« 巧いこと考える。 | トップページ | 【芝居】「遭難」本谷有希子 »

2006.10.14

【芝居】「宗教演劇」仏団観音びらき

2006.10.14 15:00

大阪の劇団、観音びらきの旗揚げ作、東京初演。100分ほど。15日までタイニイアリス。

中華料理屋の住み込みバイトの女、ある日年配の女に女優にならないかと誘われる。劇団の代表だと名乗るその女は、かつて自分が演じ、不慮の事故で三十年間封印していた作品の上演を願い、劇団を立ち上げていた…

よく知られた演劇漫画の枠組みをそのままぱくりながらも宗教めいた悪徳な演劇事情を描くパロディの仕上がり。オチも枠組みもそう唸るほどひねってあるわけではないのですが、腹の座ったパワフルさで押しきるのは、これはこれで濃ゆい妙な面白さがあります。

タイニイアリスはかなり小さな劇場なのだけど、役者が妙にカラダが動いたり、微妙にミュージカル好きそうな片鱗が伺えたりしながらも、徹底して観客を楽しませようとしていると思うのです。残念ながら全てが成功しているわけではないのだけれど、なんか気には止まります。

池袋小劇場で見た時の喫茶店を舞台にした話は殆ど記憶にありませんが、女囚を題材にしたタイニイアリスでの公演では枠組みや話が少々チャチでも、パワフルに押しきる面白さがありました。今作は後者の系列に近く、持ち味なのかなあと思うのです。

若くて綺麗な美人揃いというわけにはいきませんが、自分たちを笑い飛ばしながらも痛々しくなる直前でふみとどまる絶妙の、しかし危ういバランスをとっていると思うのです。

モトネタのパクリに関していえば、チラシも当日パンフも、漫画家へのラブコールをして開き直っていて、演出の無茶も合わせて、腹が座っているなあ、と思わせるのです。

仏団観音びらき第六回「宗教演劇」(アリスフェスティバル2006)
2006.10.14 - 10.15 タイニイアリス
作・演出 本木香吏
出演 峰U子 水津安希央 本木香吏 ゆであずき
萬知明(劇団ウエスト) 藤原新太郎(TEAM-DARK-BLUE) 東口善計 酒井謙輔(グリッドロックペペロンチーノ) 高橋麻衣(自分支部) 青木瑞敬(自分支部) ながたしゅん 濱崎右近 宮奥雅子 立本恭子

|

« 巧いこと考える。 | トップページ | 【芝居】「遭難」本谷有希子 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「宗教演劇」仏団観音びらき:

« 巧いこと考える。 | トップページ | 【芝居】「遭難」本谷有希子 »