« 【芝居】「月と牛の耳」弘前劇場 | トップページ | 【芝居】「ゴメンバー・デ・ショウ」TEAM 発砲B-ZIN »

2001.06.22

【某つめきり】

2001年にFSTAGEに書いたものの再録です。

つめきりの企画公演。「割箸文庫」オムニバスの中の一本、オタク少女と そのロボット佐伯くんのものがたりを膨らませた一本。少女なテイスト、 誇張されたキャラクタはわりと彼らの持ち味なのだけど、企画公演らしい 多くのキャストと、あまりに静かで独白のような雰囲気のギャップが 楽しいような、疑問なような。

割箸文庫の時は、30分程度にそぎ落とされた時間と、オタク少女+ ロボットというワン・アイディアの相性がよく、その中にアクション っぽいことも静かな独白もバランスよく詰め込まれている印象。 その物語の骨格はそのままに、キャストを増やし、3倍程度に膨らませた という感じがします。短時間の作品では唐突さも、スピーディーに感じた のだけど、本作においては、人物それぞれの感情が唐突な感じがします。

さらに、もとのものよりもずっと静かな部分が多い印象で、 せっかくの沢山のキャストが、まるで漫画の中の絵空事のように感じて しまうのだけど、それはまるで物語の中で少女がつぶやく台詞のよう。 ..もしかして確信犯なのかしら。だとしたら、凄いのです。

壊れた佐伯君を前に、大泣きする少女の台詞、「ぜんぶリセットされる、 一緒に歩いた通学路も、一緒に受けた授業も」ってのがいいじゃないですか。

自分以外の誰かとコミュニケーションをとることで傷つくこともあるし、 うまくいかないことだってたくさん。怖いよね。実は他人って、って 思ってしまうのは、やっぱ実生活のあれこれが反映しちゃうのかなぁとも。

石田理恵さんという女優をストレートなショートヘアと、大きな眼鏡で オタク少女に仕上げてしまうのはさすが。動作が大きくて、漫画のような 動きをする彼女が印象的。 佐伯君を演じる小野瀬誠さんは、つめきりでは二枚目な役どころ。 それが決まるってのが偉い。作家・三谷麻里子さんがちょいとだけ顔を 出して、しかもそれが卑怯なキャラクタってのは、企画公演らしくていい感じ。

まるで少女のひとりごと。そのエゴイスティックなところも、脆弱なところも、 オタク少女なのに吉川ひなのが同居するのも少女の感性。 あたしはわりと好き、なんだけど。

2001.6.23 15:30 - 17:00
---
●つめきり「某つめきり(1)」
2001.6.22 - 6.24 東京 武蔵野芸能劇場
作・演出 三谷麻里子
出演 石田理絵 小野瀬誠 いのくちあきこ 福永光宏 足立道彦 大和広樹 三谷麻里子 寺田一雄 戸田修輔 藤井幹夫 中村真季子 難波美恵 田辺麻美 山田靖朗 木田尊大 矢部愛 勝部陽子

|

« 【芝居】「月と牛の耳」弘前劇場 | トップページ | 【芝居】「ゴメンバー・デ・ショウ」TEAM 発砲B-ZIN »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【某つめきり】:

« 【芝居】「月と牛の耳」弘前劇場 | トップページ | 【芝居】「ゴメンバー・デ・ショウ」TEAM 発砲B-ZIN »