2021.01.11

【芝居】「今はやることじゃない」箱庭円舞曲

2020.12.29 14:00 [CoRich]

箱庭円舞曲、作演を兼ねる主宰の育休明け、劇団旗揚げ20周年と題しての久々の公演。80分。12月30日まで駅前劇場。

妻が入院したあと夫がひとりで切り盛りするラーメン屋。同じ味の筈なのに客が入らなくなって久しい。娘は思春期の頃から家のラーメンが嫌いになって素っ気ない。回りはマンション建設のために立ち退きが相次いでいて、持ち家のこの店にも不動産業者が訪れている。
ある日、担当者が口にしたラーメンにひどく感動し、口コミサイトなどを総動員して客足が戻ってくる。

作家自身もマニアックに好きな、まさにラーメン屋にまつわる物語。客が付いている店は必ずしも美味しいラーメンが理由とは限らないという視点から客あたりのいいおかみさんの存在だったり、流行の味付けであったり、あるいは口コミサイト総動員で作られた情報により押し寄せる一元客だったり。加えて、真面目にスープをとることをやめ、無化調どころか化学調味料とスープ缶詰だけで作り上げた味でも変わらない客であったり。さらには居抜きで、しかし味は全く受け継がないでリニューアルする娘など多面的な切り口で「ラーメン屋」という存在を描き出します。「ラーメンは情報を食べてる」というのはどこかの漫画の台詞ですが、そんな現状も織り込むような軽快な語り口も楽しい。

「ラーメン屋」を描いている本作だけれど、劇団の周年公演というタイミングで、劇団員だけによる上演という形態から、それはもしかしたら「劇団」というものさまざまな在り方や観客とのありかたを写し絵として描くよう。

ラーメン屋のカウンターをわざわざ内側を客席にむけて置き、大量の什器を仕込んで描く舞台が印象的。作家のラーメンへの想いの深さか、あるいは内側で考え続けている様々なことが凝縮しているかなんてことを思いつつ。

| | コメント (0)

2021.01.10

【芝居】「オレステスとピュラデス」KAAT神奈川芸術劇場

2020.12.6 15:00 [CoRich]

杉原邦生演出のギリシャ悲劇シリーズ、瀬戸山美咲の台本での上演。12月13日までKAAT神奈川芸術劇場、大劇場。130分。

母殺しの男(オレステス)は復讐の女神たちの呪いから解放されようと、神託に従い従兄弟(ピュラデス)、救われる場所へ人々を率いて遠くタウリケへ向かう旅に出る。
従兄弟の父親に旅の金の無心をし、奴隷船の男色の船主から逃げ、泳ぎ着いた島で出逢った盗賊や少女、ギリシア軍に滅ぼされた村で復興に人生を捧げるギリシア人との出会いなどの旅を経て。

ギリシャの物語に隙間を見つけて、作家が想像した物語を紛れ込ませる趣向。ずっと旅をする人々に次々と出逢う人々を大鶴義丹、趣里という二人の役者でというのも面白い。奥行きもタッパもある巨大な劇場空間を自在に使い、遠近感、高さにビックリする感じなど、二階席から観ても楽しそうなのです。

作家が紛れ込ませた物語は、戦争のあと酷い目にあったり残された人々を目撃する旅というテーマに思います。戦争では敵を殺すことが正義だったけれど、終幕では、初めて生きている「人」を殺してしまったと実感する(殺された少女は神がどこかに飛ばしたというのも救いの物語かも知れません)成長の物語なのです。

時にラップ、時に歌い上げる音楽も印象的。個人的にはTCアルプの武居卓がきっちり謳い上げのを観て嬉しくなったりもするのですw。

| | コメント (0)

2020.12.30

【芝居】「みてみぬふり」北口改札

2020.12.5 19:00 [CoRich]

