2019.12.05

【芝居】「『Q:A Night At The Kabuki』inspired by A Night At The Opera」野田地図

2019.11.10 19:00 [CoRich]

クィーンのアルバム「オペラ座の夜」に着想したという180分(休憩15分込)。10月の東京、大阪、福岡をめぐり再び東京芸術劇場・プレイハウスで12/11まで。

平家の男と源氏の女、壁で隔てられた二人。一度は休戦になったが傲る平家に反旗を翻し再びの戦禍の中、平家の男は名もない一兵卒として戦場に向かい、最前線の野戦病院では尼となった源氏の女が働いて再び出会うが互いに知ることなく戦争は終わり、負けた平家の男たちは寒冷地に送られ過酷な環境で命を落としていく。

源平の物語を下敷きに、ロミオとジュリエットの構図、更には日本人のシベリア抑留を思わせる史実を重ね合わせて重厚に描く物語。更に、ロミジュリの二人を若き日と年齢を重ねてからそれぞれに配しています。(松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳)

若気の至りのように出会い、惹かれ合った男女。年齢を重ねてからの二人からの視点はやや俯瞰的で、それは時に滑稽さすら持ちます。二人を隔てる二つの戦争、その中ですれ違う僅かな瞬間の積み重ねはこの二人の愛情の深さを作ります。

二人の愛情が育まれ、戦争が終わってハッピーエンドになるかと思いきやそうは行きません。極寒の地で抑留され強制労働の日々を送る男、女は忘れたわけではないけれど、手の打ちようがなく過ぎゆく時間。戦争が終わり日本が復興から成長に向かう姿と、シベリアに限らず戦争から抜け出せない人々の写し絵のようなのです。

帰国の船に乗ることもできず現地に置き去りにされた男、戻る友人に伝えた言葉。友人は女にその言葉を伝えないまま、30年も経ってしまうのです。パーティ続きで伝え忘れたと嘯くけれど、その言葉を貫く絶望ゆえに友人は伝えることができないのです。「愛するにも体力が要る」それを続けることができないほど衰弱しきっていて、もう愛していない、ということばの重さ。

30年という年月はベルリンの壁が崩れてから今年までの年月に等しく、なるほど源平を隔てる壁が崩壊してから、ということに、こちらも重ね合わせるのです。

深く、思い問題提起の物語だけれど、いっぽうでクィーンのアルバム「オペラ座の夜」にインスパイアされ、全曲を使っているという謳い文句はもちろんそうなのかもしれないけれど、あんまり物語に関係ない感じを受けるワタシです。

| | コメント (0)

2019.12.02

【芝居】「てんらんかい」天明留理子=旭堂南明 講談&ひとり芝居

2019.11.9 19:00 [CoRich]

講談師・旭堂南明としての活動を始めた天明留理子の一人芝居企画。 講談仕立ての「りく~忠臣蔵異聞」と一人芝居「マクベス夫人」の二本を短い休憩を挟み80分。目白・ゆうど。

松の廊下のあと、遊女を貰い受けるといい妻・りくを母とともに豊岡へ戻し離縁する大石内蔵助。りくは密かに遊女を訪ねる。「りく〜忠臣蔵異聞」
夫の武運を祈る夫人の前に三人の魔女、子は産めないと引き換えに夫の出世を約束するが、後継を心配するようになる「マクベス夫人」

ひとつは講談、ひとつは一人芝居という形にはなってるものの、着物に演台という講談のスタイルは、どこかゆるやかに溶け合うよう。

「りく」は、敵討ちをさとられないために遊び呆け遊女を貰い受けるとまでいった大石内蔵助のエピソードを主軸に据え、妻として名高いりくの視点で描きます。後日出家をすることになるが、その遊女に密かに会いに行く道すがらで訪ねた寺の尼に、は時空がぐるりと歪み、後の香林院に繋がり輪になるように、史実にフィクションをするりと紛れ込ませる手際の良さなのです。

