2020.07.12

【芝居】「ダイ・ハード」おのまさしあたあ

2020.7.4 19:00 [CoRich]

映画の名作を一人芝居として演じる人気シリーズ。当初の公演予定を延期し、希望する観客にはフェイスシールドの配布などの対策を講じて上演。5日まで、絵空箱。100分。

云わずとしれたアクションの名作。netflixの「僕らを作った映画たち」というメイキングドキュメンタリーで取り上げられてるシーンも多く、なるほど、名作をうまく編集して一人芝居に仕上げているのだということがわかります。何段かに階段状に積んだステージを舞台となる工事中のビルのフロアに見立ててそこを走って上り下りするうちに役者がどんどん汗だくになっていくというのも、映画の時間軸のように感じられてて楽しい。

とりわけ、エレベータシャフトを降りたり、爆発するビルの屋上から消防ホースを巻き付けて飛び降りたり、あるいは悪役が落ちていくシーンなど、上下の高低差が見所となるシーンは、観客に「顔を横にして」と指示して、役者は寝そべるように演じるのも体感的で楽しい。

多くの登場人物を表現するために、百均のちり取りを台座に突っ張り棒を立てて、てっぺんに似顔絵を貼り付けた「人物」を配置するのはこのシリーズの常套手段。今作ではそこにラバーカップで作った「人物」も交えて。それは主要な役と、モブに近い役の差を付けてる感じなんだけど、なるほどわかりやすい(ことがいいのかはわからないけれど)。

ワタシにとってはほぼ3ヶ月半ぶりの劇場での公演。配信は幾つか観たりはしてるけれどなかなか見続けるという習慣にはならず。劇場に通うペースも激減してますが、徐々に、慣れていくと、いいなぁ。と思いつつ。

| | コメント (0)

2020.05.05

【配信】「ラグランジュブランチ」あひるなんちゃら関村個人企画

2020.4.12 17:00 [CoRich]

もともと予定されていてた公演をtwitcastingによる有料配信。50分。

そこそこ繁盛しているラーメン屋。バイトの女はある日店長に店のラーメンが美味しくない、コロニーに他にラーメン屋が無いから繁盛してるだけだと指摘し店長はショックを受け居なくなってしまう。残されたバイトの女二人でも店は回り、味が良くなり、相変わらず繁盛して一ヶ月半、店長が戻ってくる。

あひるなんちゃら関村俊介による少人数の芝居のシリーズ。宇宙飛行士など宇宙を巡る物語で全体がゆるやかに繋がっていて、今作もその流れの中にあります。宇宙飛行士になりたい男たちを描いた物語から何世代かあと、コロニーに人々が移住しているという時代で、もっとも後の時代を描いています。一つに繋がったユニバースを形成している物語を観る連作の楽しさ。 (1, 2, 3, 4, 5)

とはいえ、物語で描かれるのはごく日常の雰囲気。序盤は「まずいけど繁盛してるラーメン屋」が「立地だけで持っている」とか、店長はいい人だけどラーメン作りの才能がないとか、アルバイトの女が思いのほかラーメン作りも商売も巧いとか、別に宇宙関係なくてもありそうで、おもしろい物語を骨格にしつつ、過去作品での宇宙飛行士、「ネコが宇宙から地球を見てもなんとも思わない」とかまぶされて、間違いなくユニバースの中の一本としてもしっかりと楽しめるのです。SF好きなら同じみのラグランジュ点、それをラグランジュ店(ブランチ)というタイトルもちょっと洒落ています。

店長を演じた関村俊介はいい人、あくまでも物腰柔らかでプライドもあるけれど、完膚なきまでに打ち崩されるおじさんの悲しさもちょっとコミカルに。ラーメン好きのバイトを演じた鈴木朝代は悪意無く実は素朴だけど、切っ先鋭く傷つけてしまう無邪気さがそれっぽく。宇宙飛行士になりたかったバイトを演じた生見司織は、舞台で拝見するのはずいぶん久しぶり、あの「カメラを止めるな!」でも印象的な彼女をこの小品で見られる楽しさ。

| | コメント (0)

2020.04.26

【芝居】「エール!」チーム・ユニコン

2020.3.21 17:00 [CoRich]

