« 【芝居】「博愛」劇26.25団 | トップページ | 【芝居】「ルーファス奪還」JAN BAL JAN JANパイレート(JBJJP) »

2007.09.17

【芝居】「散歩する侵略者」イキウメ

2007.9.16 13:00

町で静かに進む侵略の恐怖、だけではないイキウメの人気作の再演。青山円形劇場での公演は終了、このあと大阪。120分。

行方不明になって三日目に戻ってきた夫は、「概念」を失う欠損がみられたが、原因が皆目わからない。そのうち、同じ症状を呈する人が町に増え始めて...

あたしは初演はみておらず、G-upに提供されたプロデュース公演版を観ています。円形の舞台に幾重かに傾いて重なる深い青色の同心円、抽象的に作られた舞台で、具象なG-up版とは全く異なる方向です。

ネタバレかも

話そのものはアタシにしてはめずらしくしっかり記憶していたのですが、それでも色あせない魅力のある本格SF的で魅力的な仕上がり。抽象的な「概念」を扱う台詞の多い中盤はすこしばかりついていくのに苦労する感じもありますが、ポイントとなる「もらえば、失われる」ことはしっかりと伝わり、終盤につなげています。

夫婦の二人の最後のシーンのあと、「ことが行われたかどうか」は、解釈にぶれを許さない感じになっています。アタシにとってのオリジナルであるG-up版ではもうすこし観客に解釈をゆだねるあっさりした感じだった気がします。そんなアタシにとっては、夫婦のシーンのあとの部分はイデオロギーはともかく、二人のごく私的だった想いが突然普遍的な「お題目」に劣化してしまった感じがして、あたしには蛇足に感じてしまいます。愛を失うとなぜ世界平和に目覚めてしまうのだろう、と見えてしまうのです。もちろん、それでこの物語の持つ凄さが失われると云うことはまったくないのですが。

イキウメ「散歩する侵略者」
2007.9.12 - 9.16 青山円形劇場
2007.9.29 - 9.30 HEP HALL
作・演出 前川知大
出演 岩本幸子 浜田信也 盛隆二 國重直也 宇井タカシ 安井順平 瀧川英次 内田慈 日下部そう 町田晶子

|

« 【芝居】「博愛」劇26.25団 | トップページ | 【芝居】「ルーファス奪還」JAN BAL JAN JANパイレート(JBJJP) »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「散歩する侵略者」イキウメ:

« 【芝居】「博愛」劇26.25団 | トップページ | 【芝居】「ルーファス奪還」JAN BAL JAN JANパイレート(JBJJP) »