シェイクスピアのマクベスで夫の背中を押して悪事に手を染めさせたという描かれ方ですが、夫の出世が遅れることを気にして、自分が子を産めなくなることの引き換えとして魔女との契約で夫を出世させようとするのです。物語の中で名前が呼ばれず「マクベス夫人」という呼ばれ方をすること、名前で呼ばれていればこんな悲劇はなかったかもしれない、という終幕は講談の語りっぽさを醸し出すのです。

| | コメント (0)

2019.11.24

【芝居】「瞼の母」麦の会

2019.11.9 14:00 [CoRich]

横浜生まれの長谷川伸の名作、120分。のげシャーレ。

ヤクザ者たち、抗争の末に若い男の罪を自ら背負った30の男、逃避行で見かける人々に生き別れの母を追い求めるうち、大店の女将が母親ではないかと目算をつけ会いに行く。

ワタシは初めて見る劇団、初めて見る演目(青空文庫)です。いわゆる股旅物、仁義や別れた母を追い求める気持ち。序盤と大詰という二幕の構成もワタシには新鮮なのです。人の姿を見て家族があることを羨み、人の母の手に触れれば自分の母への想いを募らせる物語。想像したように物語が進む安心感、それをきちんと支える役者の力。

芝居の前後に演出を兼ねた役者が落語風の語り口で作家のこの土地との繋がりを語るのも楽しい、当日パンフで説明するのもいいけれど、背景や時代を語りで聞いて日常から地続きに導入し、日常に戻していく空間はライブな劇場という空間だからこそ。

| | コメント (0)

2019.11.20

【芝居】「小田原みなとものがたり」螺旋階段

2019.11.8 19:00 [CoRich]

小田原の劇団、ホームの劇場には初めて伺いました。105分。小田原・けやき。

漁師町で借金を残し出て行った女の夫と娘は漁協の元事務所を安く借りて暮らしてる。周りの人々はその8年を支えてきた。毎日沢山の人が訪れ、向かいで居酒屋を営む男ですら常連になっている。
台風が迫ったある日、その女が婚約者を連れて訪れる。温泉ホテルの仲居だった女を見初めて婚約を決めた御曹司は元の「家族」に挨拶したいと訪れたのだ。

決して豊かではないけれど、人情に厚い漁師たち、港の商店主たちに囲まれ忙しく暮らしている父娘。もう何年も経って忘れかけたころに戻ってくる母親と婚約者、それは同時に台風も連れてきた夜。酒を飲み本音をぶつけ合う一夜。思い通りにならないこともモヤモヤすることもあるけれど、優しい世界を描く物語なのです。

突拍子もない事がおこるわけでも唸るような設定というわけでもありません。老若男女に広くリーチする人情喜劇ではあるのだけれど、父娘、あるいは母と婚約者、周りの人々の誰もを丁寧に描き人物を造型するのです。久々に再開した母親の想いを受け止め、しかし口下手だけれど居てほしいと口にした父親に戻るなど、揺れ動く娘の気持ちが実にフレッシュで、いわゆる人情喜劇という言葉で括れない瑞々しさも描き出すのです。演じたモハメディ亜沙南、鼻筋の通った美しさ。近所の居酒屋の主人を演じた緑慎一郎は、作演を兼ねて、軽快なツッコミ、リズムを作ります。サブタイトル、「アジが美味しい編」、続編やスピンオフという広がりを予感させます。

| | コメント (0)

2019.11.17

【芝居】「アイタクテとナリタクテ」フライングステージ

2019.11.2 13:00 [CoRich]

ゲイを主題にした芝居を描く劇団の新作は「大人と子供の」と題された70分。 4日までOFFOFFシアター。

小学校最後の学芸会で人魚姫の劇を上演することになった。配役の希望を聞くと、男の子が人魚姫を演じたいといい、親友二人も応援している。一人は王子と騎士の絵本に心を寄せていて、もう一人は母親を亡くしたあと二人の父親と暮らしている。

