« 速報→「少女教育」シンクロ少女 | トップページ | 速報→「黛(まゆずみ)さん、現る!」ナカゴー »

2012.07.23

速報→「マニマニ」ドリームダン

2012.7.21 19:30 [CoRich]

ドリームダンの新作は、多彩なキャストも魅力の105分。22日までシアターKASSAI。

妹が住んでいる家に姉が4回目のバツをつけて出戻った。結婚紹介所への登録はずいぶん妥協し、自分の情報はちょっと盛って、次を探している。妹も縁遠く、自分の頭の中の妄想で遊ぶのが好きで、ブラピ似の男が好みだったりする。データ入力のバイトをしているが、同僚たちも一癖、ふた癖。その同僚たち、44歳の軽口な独身男、腰の低い若者、なんか空気読めない感じのいい年の男。同僚の女は寂しくて男とゴハンしたり、家に連れ込んだりしているが、どうも長続きしていないようで寂しさのあまり犬を飼ったりしている。
ある日、若くてちょっとカッコいい男の子がバイトに入ってくる。実は元アイドルの息子で、母親の付き人の目が届いていたりする。ちょっといいな、と感じるけれど、何か踏み出したりはできない。

いい年した男女たちの、恋愛事情だったり、今更の独立心だったりと大人になりきれない人々のちょっとみっともないコミカル。が、ドリダンはきれいな着地などしません。急転直下のアクション活劇お色気つきにパワフルに突進していくのです。バカ芝居といえばそうなのだけど、一癖ふた癖な役者たちのめいっぱいというのは観ていても清々しい。しかし、そのはちゃめちゃな展開の中でも、芯にあるのは乙女な心ってのもちょっと心憎く。

45歳で初婚でアルバイトってどうなの、なんていう台詞、まあアルバイトではないけれど、いたたた、とアタシにも突き刺さります。あるいは空気読めない微妙な図々しさ、化粧バッチリな女の豹変、スーツ姿ならまだしもカジュアル服の容赦ないダメだしなど、少々底意地の悪い作家の観察眼がしっかり。

妹を演じた菊池美里は、妄想に内心ほくそ笑む、ちょっとぎこちない女の子、ナチュラルに本当に巧くてぴったりとはまりこみます。姉を演じた小林さやかは青年座じゃあり得ないがっつりコミカル、それにしても変わらず可愛らしく、バツ四との落差が楽しい。45歳アルバイトを演じた安東桂吾は飄々とした軽さがちょっとカッコいい。舘智子の役はあんまりといえばあんまりだけれど、痛々しくなりすぎないパワフル肉食女子っぽく清々しいほど。球乃のサービスショットな眼福。

|

« 速報→「少女教育」シンクロ少女 | トップページ | 速報→「黛(まゆずみ)さん、現る!」ナカゴー »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報→「マニマニ」ドリームダン:

« 速報→「少女教育」シンクロ少女 | トップページ | 速報→「黛(まゆずみ)さん、現る!」ナカゴー »