« 【芝居】「木曜の男」自己批判ショー | トップページ | 【芝居】「さようなら僕の小さな名声」五反田団 »

2006.10.28

【芝居】「電光石火」ONEOR8

2006.10.28 14:00

小さな木材店を舞台にした苦味に痺れそうな一本。100分ほど。31日までTHEATER/TOPS。

木材店、兄が社長だが離婚したばかりなのに別の女と住んでいる。足の怪我を理由にして殆どまともに仕事していないが、先代から世話になって独立した職人や、妹が支えていて、ギリギリ何とか回している。
更に借金を重ね、更に別の女をものにしようとするが…

女にだらしなく、仕事も駄目な兄と、負い目がある妹、いまひとつ居場所が定まらない女やの同居や過去や関係のあれこれ。腹が立つほどモテるんだ、その兄が。

酷い状況なのに、固く気持ちを押し殺して家を出て行かない妹にも負い目はあるし、かつては兄妹たちの間にあった微妙なバランスが崩れてしまった哀しさ。

悪い所ばかり描かれる兄なのだけど、拘りを見せる野球や息子のことが伏水流のように見え隠れしているように思います。反面、妹の負い目が、この奇妙な状況を維持しているのだけれど、言葉で語られる以上には見えないのが、少し厳しい。この二人以外はごく常識的に動いているわけで、二人の奇異さに説得力が欲しいのです。

芝居自体はごく丁寧に作られ、役者も全て不安なく見られる安心感が魅力。 木村靖司は、特徴ある声が尊大な感じに説得力。

ONEOR8「電光石火」
2006.10.24 - 10.31 THEATER/TOPS
作・演出 田村孝裕
出演 野本光一郎 冨田直美 富塚智 和田ひろこ 平野圭 今井千恵 藤田記子(カムカムミニキーナ) 田口朋子 成瀬功(マーク義理人情) 庄島康哲 福島まり子 木村靖司(ラッパ屋)

|

« 【芝居】「木曜の男」自己批判ショー | トップページ | 【芝居】「さようなら僕の小さな名声」五反田団 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「電光石火」ONEOR8:

« 【芝居】「木曜の男」自己批判ショー | トップページ | 【芝居】「さようなら僕の小さな名声」五反田団 »