思春期前の子供の頃に男子が友達の男子や女子をどういう気持ちで感じていたか、あるいは幼くてもいわゆる「普通じゃない」と言われ戸惑ったかを丁寧に描く新作、なるほど、子供でも見やすく丁寧な物語。元々の人魚姫が悲劇的な終末だけれど、それを(あのアメリカの映画会社の作品のような)ハッピーエンドに、(著作権を伸ばし続けるあの会社の物語をなぞらずに)描くかという制約含めた命題の設定が上手くいのです。物語の流れとしては(雑に云えば)、男児や男二人が対等に惹かれ合っていることは自然なことだ、ということを手を替え品を替え描き出します。何かの規律があって、それに従わないものは排除するという価値観とは対立するものでですが、ワタシはさまざまな人が居場所を持てるという世界を描く今作を支持するのです。

社会にはいろんな家族の形態があって、(いわゆる)片親や、お父さんが二人、あるいは「普通」のなど、どれもが祝福されるべき子供で、しかし見解の相違があってもすり合わせていける柔軟さは子供ゆえというのも発見なのです。今作で描かれる人々、大人たちは自分と相手の想いに実に誠実です。見守る教諭もそうだし、最初は違和感を感じていても、本人が本気だと気づけば認める親も。現実はいろいろ厳しいとは思うけれど、全員に優しい世界があれば嬉しいという想いが濃密で切実なのです。

| | コメント (0)

2019.11.14

【芝居】「コンドーム0.01」serial number

2019.10.27 19:00 [CoRich]

ex.風琴工房、2年前に描いた女性だけの性と生(つまりリプロダクティブ・ヘルス)にまつわる物語と対で。135分。10月31日までザ・スズナリ。 懸案だった薄いポリウレタンコンドームの開発チーム。研究室では日々さまざまな問題を解決する。広報、営業、開発などの老若交えて売り方を検討する「会議」が設定された。

作家が得意とする、ひとつのレパートリー、会社の開発を巡る物語。サガミオリジナルの0.01の開発譚という事実をを背景にしながら、過去のリコールを交えたクレーム・コンプラへの姿勢、ちょっと可愛らしくコンドームの基礎知識的なこと、開幕直後にはアイドル風のダンスで盛り上げます。

この開発物語を軸に、それぞれの男たちの初体験の一人語りによってごくパーソナルなものであり、多様であることを語り、コンドームの売り出しに向けて開発者、営業、社長などからなる横断チームがコンドームとは何か、あるいはセックスとは何かを話し合うという構成で物語は進みます。

男の初体験談はコミカルかあるいはマッチョなものになりがちだけれど、今作はコミカルさ含む物を交えながらも、おおむね穏やかで多様です。心から幸せな体験や友達の彼女とのスリリングな体験、あるいは愛ともちょっと違う幼なじみとの一回きりのだったり、あるいは高校教師との美しい光景、逆に使わなかったことのドラマチックさ、EDゆえに使ったことがないなど、それぞれの登場人物、たぶんあまり話さない告白を聴くことで、登場人物だれもが愛おしいのです。

セックスをめぐる様々の語り口は多様です。たとえば発情期のない人間だけがいつでも妊娠を迫られるがゆえにメスが拒否できないという構造、中絶を合法化すると望まれぬ出産が減り結果として犯罪が減るというバースコントロールなどの議論を経て、あるいは娘が経験した性被害の深刻さ、この歳になってもな浮ついた気持ち、あるいはコンドームを仕事にしてることを彼女に伝えられないことなど、多面的に語るのです。

