« 【芝居】「火宅か修羅か」青年団 | トップページ | 【芝居】「偶然の産物」P.E.C.T. »

1995.07.29

【芝居】R.U.P. 月影十番勝負 第壱番「ねえ!キスしてよ」

1995.7.29

@niftyのFSTAGE会議室に書いた物の再録です。

FSTAGEのオフ会で観ました。

【感想】

ほんとうに楽しみました。物語そのものよりも、女優3人の力量に大幅に頼っている という点が気にならないわけではないのですが、それでも楽しいんだから いいじゃない、という気持ち。

ちょっとぽーっとした女性、強い女性、おとこ、3つのパターンがそれぞれの女優 で楽しめるという、ものすごくお徳用の芝居だったりします。

吹き矢という道具の意外性とその吹き方の格好良さ、画用紙に大きくかいた名札の 絵もなかなか味があります。

終わりの方の暗転後の部分、ばっさりなくてもいいかなぁ、と思います。これがあると、 「産めない性=男」みたいな妙な意味が出てきてしまいそうで。 暗転後直後に、時間の経過を示すように「おまもり」「お札」「雑誌」に次々と ライトが当たっていくっていうやりかたは、好きですけどね。

高田聖子さんはパワフル、凄い。広岡由里子さんは舞台では初めてですが、 テレビではあまり感じられなかった可愛らしさがあります。犬山犬子さんは 本当に芸達者。

【ものがたり】
自宅のマンションで夫・奥沢三郎の帰りを待つ、妻・市子。最近どうも夫の様子が 怪しいと感じた市子は高価な物を買って、夫を試そうと画策。程なく夫と名乗る人物 が帰ってくるが、それは市子のまったく知らない人物、しかも女性だった。 どうも人格転移現象が起こっているらしい。簡単な接触だけで人格が入れ替わっていく。 いったい誰が...誰なのか...

【観劇データ】 1995.7.29 ソワレ OFF会幹事確保チケット E04

R.U.P.プロデュース 月影十番勝負1「ねえ!キスしてよ-Kiss me, Stupid 」
1995.7.19 - 7.23 大阪 扇町ミュージアムスクエア
1995.7.26 - 7.31 東京 THATER/TOPS
作・中島かずき 演出・堤泰之
出演・高田聖子(劇団☆新感線) 広岡由里子(東京乾電池) 犬山犬子(NYLON100℃) 武田義晴

|

« 【芝居】「火宅か修羅か」青年団 | トップページ | 【芝居】「偶然の産物」P.E.C.T. »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】R.U.P. 月影十番勝負 第壱番「ねえ!キスしてよ」:

« 【芝居】「火宅か修羅か」青年団 | トップページ | 【芝居】「偶然の産物」P.E.C.T. »