2017年初演の大規模災害の避難所を巡る物語の再演。120分。BONBON。席間を大きく開け、全ての観客は体温の申告しスタッフの目の前での手洗いをして入場、マスク着用必須という厳戒態勢での上演。

大規模災害の避難所となった小学校、公務員やNPO団体のスタッフなどが集う部屋。公務員は売れない役者をしている先輩を何か助けにならないか呼ぶ。避難所には引きこもりだったがやむをえず避難してきた少年とその父母、介護施設で働くシングルマザーと受験を控えた娘が居る。

それぞれの家族や個人が抱えていたであろう問題の日常から、大規模災害をきっかけに避難所にあつまり、否が応でもそれぞれの問題が表面化。 大規模災害の避難所で起きたであろうことのリアルと、それぞれの家族が抱えていた問題が描かれます。正直にいえば、それぞれのエピソードは突飛さとかオリジナリティあふれる、という感じではないけれど、誰にでも見やすく整理された物語。売れないヒーロー役者というある種の「異物」がその物語に加わることで、日常の暮らしが非日常になった人々に対比するように虚構と現実の狭間の役者という異なるベクトルの広がりを持つのです。

一歩間違えばステロタイプになりそうな物語に迫力を与えるのは役者の力。ヒーローな男を演じた近江谷太朗はやや浪花節の雰囲気を纏う悲哀をきちんと。夫婦を演じた竹内都子、藤井びんの丁々発止、自分勝手に見えて家族を思う力、時にそれは他人からは横暴なものになるヒールさを併せ持つのです。公務員を演じた樋渡真司の巻き込まれ側の困り顔が楽しく、NPO団体の代表を演じた今拓哉の力強く頼りになる造形の説得力。シングルマザーとその娘を演じた岩橋道子、木村玲衣が演じたきちんと生活し楽しもうという力の強さ。夫婦の引きこもり息子を演じた関根翔太と合わせたキャラメルボックスの役者も近江谷太朗とともに心強く。

まったくもって個人的なことだけれど、ワタシが初めて芝居というものを拝見した竹内郁子(劇団フロントホック、本多劇場)を舞台で観るのは随分と久々。あれから連綿と観続けてきた舞台がこんなにも長く中断する最後に拝見できたということも、ワタシにとって感慨深いのです。この芝居を観てから一ヶ月を超え、先は見えないけれどいつか劇場という空間で芝居を観る日を思い、しかし今はおとなしく過ごすワタシです。

| | コメント (0)

2020.04.16

【芝居】「対岸の絢爛」TRASHMASTERS

2020.3.14 14:00 [CoRich]

私は久々に拝見する劇団。160分。2020年の3月15日、駅前劇場ではマスクを希望者に配り、アルコール消毒を徹底して、席の間隔も空けての上演。

IR誘致が盛り上がる港町。倉庫会社に勤める管理職の男は父親の博打好きからカジノには反対だが、勤める会社が賛成に代わる。妻は新聞記者、同居する弟は反対で、バツイチの妹は別居しているが、連れてきた恋人は競馬好きでこちらもバツイチ。管理職の男は商工会議所の代表として説明会の矢面に立つ。
戦中、漁船の供出を命じられた漁師は山口の水産会社に希望を託すも裏切られ、敵軍の爆撃は小学校を誤爆する。
福山の港町に起きた埋め立てと連絡橋の開発計画に反対する住民たち。推進派は分断を図り個人商店の不買運動などに発展し、男たちは巻き取られていく。

戦中の資材供出、戦後1980年代の開発と市民運動、現在のカジノ招致。一つの家族史を背骨に、三つの時代と場所について、実在する保戸島空襲(wikipedia)、鞆の浦埋立て架橋計画問題(wikipedia)、そして現在の横浜市のIRの問題を背景にとりながら、権力の理不尽に対する市民のあらがい方をそれぞれの時代を通して描きます。

単に権力と市民の対立というだけではなくて、権力の論理で進めたい戦争や開発、カジノ誘致が市民を取り崩していく過程、権力による強権だったり、金や賭博と云った抗いがたい欲望だったり、あるいは村八分というコミュニティの分断という時代によって姿は違って見ていても本質的には変わらないということが、三つの時代と場所を通してみることで、少なくとの日本の中ではいつ、どのような形で自分の身にふりかかってくるかわからないということに恐怖するのです。