横断チームの(物語の中での)議題の主眼である「001という薄さ」は、そこまで近いのか、あるいはこれ以上は入ってくるなというパーソナルエリアの究極なのかという視点は新鮮。16歳の誕生日に母親から受け取ったコンドームに同封された「必ずこれを使ってください、子供を受け取る資格、困るのは女、それは母親が中絶経験があるから、素敵な男の子になってください」という言葉の重さと深い気持ち。EDを告白する男に対してかけられる言葉「そんなこと云うの辛かったでしょ」という一言の優しさ。

開発者の物語であると同時にごくパーソナルなセックスを多面的に、時にあけすけに、しかし根底では優しく描く作家の、確かな一本なのです。

終演後に配られるコンドーム、物語で脚光を浴びていたポリウレタンではなく、ちょっと揶揄的に語られていた通常のラテックス版だったのは、まあご愛敬(高いしね、たぶん。)

| | コメント (0)

2019.11.10

【イベント】「青組」(月いちリーディング 2019/19)劇作家協会

2019.10.26 18:00 [CoRich]

90分 若い女にさまざまを教えている男、二人きりの教室。そこに男のかつての仲間がナイフを持って現れる。輝かしい革命の日々から姿を消した男を追ってきたのだ。

静かで美しい空間という雰囲気で始まった物語。劇中で語られる「黄色の国 」という小説が独特の音韻を持ちサブリミナルの力があるためにこれで革命を起こそうとした男たちの過去、そして外の世界では大きな戦争が起きていると言う具合にダイナミックに変化しながら終幕に向かいますが、終幕近く、これ全体が劇中劇だという片鱗をみせます。

終演後のディスカッション、作家の言葉によれば「肩透かしを目指したい」という意図があるようで、それは程度成功しているけれど、他の参加者からは登場人物の行動の意図が見えないという指摘もあり、たしかに何を観たのかわからない、という感じを受けるワタシです。

あるいは終幕近くの半ば荒唐無稽なさまざまに対して、特定の宗教や特定の国をそこだけ現実にリンクさせるように紛れ込ませることの懸念も指摘あり。物語全体がダイナミックに変わるからそこをアンカーのように理解の補助線的に置きたいという意図があるようなのだけれど、必ずしも効果的には働いてないきがします。

| | コメント (0)

【芝居】「吉祥寺の中心で愛を叫ぶ(松本みゆき)」のぞき部屋演劇 ミロ

2019.10.26 15:30 [CoRich]

観客が一人で覗き穴から観るスタイル、ワタシは2年ぶり。高円寺フェス2019 の一環、高円寺北公園の「こもれびクラフトパーク」に特設されたのぞき部屋にて。一本5分弱。

今回は役者6名と演目3つのマトリックスから選ぶスタイル。ワタシが選んだのは、松本みゆき×「吉祥寺の中心で愛を叫ぶ」。それぞれが別の芝居になっているのかはわかりません。亡くなった女が生きている女に寄り添っていろいろなひとり語り。ちょっと同性愛な雰囲気をもたせたシンプルなスケッチ。覗き部屋ゆえのクローズアップの構図のまま固定されていますが、息が届きそうな距離感ゆえのドキドキが持ち味。

公園に薄いスチロール版で作った小部屋の中に役者がスタンバイ、観客は外側から覗き見る感じ。役者の声をマイクで拾いヘッドホンで聞くスタイルなのですが、正直に云えばマイクの位置のせいか、公園で遊ぶ子どもたちの歓声も同じ程度に拾ってしまっているのはせっかくのヘッドホンなのにもったいない気はします。

| | コメント (0)

2019.11.08

【芝居】「ナイゲン 暴力団版」日本のラジオ

2019.10.26 20:00 [CoRich]

アガリスクエンターテイメントの人気作、高校生の文化祭の内容を決める会議から、大きな組に飲み込まれそうになる暴力団幹部たちの悲喜劇にリメイク。90分 、王子小劇場。

暴力団の定例会。組は弱体化しつつあり大きな組織との盃を前に相談役として送り込まれた男は、目障りな別の組の幹部の殺害を盃の条件に示してきた。初代組長からの幹部たちはその理不尽に怒るが、二代目の頃の幹部たちは現実的にそれを受け入れるべきだという。三代目を受け継いだ若い組長はまだ頼りなさを残している。