劇団としての第1回公演。劇団スクランブル・坪井俊樹作演。スタジオ空洞で12月6日まで。70分。

先輩の男、後輩で社会人になったばかりの女二人。コロナ禍で時々LINE通話をするようになった。女の一人は彼氏がいるが喧嘩していてしばらくあっていない。もうひとりの女は男に気があるが、言い出せない。ある日、彼氏持ちの女は無職となった男から食事に誘われ、そのままずるずると男が家に居着いて仕事を探すでもなく。
しかし彼氏と別れないことを責められ電話をした女は仲直りし、居着いていた男は追いだされる。追いだされた男はもうひとりの女と会い、家に居着いてしまう。

ヒモ体質のダメ男が二人の女性を渡り歩き、しかし結局二人から惚れられているというなんだか青年漫画みたいな話。恋愛体質で寂しく男を断れない女と、好意を持っている女。全く同じような繰り返しだったり、結局惚れて手放したくない気持ちだったり、三人でいいじゃんという感じだったりとどうしようもない人間のコミカルな切り口を並べて見せるコメディなのだろうと思います。ワタシはそこに愛おしさを感じられなくて、いわば浅はかな人々を描く滑稽さには乗り切れないのです。

| | コメント (0)

2020.12.29

【芝居】「プライベートジョーク」パラドックス定数

2020.12.5 15:00 [CoRich]

2007年初演作の再演。120分。12月13日まで東京芸術劇場シアターイースト。

初演では名前が示されていた5人の学生たちは、ジャンルと頭文字だけの表記に。スペインの学生寮を舞台に、来訪する少し上の成功している人々と、これから名が売れていく学生たちの交流という形と、戦争が忍びよる時代を背景にファンタジーとして描きます。

それぞれの名前を少しは知っていても、同じぐらいの時代の人々であるという認識がなかったり、時代での立ち位置もそんなに知らなかったりするワタシです。借景となる時代や人物の現実の背景を知っていれば、もっと解像度高く感じ取れるのかもしれないけれど、それに囚われなくてもいいとも思うのです。若い世代から名の売れた人々をみつめ、自分も昇っていこうとする気持ちだったり、あるいは年齢を重ねて若い世代を少しばかり懐かしく思う気持ちだったりという細やかに描かれる人物たちを観ていて目が離せないワタシなのです。

登場する人々はみな天才と言われるような時代に名を残した人々だけれど、まったくジャンル違いの人々を集めることで、どの分野でも起こりうるような抽象度の高い、あるいはふんだんな暗喩を纏う会話は軽快で快いほどの会話の「音」を生み出します。反面、何を描いている物語かはとらえづらくなる感もあって、ワタシはむしろ造形された人物像(歴史上の人物という意味でなく)を面白く感じられるところにフックするのです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.12.12

【芝居】「完全な密室」やみ・あがりシアター

2020.11.23 12:00 [CoRich]

やみ・あがりシアターの新作。王子小劇場で11月23日まで。110分。

公演の当日早朝、劇団の主宰兼作演の女が殺された。合鍵を持ち第一発見者となった劇団員の女優が捜査に協力するために、被害者になりきってその日までの行動を追う。

アクリル板で囲った「密室」は上演の途中幾度となく壁ごと開いて換気されたり頻繁にマスクを付け外ししたりとコロナ禍を意識したような装置。事件を調べる内に一癖二癖ある格安アパートの住人たち、外国人で怪しいと思いきや片言ながら交流していたり、美少女として見えているけれどあまりに口うるさい老婆をそう見えることにして心の安寧を得ていたりと、被害者自身も癖のある人物であることが見えてきます。 犯人を捜すように描かれるまわりの人物たちの姿は、やがて演劇の関係者たちへ。劇団員とふたりきり、濃密だけれど過剰に厳しい演出の姿勢とそれを不満に思う女優だけれど、傷つけ合いながら互いにどこにも逃げられないエコーチャンバーのような関係を互いに認め合っていたり、 唯一の友人と思う舞台監督の男が結婚して感じる喪失感、大学の頃に知り合ったちょっとよく思う男との関係は公開するものになっていたり。