商工会議所の代表が誘致に向かい、市民と対峙する説明会の対立に家族を置きます。説明する側は反対する意見を聞くなどさらさらないというのは、現実の横浜市の説明の姿に似ているけれど、今作ではそこに家族を配置することで、建前とは裏腹に説明している個人は市民の本音を心から判っている、という複雑な構造を作り出して、見応えのあるシーンに仕上げています。もっとも商工会議所が法解釈を答える、というのが正しい説明会のありかたか、というのはイマイチ腑に落ちない感はあるのですが、大きな問題ではありません。

横浜市に住む私にとってカジノ誘致を一方的に進める行政のありかた、とりわけカジノ誘致を決めてないといって選挙に勝利した市長が当選した途端に手のひらを返して市民の意見を聞かずに招致ばかりが頭にある姿はこの芝居の中の三つの時代の権力に重なって見えるのです。それはこの期に及んでオリンピック開催を強行しようとしていた、国のありかたにも重なり合うのです。

これを書いている4月中旬では既に芝居を劇場で観ることはほぼ叶わない状況。わずか一ヶ月前には劇場で芝居を観ることができて、おそらくはそこがクラスタにならなかったことは運が良かっただけかもしれないけれど、しかし劇場のスタッフたちがほんとうに注意深く行っていたオペレーションは印象に残るのです。

もし再演が叶ったら、(県立の立派な劇場があるのに)市長がやたらに欲しがっている市立の劇場のこけら落としで是非見たいな、というのは少々悪趣味か。

| | コメント (0)

2020.04.05

【芝居】「聖夜の聖戦」ヨコハマ☆ミユキーズ

2020.3.7 19:30 [CoRich]

30分。夫婦によるユニット。2019年12月に御成座短編演劇フェスティバルinおおだてに参加した30分の小品を凱旋&結婚20周年の記念公園として1日限りの2ステージ。横浜ベイサイドスタジオ。

クリスマスの夜、教会でプレゼントを配るトナカイとサンタの扮装をする夫婦。出張帰りの夫の衣装の発注が遅く、間違っていたりするいい加減さに妻は腹を立てている。

夫はいい加減な感じで衣装もプレゼント袋も買ってないのに、慌てることもなく表向き落ち着き払って鷹揚に構え、しかしそのリカバリもいい加減で。いっぽうの妻は細やかで気遣いゆえにちゃんと出来ないことに始終苛ついていて。普段の彼らの姿を見ていたりもする二人、芝居そのままとは思わないけれど、20年の時間で積み重ねて来たものがあることが感じられて。

廊下に出てまだ二人で言い合いを続け、特にオチらしいオチもなく、フェードアウトするような終演。独立したひとつの物語と言うよりは、20年の時間のほんの30分を切り取って見せ、その外側にある20年時間を敷衍して想像させるのです。

ドリンクも配られ、夫婦の20年を思わせる演目、なるほど「結婚20周年」という冠を付けた公園、二人の人生を祝福したい気持ちになるのです。

| | コメント (0)

2020.03.29

【芝居】「バロック」鵺的

2020.3.7 14:30 [CoRich]

120分。スズナリ。

近親相姦の家族の血を絶とうと姉が火を放った洋館。一人生き残った妹は結婚し洋館を再建し4人の子供をもうけたのは家族を絶とうとした姉への意地だった。長男は母親の姉を恋人だと思い続けている。長女はヒステリックで次男と惹かれ合い、次女は冷静で家から離れなければと思っている。三男は亡くなった姉が拾ってきた子、家には住んでいた人々の想いがこびりつき、洋館は再建したが、養子で入った父親がこの家を離れようと決め、長く廃墟のままだったが、死を目前に生き残った妻が解体に同意し、やっと解体にこぎつけた。一晩だけこの家で全員で過ごそうと提案する。