長い机の両側や端に椅子、その外側三方を取り囲むように客席。開場中に日替わりのゲストが「住み込み」役として登場し、茶を並べ、これからただならぬ人々が登場するという舞台設定。開演後、三々五々集まってくる人々、昔からの同士だったり、ここしばらくのそれぞれのシマの様子だったりを話しながら始まります。

高校生版のナイゲンは「内容限定会議」という文化祭のクラスの出し物を調整し確定する会議を、一年から三年のクラス代表が集まり、ときに圧力、ときに理不尽、しかしクラスの代表として意見を通さねばならない、というバランスに、学校の決定を伝える教師という絶対権力者という構図でした。今作は一年から三年を、初代から三代目の階層の幹部に置き換え、教師をより大きな組から派遣されてきてナイゲンなる人物の殺害を命じる理不尽な役割にしています。それぞれのクラスの代表として意見を通す、に対してそれぞれの組の勢力をどう守るかという一種のパワーゲームを絶妙な大人の理屈や狡さを随所に交えたリメイクは実に面白いのです。

暴力団の集会らしく一癖も二癖もある役者たちが圧巻の迫力。三代目を演じた浅見臣樹はまだナードな感じが抜けないけれど組を背負うという想いをきっちり。理不尽な相談役を演じた宮崎雄真の食えなさの造型がこの場の不穏さを作り出します。屁理屈をこねたり突っ込んだりという二代目世代を演じた淺越岳人のねちっこさや、初代の世代を演じた山森信太郎のどっしりとした感じ、安東信助が演じたのも同じ世代で、静かにしているかと思えば物語の要、通すべき筋を通し、絶望に向かう終幕の物語なのに、人々は前向きになっているという雰囲気をきっちり駆動するのです。

| | コメント (0)

2019.11.07

【芝居】「月夜のファウスト」長野県芸術監督団事業

2019.10.22 13:00 [CoRich]

長野県内各地を回る「トランクシアタープロジェクト」の大千穐楽。90分。松本市安曇保育園。

錬金術を使う老人、この世のすべてを知りたいと更に寿命を手に入れたいと願う。悪魔メフィストとの契約で名声を手に入れるが、あっという間に契約の20年が経ってしまう。

安曇という文字で安曇野市方面かと思えば、松本市内。とはいえ、松本から上高地線に30分ほど揺られ新島々で上高地行きのバスに乗り換え。帰りは始発停留所でチケットを手に入れないと乗車を保証出来ないという車内アナウンスにびびりつつ(ハイシーズンではないので大丈夫でした)、渓谷の集落にある保育園の体育館での公演。なるほどポータブルなトランクシアター。

恥ずかしながらファウストを芝居でみるのは初めて、一番ワタシに近い筈の手塚治虫の著作すら読んでいないワタシです。 ゲーテのファウスト を下敷きに、老人と悪魔、下男などをコンパクトに3人芝居に仕立てています。老いて静かに人生を諦める感じとまだまださまざまなものを手に入れたいと野心を持つことと、野心がやがて慢心になり無為に時間を過ごすこと、あるいは学問を究めても何も判らないという絶望をさまざなグラデーションで描きます。

コロスケと呼ばれる下男を狂言回し(時に冷酷なのも含め)にしつつ、年老いて自分を見つめ直したり怠惰だったりという男の物語。ごく静かに自分を見つめたり、悪魔に世界中を連れ回されちょっとはしゃいだりという芝居の緩急。芝居を見慣れている観客ばかりではなく、子供も年寄りもという客席で、祝祭感に溢れるというわけでもない芝居ですが、芝居の緩急に合わせて客席が緩い雰囲気だったり、息を詰めたりという感じで一体になる新鮮な体験なのです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