あるいは恋をしてないことでいい芝居が書けないんじゃないかという焦り。貧しくは無かった中庸な生育環境、他の人がバカに見えてしまうある種の傲慢さの自覚。周りの人々を描きあるいは彼女(を劇中演じる女優)自身に語らせることで、死んだ女の姿が削り出されるように徐々に輪郭が見えてくるのです。後半、密室殺人と思われた物語は、実は自殺なのだと明かされます。動機は「太陽が眩しかった」のと同じように「照明が眩しかった」と嘯いてみせるし、時間を稼ぎつつ眼球の臓器提供という唯一の希望を満たすためとややこしい理由を付けたりするけれど、 それはそこまでに描かれた彼女に堆積してきたこと、彼女自身のめんどくささが反響し合って自殺という臨界に到達したように感じるワタシなのです。

作家自身のほんとうの姿がどこまで物語に溶け込んでいるかはもちろん知る由はないけれど、そういう面倒くささの片鱗はこれまで描いてきた物語でも薄々感じるのでまったくの創作というわけでもないのだろうとおもいます。ミステリーとしての完成度というよりは、そういう面倒臭い人物を時にコミカルに、ときに深く描き出す濃密な空間なのです。

女優を演じた加藤睦望、劇中で主宰を演じる内に同一人物に見えてくるちょっと不思議な感覚。隣の外国人留学生や好意を持っていた舞台監督、大学の頃の同級生の男などさまざまを演じた目崎剛は決して広い振り幅ではないのだけれど、逆にそれが彼女からある種の好意を持ちそうな男に通底するものを感じさせて面白いのです。

| | コメント (0)

2020.12.07

【芝居】「夜盲症」柿喰う客

2020.11.21 18:00 [CoRich]

5月に上演を予定していた作品をコロナ禍で延期、改訂し65分で上演。スズナリ。11月22日まで。

実業団の強豪女子ソフトボールチーム。外界と完全に遮断した日々を送っている。チームに加入した女子野球のエリートは父殺しの犯人がチームにいると聞き入団を決めるなど、みな癖のある選手たち。東京オリンピックが近づいたある日、寮の内部での盗撮映像が流出する。

元々上演される予定だった作品はおそらく女優ばかりのいわゆる百合的なスキャンダラスな物語を骨格にオリンピックをちょっと揶揄するような立ち位置だったろうなと想像します。コロナ禍に対しての「アートにエール」企画(YouTube)はその元の形の設定がよく見えるよう。5ヶ月の延期を経て、恐らくは自死やセクシーさなど「不謹慎」なものを自主規制するというテイストをメタ的に加えることでリミックス版のように凝縮感をもった芝居になったのだと想像します。

それぞれの役がきちんと背負ったものがあり、男と望まれた女だったり自死した父のこと、貧しい生まれの女、アイドルな立ち位置でいる女、オリンピックに出て婚期が遅れることを恐れる女、絵に描いたようなガリガリの右翼や生き字引など物語は満載。おそらく短縮されたであろう65分で全ての人物を描こうとした結果、女子野球のトップアスリートを演じた永田紗芽と死神と恐れられる唯一のプロ選手を演じた福井夏を核にするものの、物語を運ぶよりもそれぞれの人物の背景を魅力的に見せるという感じになっています。

女優ばかりのややセクシーな構成といえば、この劇団には女体シェイクスピアという人気シリーズがあるけれど、あくまで古典の物語を運ぶことを主眼とするこのシリーズに比べると、より自由度は高く役者たちそれぞれの魅力を引き出すように感じるショーケース的な仕上がりは、それはそれで楽しいのです。

| | コメント (0)

2020.12.06

【芝居】「Rights, Light ライツ ライト」フライングステージ

2020.11.8 19:00 [CoRich]

HIV内定取消訴訟をモチーフにした物語、90分。11月8日までOFF OFFシアター。

ソーシャルワーカーとして病院の就職が決まっていて引っ越しまでしていたのに突然内定が取り消された男。理由を尋ねるとHIV感染で受診した過去のカルテをみつけ、それを申告しなかったからだという。就労に問題なく、他人への感染の恐れもないという診断書があっても決定は揺るがない。弁護士を紹介され裁判を起こす。