家族の「血」を絶とうとする姉と家族と家に拘る妹、小劇場らしからぬ重厚な洋館を舞台に、濃密で光の対比を効果的に使うコントラストの物語。特に序盤、照明がともかく暗く逆光のシーンが多いのは重厚な雰囲気を纏います。ワタシには見慣れた役者のカンパニーだからあまり違和感感じないけれど、正直に云えば、序盤で誰が誰やらという感じになってしまうのは、見やすさという点でやや難を感じるワタシです。だれでもない人々の作り出す空気感、ということなのしら。

物語が進むにつれ全員で揃うわけではなく、何人かに分断された「クラスタ」の会話が連続して起こる中盤。とりわけ嵐の雷鳴とともに、「並行してある別の空間」というレイヤーに落ち込んでしまった人々という分断が起こり、あるいはこの不穏な物語の全ての起点である姉が挑発して登場人物達が自ら死を選んだりもする物語の絶望感は、鵺的節というか作家の高木登節というか。

この絶望の物語の中、軽口を叩く男二人、佐藤誓と白坂英晃はコントラストとリズムを作り出していて、ワタシは見やすさの点で随分救われる思い、軽く見えてちゃんと造型された人物をつくりだす役者の力も確かに。鵺的での福永マリカはどうしてもこういう感じの怖さが先立つ役が多くなりがちだけれど、裏を返せばこの座組でのはまり役ということか。外部から現れる男を演じた、吉村公佑はこの家を支配するのとは別の不穏さの象徴でエキセントリックさをしっかりと。

| | コメント (0)

2020.03.22

【芝居】「朝焼けの向こうのトランジスタ」南京豆NAMENAME

2020.2.29 19:00 [CoRich]

90分、王子スタジオ1。王子小劇場の佐藤佐吉演劇祭の二週目、ここまでの上演で演劇祭自体が中止になりました。

店長が行方不明になった店のバイトたち。 カップルの女は結婚したいが男は役者の夢を諦められずつれないし、役者の先輩は女子と飲み会したいといってて。

若い男を中心に恋人、友達、あるいは役者の先輩や行方不明の店主夫婦が出て来る物語。過去の恋愛を引きずったり、チャラいOLに馬鹿にされながら媚びへつらう役者だったり、店主夫婦の絶望など、少人数のいくつかのクラスタ、様々な切り口で描かれる物語は全体としてごく少人数なのに、ある程度若い人々の不安感が渦巻いていて、共鳴しあうのです。

終盤、毛沢東と資本主義とか、絶望の先、朝焼けの向こうに見えた元カノなど、詰め込みに詰め込んださまざまな要素はワケがわからない感じではあるけれど、一人の男がざまざまなことを目にして考えてぐるぐると考えあぐねて、まるで夢でも見るかのように自分の今の立ち位置からの不安と希望を描き出すのです。

| | コメント (0)

【芝居】「人人(NIN-NIN)」くによし組

2020.2.29 14:00 [CoRich]

95分。王子小劇場。この週まで開催され次の演目から中止となった佐藤佐吉演劇祭2020の二週目。

山奥の学校、生徒は忍者のような出で立ちと口調をしている。他の学校が統合され、生徒たちが転校してくる。互いの違和感や人見知り、最初は仲違いしているが、やがて惹かれあったり、なじんでくる。教師の一人が産休に入り、代理で卒業生がスタッフとして加わる。自分が受けた「治療」をここの生徒たちにも受けさせようとする。

ニンニンという口癖、忍者の学校というコミカルな体裁の序盤。物語が少し進むと、特別支援学校でコミュニケーションに困難を抱える生徒たちなのだということが明かされます。転校してくる生徒たちは忍者口調がなかったりもう少し「普通」だけれど、性自認やある種の粗暴さなど、違う種類の困難を抱えているのです。

教師たちもまた、恋人を事故で半ば失った教師が脳のデータを移植したという石に依存していたり、産休に入った女性も羊水検査で先天性の問題を抱えることがわかるに至りそれまでの何もかもありのままがいいと思っていたそれまでとは考え方がぐるりと変わったりと何かを抱えているのです。

卒業生が持ち込んだ「治療」は外にいって戻ってくると、アフロ姿でイケイケな意識高い系になってきます。世間から見れば「普通」の「リア充」な雰囲気だけどそれまでの人物とは全く違ってしまうのです。

