« 【芝居】「あゆみ」青年座 | トップページ | 【芝居】「短篇集:ノスタルジア」waqu:iraz »

2014.07.29

【芝居】「クツシタの夜」猫の会

2014.7.21 17:00 [CoRich]

2009年初演作( 1, 2 ) の再演。27日までひつじ座。100分。

夫婦の事を描くことが多かった初期の作品の一本。市井に暮らすけれど、どこか少し狂ったところがある人々。静かに演じられていても、たとえば電器店勤めだけれどのめり込むように野良猫のことが最優先という夫だったり、奔放に振る舞い映画関係の友達が毎日のように訪れたり、ぷいと居なくなったかと思えば他の男と旅をしている女だったり。相当にぶっ飛んでいます。 そうなのです、人間の話なのか、猫の話なのか、という境界の曖昧さが魅力を生むのです。猫は自由でいいなぁ、というあこがれのようなものと、人間が猫という生き物の生き死にをコントロールすること、という具合に対比が一つの幹なのだな、と思うのです。

具象で作られた初演に対して、床に散乱した大量の服と吊られたいくつかの服、シンプルにテーブルや椅子。部屋のどこで会話されていて、何処にどんな物があるかという周囲の状況がわからない感じで、会話が行われる場所だけを取り出して、クローズアップしてるような印象があります。

初演もリーディングも見てるのに例によってすっぽりと記憶がなくて、新鮮な気持ちで見ているアタシですが、販売されている戯曲のおしまいについていた過去も含めたキャストの一覧を見比べてみると、こういうキャラクタにはこの役者、という雰囲気を思い出します。

数日後に観たもう一本が強烈すぎて、誠実に物語に向き合って作り上げた今作の舞台の印象があまりに弱くなってしまったのは本当に惜しい。ゆっくり、ゆっくりかみしめるように味わいたい物語なのです。

妻を演じた菊池佳南はちょっと猫っぽい顔立ちもあいまって、奔放でも夫は待ってるし、弱ってきたら戻ってくるし、という説得力があります。大家を演じた、村田与志行は近所の顔役的なオジさん感がいい味になっています。映画監督を演じた力武修一は、ちょっとなよっとしている感じにスカートといういでたちがよくあっています。山ノ井史が演じた獣医という役は、伝統的に何か企みを持っている怪しい人物という役ですが、これもまたよくあってるなぁ。

2008.10
猫の会番外公演 猫のサロン
二組の夫婦 (ドラマリーディング)

OMEGA TOKYO
2009.1
猫の会その2 クツシタの夜
下北沢「劇」小劇場
2014.7
猫の会番外公演 猫のサロン
家族のはなし

ひつじ座
[演出] 三谷麻里子 村田与志行 元田暁子
文男(電器屋) 福田将就 畑雅之 芝博文
颯子(女優・文男の妻) ミギタ明日香 石井舞 菊池佳南
森田(映画監督) 馬場巧 大塚秀樹 力武修一
ヨリ(森田の妻) 梅澤和美 高橋唯子 村田牧子
成田(女優) 村田留美子 高屋七海 大日向裕実
篠井(小説家) 千田英史 澤唯 斉藤マッチュ
美園(主婦) 高見綾子 大庭智子 杉山薫
子安(獣医) 小林タクシー 用松亮 山ノ井史
村岡(大家) 鈴木ゆきを 増井太郎 村田与志行
[ト書き] 木下昌直 - -

|

« 【芝居】「あゆみ」青年座 | トップページ | 【芝居】「短篇集:ノスタルジア」waqu:iraz »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「クツシタの夜」猫の会:

« 【芝居】「あゆみ」青年座 | トップページ | 【芝居】「短篇集:ノスタルジア」waqu:iraz »