コロナ禍の中、作家はかつて恐れられ、同性愛者への偏見を加速したHIVという感染症を思い出したのだといいます(ステージナタリー)。根絶こそ出来ていないけれど、治療法も安全な暮らし方もほぼ確立してるのだということも、府中青年の家訴訟(wikipedia)も恥ずかしながら知らなかったワタシです。

現在はコロナウイルスで全員が脅威を感じ全員の問題として感じ取っているけれど、HIVはどこか他人のこととして感じていてそういうアップデートを得られること、そしてもしかしたら現在の私たちも同じように折り合い方を見つけられる、あわよくばコントロールできるようになっているという希望を重ね合わせるのです。

差別を受けることが人の生きる力を削ぐのだという視点が物語を通底します。ワタシはたまたまそういう境遇に遭わずに生きてきたけれど、そういう場所に自分が置かれたら(コロナに罹患すれば、すぐに自分に降りかかってくる気がします)、少しの恐怖を感じるワタシです。過去の(といってもほんの3年前)の出来事を遅くなっても受け取って、どうするべきかをじっくりと考えていても、未だ結論は出ないのだけれど。

| | コメント (0)

2020.11.26

【芝居】「The last night recipe」iaku

2020.10.31 19:00 [CoRich]

iakuの新作。10分休憩込み145分。11月1日までザ・高円寺1、そのあと兵庫。

女性ライターが取材で訪れたラーメン屋、店主の息子は中学でたあとずっとこの店で8年働き続けているのを見つけ、ネグレクトを疑い取材を続ける。先輩の女性ライターに追い付きたく意見を求めるが、懐に入らないまま取材と言われ、息子が言った結婚して連れ出してくれたらというエピソードが「面白い」と言われ、取材のために結婚を決意する。
女は結婚1年が過ぎた頃、記事を書くため元カレの関係する医療ベンチャーのワクチンを受けた夜に急死する。

この急死、頼りない夫、母親が葬儀が簡素なのを嘆くシーンが冒頭にあり、二人の知り合ったことからの流れの物語、女がblogに毎日の食事を書いていという物語と併走するように描きます。記事のために連れ出したけれど金を稼ぐでもなく、父親との暮らしを聞き出すも記事になるような展開にならないことへの苛立ち。元々はネグレクトされていた男について「広がる世界を見るべきだ」という正義感を起点に女は走り出したものの、広がることに意味を見いだせない男と二人きりのたこつぼ状態での苛つき。夫婦の間にある、それまで暮らしてきた生活の格差を残酷に描き出すのです。

先輩ライターが訪ねたラーメン屋の店主は、息子をネグレクト状態にしたのは、自分が背負った父親の借金を残さないための考えであると描き、しかし息子の考えていることが判らないという悩みを打ち明けていくのです。全ての人間が行動に理由があるように丁寧に描くつくり。

一年つづくうち、夫が頑なに拒んできたラーメンを作る晩餐、それが新しい一歩と思った妻が希望を見いだしたけれど、翌日、治験を受けた夜、母親の手作りのちらし寿司を最後の晩餐として亡くなること、家族のもとに帰ると思わせるのです。妻が一年続けてきたレシピを一年かけて追いかけ記録し追体験する男。夫婦の成長譚を胸に、一人になって店に戻るラストが美しい。

コロナとは明確に描かないけれど、感染症が蔓延して互いの行き来が難しい日々、蛸壺のようにふたりきりの時間という序盤の設定が巧くて、そのあとにさまざまに入れられる要素、たとえば生活の格差や親の思いなどが複雑に絡み合うのです。

