« 【芝居】「5 seconds」風琴工房 | トップページ | 【芝居】「サムシング・スイート」パルコ »

2007.06.20

【芝居】「THE MIST」ネオゼネレイタープロジェクト

2007.6.17 14:00

5年ぶりの公演。アタシは初見の劇団です。115分。「劇」小劇場での公演は終了。千秋楽は超満員。

海辺ちかく、バスの終点にある待合所の中に吸い寄せられるようにやってきた人々。霧が濃くなった夕方、最後のバスに間に合うように戻ってきた時には時計が止まり、携帯電話も使えず、バスは幾ら待っても来ない。やがて、彼らを震撼させる出来事が次々と..
町の人間がまるごと消えたあの事件から数週間後、手がかりを掴むために集まる人々。

ねたばれかも

ミステリー仕立てで細かく作られたパラレルワールドの話。弛緩されるポイントを作りつつも、全体としては笑いは少なく、緊張感とホラー風味で飽きさせずに見せていきます。一つの世界の違う時間を描いているように見せて、二つの場面を細かく行き来しながら描くうち、時間がぴったりと一致する瞬間があって、パラレルワールドなのだと見せるのが見事な感じ。

その特異点、二つの世界の並立を提示した(ノートを挟んで二人が向かい合う)あたりまではちゃんとついて行けていた気がするのですが、終幕、この世界に決着を付けさせた感じがしないのです。その世界を描き出したところに作家の興味の中心があって、そこに決着をつけること自体にあまり興味がない感じも受けます。作家なりのファンタジーなのかもしれませんし、あるいはアタシが鈍くて緻密に拾っていけば謎解きか決着があるのかもしれまえん。誰かに解説して欲しいなと思ったりも。

言葉に違和感のあるところが数カ所。方言がどこのものなのかさっぱり判らないのが、あたしにはちょっと違和感。沖縄な感じもしますが、明らかに違いますし。

ネオゼネレイター・プロジェクト「THE MIST」
2007.6.13 - 6.17 「劇」小劇場
作・演出 大西一郎
出演 蒲公仁 吉田テツタ
今井勝法 增田友也 望月大成 吉村公佑
井上美穂 桑名しのぶ 白樺真澄 高村圭 田中真代

|

« 【芝居】「5 seconds」風琴工房 | トップページ | 【芝居】「サムシング・スイート」パルコ »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「THE MIST」ネオゼネレイタープロジェクト:

« 【芝居】「5 seconds」風琴工房 | トップページ | 【芝居】「サムシング・スイート」パルコ »