« 【芝居】「ある日、森の中」R.S.H.B. | トップページ | 【芝居】「LIFE IN THE BOX」MCR »

2005.10.01

【芝居】「本の庭、暮れの丘」リュカ.

2005.10.1 18:00

11月に予定している再演作品のサイドストーリーの小品をごく小さな会場で描くシリーズの2本目。とはいえ、独立してもちゃんと楽しめる60分。ストーリーにもからむ絵(小宮晶)作品展も併設して2日まで新宿眼科画廊。

7月公演(「緋色の屋根」)の時点からは2年後、酒に強い画家(イラストレータ?)の姉の個展会場を舞台に物語は進みます。兄弟たち、友人たちが入れ替わりたちかわり。早くに亡くしてあまり知らない、母親の姿がうっすらと舞台に浮かびます。

7月公演にくらべると、姉の奔放かつ快活なキャラクターが軸になっていて、ちょっとした事件らしいものが起こったりするので、観客からは見やすい芝居になっていると思います。なんかですね、「芝居をみた」って実感が残るのです。

手慣れたキャラクターは役者の魅力を引き出します。くるくると変わる表情、騒ぐことなくしっかりとコミカルを作りだす確かな力なのです。姉を演じた境宏子はほんとに自由な感じで愛おしい、編集者を演じた小林タクシーは、センセイに振り回される姿、泳ぐ目が困り具合を印象づけます。

リュカ.小さな作品展#3「本の庭、暮れの丘」
2005.9.29 - 10.2 新宿眼科画廊
脚本 渡邊一功   演出 池田ヒロユキ
出演 境宏子 増戸香織 池田ヒロユキ こいけけいこ 渡辺詩子 小林タクシー(ZOKKY)

|

« 【芝居】「ある日、森の中」R.S.H.B. | トップページ | 【芝居】「LIFE IN THE BOX」MCR »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「本の庭、暮れの丘」リュカ.:

« 【芝居】「ある日、森の中」R.S.H.B. | トップページ | 【芝居】「LIFE IN THE BOX」MCR »