年下のライターを演じた橋爪未萠里はしっかりと主役を演じきります。母親を演じた竹内都子は不満を言うときの娘を想う気持ちの強さが印象的です。父親を演じた福本伸一は娘の配偶者との間を取り持つ軽さの解像度が繊細です。ラーメン屋の店主を演じた緒方晋は序盤は単なる怖い人だけれど、徐々に見えてくる彼の気持ちの振れ幅の広さ。その息子を演じた杉原公輔は体温の低さが物語全体の重層低音のように。 元カレを演じた小松勇司はいけすかないヒールの役割をきっちり。先輩ライターを演じた伊藤えりこは中盤の物語を強力に推し進める力の説得力。

| | コメント (0)

2020.11.20

【芝居】「常闇、世を照らす」 JACROW

2020.10.31 14:00 [CoRich]

田中角栄を描く三部作、総理大臣を辞めてから田中真紀子が立候補するまでを描く終結編。135分。11/8までサンモールスタジオのあと新潟。

ロッキードの疑惑、総理大臣を辞めてから。自民党を辞めても、党外から田中派を率いる。盟友大平を総理にし、しかし亡くし。忙しかった日々、訪れる人は減っていき、酒量が増え。娘・田中真紀子は妾を持つ父親を憎んですらいる。ある日、角栄は倒れ麻痺が残る日々、真紀子は立候補を決める。

一度は昇りつめたあと、汚職の疑惑から総理大臣を退いてからの日々。無実を信じ復活の日を思い描きながらも自民党を離れ、党外から田中派を率いている日、盟友・大平正芳を総理にしたが病で亡くし、竹下登の創政会結成など明確に自分の地位が脅かされ奪われていくなか、多量の飲酒、脳梗塞を経て表舞台から消えていくのです。盛りを過ぎた男がこれまで家族を蔑ろにしてきた負債を、まの辺りにする日々。

倒れてからの日々は政治の表舞台に立つことがなくなり、今作では台詞は極端に減り、父親を嫌っていた田中真紀子が主役のようになっていきます。あの頃、国会に現れないのにずっと国会議員でいるという角栄という政治家の力をぼんやり見てたけど、なるほど、こういう流れか、と今さら確認するのです。終幕、田中真紀子の街頭演説は一本目の冒頭、田中角栄の台詞なのです。もちろん、田中真紀子が三国峠を切り崩し、佐渡との間を埋め立てるなんていう演説をするはずも無いけれど、繋がっていく、という作家のフィクションなのだと思います。

私の記憶にある政治家が沢山出ているのが私のリアルタイムに近づく感じで嬉しい。金丸信を演じた岡本篤、全く雰囲気は違うのに、政治家に見えてしまうのは角栄を演じた狩野和馬の雰囲気で、まさか山梨の地味な政治家を描くのかしら、作家が。今作で初登場の娘・田中眞紀子を演じた川田希もまた全く違う雰囲気ですが、父を思う気持ち、新たに立ち向かう気持ちがよく現れています。この女優が演じた大塚家具の娘の物語とは正反対の役だけれど、説得力があるのです。(大塚家具を巡るニュースを聴いたばかりからかもしれません)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.11.09

【芝居】「夕闇、山を越える」JACROW

2020.10.24 19:30 [CoRich]

2016年初演2018年再演作、三部作の一挙上演としてふたたび。11月8日までサンモールスタジオ、そのあと新潟。

上り詰めていく世界は昭和の派閥のパワーバランスそのものであり、もう逆戻りすべきではないあの頃ではあるのだけれど、そこにある時代の熱気を描く物語には見応え。

若手時代から最初の入閣に至るまでの田中角栄。人々の暮らしを思い訴える原点の姿。母親との関係だったり、冒頭の長靴姿の演説、地元に戻った元秘書への待遇の心配りなど人間・田中角栄の人垂らしな側面が強く描かれているように思います。いっぽうでまだ十分な力を得ているわけでは無く、政治の局面では誰につくのがいいのかを見極め、自分のことをフックアップしてくれるのかを冷静に見極めるという「コンピュータ付きブルドーザ」はこの後の物語に繋がっていくのです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«【芝居】「宵闇、街に登る」JACROW