« 気がつけば新年 | トップページ | 【芝居】「新年工場見学会2007」五反田団 »

2007.01.03

チラシの整理2007・年始版

そういえば、年末にチラシ整理をしたのでした。IT的には全部スキャンして日付順に並べるのがいいのでしょうが、スキャナ持ってないのと、チラシの紙の質感が好きなので、そうはしてません。これからある芝居のチラシを全て持ち歩くという方もいますが、分量が大変なことになるので断念。

あたしは以下のような方法でチラシを使います。シアターガイドなどの情報誌は購入していますが、特集に重点を置くようになってきており公演の網羅性が相対的に低下していると感じています。そのためアタシにとってはチラシの方が信頼できるようになってきています。

LEITZ FOLDER

◆貰ってきたチラシは、さっさと月別のフォルダに放り込みます。DMやはがきも一緒にしてしまいます。ハンギングフォルダというらしいのですが、これがけっこう丈夫で気に入っています。ダブり順序も気にしないで、ともかく月単位にします。あまりに同種のチラシが多いと気づいたときは捨てます。

昨年買ったのは、ライツ(LEITZ)のハンギングフォルダというやつで、ちょっと高価でしたが、デザインがカッコイイのでお気に入り。(詳しい説明。通販あり)。アタシのペースではこれで十分な容量です。それまでは無印良品のファイルボックスを7年ぐらい使っていました。安いのといつでも手にはいるので必要に応じて増やせるのが便利です。

月初めに(酒呑みながら)その月のチラシを週ごとに折り込み束のようにしておきます。←これが時間かかる

PORTABLE

◆今週の芝居は、その"折り込み束"から各演目1枚にして、クリアフォルダに入れて持ち歩きます。自分用にタイトルだけ書き出した紙を入れたりはしますが、基本的にはチラシだけ。SPA!とか東京Walkerぐらいの重みですから、芝居の予定のない平日に毎日持ち歩いても問題にならない程度です。これがアタシにとっての、情報誌の役割を持ちます。月曜火曜に今週の芝居をblogに載せてるのはこの副産物です。

CLEAR FILE

◆見終わった芝居のチラシはクリアファイルに放り込むと方法をもう10年ぐらい続けています。1ポケット裏表で2公演という約束にして、ともかく見た順に放り込みます。インデックスも何もつけていません。いい加減、背表紙ぐらいはと思うのですが。芝居見なくなった時の楽しみにでもします。本棚に並べるということもあまりしていません。無印良品のコンテナが便利だったのですが絶版になってしまったようです。最近は宅配生協の2Lペットボトル×6の段ボール箱の背丈が合うのでこれに詰め込んであります。ここは改良したいところ。

これで回しているのが、観劇本数を悪化(=増加)させてる気がしないでもありませんが、紙をいじっているというのがすきなんですね、あたしはきっと。

|

« 気がつけば新年 | トップページ | 【芝居】「新年工場見学会2007」五反田団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チラシの整理2007・年始版:

» ハンギングフォルダ [fringe blog]
「休むに似たり。」が正月スペシャル記事として掲載した「チラシの整理2007・年始版」はたいへん参考になりました。私は前売券派なので、観る作品が決まればその時点でチラシをクリアファイルに移動出来るのですが、入手したチラシは資料用に公演期間終了まで全部保存することにしています。これがかさばってどうしようもないのですが、月別にハンギングフォルダに投げ込むのはいいですね。...... [続きを読む]

受信: 2007.01.18 16:53

« 気がつけば新年 | トップページ | 【芝居】「新年工場見学会2007」五反田団 »