということなのかもしれない、と思ったりもするのです。たぶん、週4本ペースだったあの頃の感覚だと、乗れたのかなと思ったり思わなかったり。

| | コメント (0)

2020.08.26

【芝居】「アンチフィクション」DULL-COLORED POP

2020.7.19 18:00 [CoRich]

65分。風姿花伝。 元々一人芝居として計画されていた上演作品をコロナ対応を万全に行っての上演。

作家の日常だが、その日常が変わってしまって、フィクションが書けなくなる作家の姿。酔うために飲み続け、家族が時に迷惑を被り。

観客たちとも地続きな変わってしまった日々の生活、その形はいろいろだけれど、「全て本当にあった事、本当に起こる事」と銘打ち騙る作家、家で煮詰まり執筆の日々、という体裁のぼやき節中心の前半。換気のためと、休憩風味の時間を挟み、後半は唄、詩を経て、梁山泊のようなシェアハウスなる場所での人々、ユニコーンが登場するに至って、なるほど、フィクションが作り出せなくなった日々から、よろよろと不器用ながら、時に過去の作家達に思いを馳せながらナニクソと物語を創ることに立ち向かう作家の奮起の気持ち、と読み取るワタシです。

| | コメント (0)

2020.07.12

【芝居】「ダイ・ハード」おのまさしあたあ

2020.7.4 19:00 [CoRich]

映画の名作を一人芝居として演じる人気シリーズ。当初の公演予定を延期し、希望する観客にはフェイスシールドの配布などの対策を講じて上演。5日まで、絵空箱。100分。

云わずとしれたアクションの名作。netflixの「僕らを作った映画たち」というメイキングドキュメンタリーで取り上げられてるシーンも多く、なるほど、名作をうまく編集して一人芝居に仕上げているのだということがわかります。何段かに階段状に積んだステージを舞台となる工事中のビルのフロアに見立ててそこを走って上り下りするうちに役者がどんどん汗だくになっていくというのも、映画の時間軸のように感じられてて楽しい。

とりわけ、エレベータシャフトを降りたり、爆発するビルの屋上から消防ホースを巻き付けて飛び降りたり、あるいは悪役が落ちていくシーンなど、上下の高低差が見所となるシーンは、観客に「顔を横にして」と指示して、役者は寝そべるように演じるのも体感的で楽しい。

多くの登場人物を表現するために、百均のちり取りを台座に突っ張り棒を立てて、てっぺんに似顔絵を貼り付けた「人物」を配置するのはこのシリーズの常套手段。今作ではそこにラバーカップで作った「人物」も交えて。それは主要な役と、モブに近い役の差を付けてる感じなんだけど、なるほどわかりやすい(ことがいいのかはわからないけれど)。

ワタシにとってはほぼ3ヶ月半ぶりの劇場での公演。配信は幾つか観たりはしてるけれどなかなか見続けるという習慣にはならず。劇場に通うペースも激減してますが、徐々に、慣れていくと、いいなぁ。と思いつつ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