« 【芝居】「極」げんこつ団 | トップページ | 【芝居】「マー義理地獄」マーク義理人情 »

2004.11.21

【演劇】「北の港へ」菅間馬鈴薯堂

年輪を重ねた味わいの菅間馬鈴薯堂、王子小劇場佐藤佐吉演劇祭三本目。公演は21日までで終了。

王子小劇場を、畳敷きの大衆演劇小屋のような仕立てにする。雰囲気は満点。段差が少なくて足のもって行き場に困るところもあって、観るのはちょっと大変ですが。

どうにもうまく稼働してそうにない芝居小屋、父親が想いだけで友人たちと手作りで作ったものの、北の漁港でそんなに稼働するわけもなく。そこに集まる、これまた売れない旅回りの演歌歌手やマネージャーたち。死んでしまった若い女性演歌歌手を偲んでの追悼公演を。とはいえ、売れない先輩を差し置いて別事務所に抜け駆けしたりした過去から確執があったり、なかったり。

味わいはあるのだけど、決して「いい話」なんかではなく。どんな道を歩んでも、人生は歩いていくしかないショーーマストゴーオン。365歩のマーチなんて明るさではなく、達観というか諦めというかな静けさで描くのが菅間節。もう年齢の進んでしまった演歌歌手・ザザとそのマネージャーは、もちろん売れることを今でも夢見てはいるのだけど、もうないかもしれない、という先も少し見えていて。同じような道を歩む後輩たちに対する確かな眼差し。優しいだけではなく、厳しく、でも愛情はいっぱいで。それが単なる恨み節に終わらせない芝居の味になっているのだと思います。

大塚秀記さん演じるマネージャーと、稲川実代子さん演じる歌手、二人のシーン、終幕のフェリー待ちのシーンなんか、涙が出るくらいいい雰囲気。薄笑いを浮かべる劇場主、苦しい時ほど笑えという西原理恵子漫画を思い出す。

なんと公演の戯曲もフリーで公開。ザザが後輩に何かを残すように、これが主宰の心意気。立派。(今載っている第三稿は、上演されたものとは違うようですが。終幕のアタリとか。)

菅間馬鈴薯堂(すがま・ポテトどう)「北の港へ~ひとりでは淋しすぎて」
2004.11.18 - 11.21 王子小劇場
作・演出 菅間勇
出演 大塚秀記 松井紳介 大間剛志 竜沢孝和 稲川実代子 橋口まどか 山崎妙子 山田佑美 中村掌子

|

« 【芝居】「極」げんこつ団 | トップページ | 【芝居】「マー義理地獄」マーク義理人情 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】「北の港へ」菅間馬鈴薯堂:

« 【芝居】「極」げんこつ団 | トップページ | 【芝居】「マー義理地獄」マーク義理人情 »