« 速報→「準決勝」あひるなんちゃら | トップページ | 速報→「HELLO!」表参道ベースメントシアター »

2011.09.05

速報→「恋シテ、乙女!」イマカラメガネ

2011.9.3 14:30 [CoRich]

イマカラメガネの新作。110分。4日までOFF OFFシアター。

7年ぶりの社員旅行実施が決まり、プロジェクトチームが結成された。リーダーの女はやる気満々で計画を進めるが、ほかのメンバーたちのやる気は今一つ。まっすぐで物怖じしない女は少々煙たがられる存在だが、そんなことお構いなしに計画を進めていく。

ズケズケと物をいい、どうにも煙たがられる存在。社内では仕事ができないという烙印を押されている女。それゆえに見つけた社内旅行プロジェクトという仕事への傾注。ホレっぽくて少し適齢期も超え気味だったりもする女は、ひどくうざったい、うるさい女として描かれます。

結局はフられてしまうわけですが、彼女はあくまでも前向きです。少し涙を見せたりはするものの。これ、つまり寅さんのような手触り。演じた村山真夏は微妙な年齢の女子の夢見る気持ちのある種のイタさを存分に。妄想のシーンなんてまさにそういう感じで。こういう味わいが彼女たちらしい感じ。

社員旅行なんてものは今更やりたくないよなぁ、という気持ちの人々、何かがきっかけにベクトルが合ってしまうという瞬間のグルーブな感じは、時々経験する「見かけ上の奇跡」で、そういう雰囲気はよくでています。

。 正直に言うと、主人公の女のウザったさはわかるものの、年齢がわからない(たぶん役者は若いので)のはちょっとつらい感じ。暑がり、汗っかきってことは更年期かと思うとそうでもないように見える物語の運びは少し混乱します。

あるいは結婚を断られた理由として引っ張りだした差別の問題は、「存在していて、どうしうようもない」ものとして使っているのだろうなとは思うし、現実のなにかが作家のキッカケにかとも思います。が、単にそれだけというのは少々覚悟が足りない感じ。こういう使い方なら物語の上での効果は変わらないもっと軽い話題がほかにもありそうな気がします。

|

« 速報→「準決勝」あひるなんちゃら | トップページ | 速報→「HELLO!」表参道ベースメントシアター »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報→「恋シテ、乙女!」イマカラメガネ:

« 速報→「準決勝」あひるなんちゃら | トップページ | 速報→「HELLO!」表参道ベースメントシアター »