小さな願いを持ち素朴で静かに暮らしているそれまでの暮らしが一変しマッチョな人格になることはやや批判的な目で描かれてはいるけれど、いっぽうでまた、「こんな場所」で一生を暮らすのか、親もいつか亡くなる日が来ること、あるいは「普通に」生きたいと思うことの願望もまた真実なのです。コミュニケーションがうまく取れないことなどの困難さはそのまま受け入れられるべきという綺麗ごと。

瀕死となった一人もまた、車椅子に乗せられた脳だけの機械として「治療」されるのです。一人は残っているものの、みなが「治療」された状態で演じられる「みにくいアヒルの子」はいっけんうまく上演されるけれど、もやもやとした気持ちを残すのです。

| | コメント (0)

2020.03.18

【芝居】「Better Call Shoujo」シンクロ少女

2020.2.24 18:30 [CoRich]

シアター711。125分、2月25日まで。

二人の姉妹の妹は子供のころに大きなネズミが出たと嘘をついたが信じて貰えず、友達と作った張りぼてを見た母親は心臓麻痺で死んでしまった。大人になって、姉は結婚し幸せだ。妹は母の死のトラウマは乗り越えたと思っている。父親は若い女と一緒に暮らし始めているが、どこか姉妹に厳しくあたる。父親は近所の飲食店のバイトの男に目をかけていて、家族の集まりに呼んだりしている。バイトの男には妹が居て難病を患っている。

海外の人気連続ドラマ「ベター・コール・ソウル」(未見)を意識したと思われるタイトル、家族をめぐる人々の物語。歌や曲含めてゴキゲンでお洒落なような、ちょっと大人の情けなさとか、子供から大人にかけてのグラデーション。 さまざまなことが並行して起きて、2時間超えにもかかわらずずっと飽きずに観られるという人気の海外ドラマの雰囲気を纏います。こういう日本の演劇は小劇場から大きな劇場の商業演劇に至るまでワタシの知る限りは唯一無二で、それを小劇場演劇のごく少ないキャストで実現する座組の面白さ。

故意ではないとはいえ母を殺してしまった娘が成長しモデルとして働くようになった頃の家族や幼なじみを巡る物語。子供に恵まれなかった姉夫婦、難病で先のない妹を支えるアルバイトの男、モデルの友達やマネージャなど。正直に云えば少人数ゆえに都合が良すぎるぐらい人々が近いのだけれど、そこの関係に濃淡が感じられるのが作演の名嘉節で作り上げられた一本なのだなと思います。

母を殺してしまったと思っている女を演じた小野寺ずる、素朴なまま大人になったと思ったら終幕で全く違う顔を見せる振り幅が凄く。父親の若い恋人を演じた作演を兼ねる名嘉友美、役者として観るのが嬉しいワタシですが、序盤のいけ好かない感じも面白い。姉を演じた豊田可奈子は、しっとりフラットな造型が諦めたからだとわかる瞬間を作るチカラ。バイトの男を演じた細井じゅん、背負っているのに軽やかであり続ける造型がいいのです。

| | コメント (0)

2020.03.11

【芝居】「ありがとサンキュー!」青年座

2020.2.24 12:30 [CoRich]

小松台東の松本哲也、青年座への初の書き下ろし。 休憩15分、140分。シアターグリーン BIG TREE THEATER。

大正、昭和から平成のおわりを生き抜いた女、父親について丸亀、宮崎へ移り住み、キリスト教の伝道をつづけている。兄を早くになくし、結婚し、戦争の時代を5人の子供を育て上げる。

作家の実祖母の実話をもとにした話だといいます。14歳から104歳という時代、生活に根ざした小さな教会で伝道と暮らして行く女とそれを取り巻く家族たち。有名人というわけではない市井の人物の一生。もちろん誰の人生にもドラマはあるのだけれど、観客が想像するとおりにするっと進む物語で、観客がその物語に寄り添えるかどうかは、それぞれが持つ背景にずいぶん影響されるように思います。

日本に於ける市井のキリスト教の人々の暮らしを目にするようになってきた最近のワタシにとっては、たとえば日常の中での賛美歌のありかた、生活のなかに隅々まで根付く教えの在り方を丁寧に描いた舞台はとてもリアルに感じる一本なのです。

| | コメント (0)

«【芝居】「東京ノート」青年団