« 2021年4月 | トップページ

2021.05.04

【芝居】「タイダルロック」あひるなんちゃら関村個人企画

2021.4.24 15:00 [CoRich]

60分。OFF OFFシアター。ワタシは結果的に最終日の昼公演に滑り込めました。3/25は配信のみ。それぞれの回のアーカイブは5/7から順次配信が終了します。

同居する三姉妹。大学生の三女がバンドをしたいと言い出す。30歳でバイトの日々を送る次女はバンドはやりたいが家族をメンバーにするのはダサいと取り合わない。長女はそんな揉め事を漫画に描いてバズらせたい。次女は嫌がり、描いたら10万払う約束を取り付けるが、長女は10万払ってしまう。

実際の上演では三人がどういう関係かは徐々に明かされます。たった60分だけど、三人の個性、関係や互いを想う気持ちを細切れに、細やかに描くのです。長女(保坂萌)の面白がり、次女(ワタナベミノリ)の今のワタシではない何かになりたいゆえの先走り感、学生の三女(土橋銘菓)は心からバンドを始めたいという純粋さがきちんと造型されるのです。

終幕、夜空を見る三人が月をみてタイトルに、なるほど、これも宇宙を描く関村企画サーガの一端なのです。

| | コメント (0)

2021.05.03

【芝居】「逢いにいくの、雨だけど」iaku

2021.4.17 19:00 [CoRich]

2018年初演作を同じ劇場・同じキャストで上演。三鷹市芸術文化センター・星のホールで4/25迄の上演予定でしたが、24日が千秋楽、大阪公演も中止。 幼い頃に事故で失明し絵画の道を諦め会社員として生活している男。そのキッカケを作った女は絵本作家として新人賞を受け、その受賞作が幼い頃に男が書いたキャラクタに酷似していて、再会を果たす。

ショッキングな事故を背景に、しかし二人のそれからを細やかに描きます。親たちも浮気を疑ったりなどの亀裂を生み結局は別れ、女は失明させたことを詫びなかったことを後悔し、男はしかし、他人事のように飄々とした感じで、失明した自分を受け入れていてと、穏やかにしかし複雑に織りなす物語は重厚な奥行きを持つのです。この再会が二人がもしかしたら友人として歩むかも知れないあるいは、家族が再会し再び時間が動き出すと感じさせる幕切れもいいのです。

物語の印象は初演とびっくりするほど変わりませんが、親から見て「男児の商品価値が下がったように思ってしまう」という台詞はちょっと残酷で、ビクッとするのです。

舞台が初演より低くなりアクティングスペースの自由度が上がったり俳優の負荷が下げられたかわりに客席は初演とことなり傾斜を強く付けた仮設になりました。駅の反対側は感染症蔓延防止重点措置下、劇場のある三鷹市は対象外でワタシの観た回は慎重な対策は取りつつもコロナ禍以前と変わらないぐらいに客席ほぼ100%に設定されていた印象で、ここ数週間他の劇場では経験してないほどの状態ではありました。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