2022.09.29

【芝居】「田瓶奇譚集(怪)」肋骨蜜柑同好会

2022.9.17 15:00 [CoRich]

肋骨蜜柑同好会や日本のラジオが何年か前から設定( 1, 2) している架空の町「田瓶市」を舞台にした短編を5つの劇団が上演。100分ほど。9月24日まで駅前劇場。

ソーセージ工場が半ば廃墟となっていた古い団地を買い上げて寮とした部屋。二人が住んでいる。手取りの殆どを家賃とアメニティとして徴収されているが、いつか都会に出て成功することを夢見ている。最近やってきた男は夢で絵を描くのが好きで工場で働いている男になっている。「腸詰と極楽」(肋骨蜜柑同好会 作:ホトンドケイ素 演出:フジタタイセイ)
大学に入り古いアパートで一人暮らしを始めた女はあちこちがきしむ音や薄い壁の向こうから聞こえる人の声や猫の鳴き声に悩まされオカルト好きと怖がりの友人に相談して家に来て貰う。「隣は猫をする人ぞ」(たすいち 作・演:目崎剛)
小学校教諭であるワタシは同僚から子供たちの間での噂話「くるくるさん」聴かされる。事故に遭い失われた娘の小指を探し続けているという。ワタシは夢で指を探せないと自分の指を奪われるといわれるが、事故に遭ったのは同級生の少女ではなかった、と思い出す。「くるくるさん」(日本のラジオ 作・演:屋代秀樹)

「腸詰〜」は意識高い若者が搾取されている構図に、居なくなった人は都会に出て行ったのではない、ということが徐々に判る怖さがジワジワと。絵を描ける男がパッケージもデザインし、しかしそこから絶望にたたき落とされるという物語の起伏が見事。なぜその夢をみたか、という物語の「仕掛け」もキチンとしていて見やすい。抜け出すための出口はソコしかない絶望だけれど、「行かねえよ、そんなところ」という終幕の台詞のキレはいいけれど、それは力強さか絶望の中での空元気か。

「隣は〜」は一人暮らしを初めてしたときに聞こえる声や軋みがちょっと怖いという記憶を思い起こさせるような開幕から、隣は一人暮らしの筈なのに、なんか夜に猫耳をつけている男とか、いつの間にか入ってきている隣人とかの気味の悪さ。一緒に謎を解明する女3人のコントラスト、怖がりとオカルト好きと住人というのも見事。仕掛けが判った終幕、もう一度大家が呟く一言はこれが終わりではなく、続くであろう怪談の仕上げ。

「くるくるさん」は田瓶wikiにあるしないのバスの名前につながり、道路を巡る物語、さすがに作家は手慣れた感じです。正直に云えば、私が座った端の席では、小学校教諭の「私」の向こう側で喋る女性が全く見えないまま、という見切れの残念さはあるのだけれど、夢と現実を行き来し、子どもの頃を思い出し辿る時間、そして指をなくしたのは少女じゃなかったと思い至り、でも今見えている風景はそうではないから、と自分から合わせに行くという狂気。なるほど「怪」。

| | コメント (0)

2022.09.18

【芝居】「SHINE SHOW!」Aga-risk Entertainment

2022.9.3 18:00 [CoRich]

アガリスクエンターテイメントの新作は 新宿三井ビルの実話をもとに。9月4日までシアターアルファ東京。150分。

夏の高層ビルの広場に組まれたステージで行われるのは、入居企業だけで行われる対抗のど自慢の会場。会社員は忙しく、ビルの管理会社のスタッフもこの祭りを楽しみ、作っている。会社員それぞれの思いを歌に込めたり、歌がうまいというだけで出されることになって怖くなったり、元アイドルが派遣で働いていたり、デスマーチ中の会社員は歌合戦に出ると云って出てきたら、着信拒否されたり、ドア認証が通らなかったり。あるいは、何かの告発を企む出場者が居たり。毎年連続でエライ人が名物になっていたり。

会社らしくシュレッダーの紙ゴミを紙吹雪にしたりという特徴もきっちり、あるいはラジオ局のディレクターとアナウンサーが取材に来たりは舞台の説明として緻密なことに作家の舌を巻きます。ワタシに素晴らしかったのは、孫請けの会社員が元の発注企業の社長(実はVIP席にいる)に告発を仕掛けるシーン。今作の中では唯一のラップで、告発という機能がとても巧く機能しているのです。孫請けだから間に別の会社が入っているというのが絶妙で、告発も実はその間の会社からの伝聞だという危うさ。更には告発された社長がトラメガでそのラッブバトルに応戦し、誤解を互いに知り、解り合うというのに泣いてしまうワタシです。正直にいえば、ラップを客席からどう応援したらいいかは知れ渡ってるとは言いがたく、司会の女性が手を真上にあげ、手のひらをプレイヤーに向けて前後に動かすということをしてガイドしても、同じことが客席で起こらなかったのが残念だったりするのですが。

物語の核となるスタッフを演じた熊谷有芳はイベントへの愛と危機管理の素晴らしさを体現しつつ、危機に際してステージに上がって歌うまでをきっちり。ビルの警備員を演じた淺越岳人は仕事をしつつ、アイドルに凄く詳しく、元アイドルの派遣社員が居ることも判った上で喋りすぎず見守る塩梅の良さ。デスマーチ中の企業の社員を演じた三原一太はいろいろ困ってしまう雰囲気がそれらしくて説得力。外資系証券のエライ人を演じた中田顕史郎のコミカル、楽しみにしているのど自慢よりも仕事をキッチリ取る格好良さが見事。ラップで告発する役を演じた平田純哉、それに応えた役員を演じた北川竜二(ラップするとは思えない風貌なのがとてもよい)の二人がホントに素晴らしく。

| | コメント (0)

2022.09.13

【芝居】「Show me Shoot me」やみ・あがりシアター

2022.9.3 14:00 [CoRich]

やみ・あがりシアター、MITAKA NEXT枠として初登場。9月11日まで三鷹市芸術文化センター 星のホール。120分。

社宅に住む人々。ベランダでの漫才を日課とする夫婦。それなりにネタはやっているけれど、漫才が終われば会話らしい会話がない。ある日、隣に大阪から夫婦が引っ越してきて、彼らがまるで漫才の掛け合いのように止めどなく会話するのを目の当たりにして衝撃を受ける。

序盤はいくつかの短いコントを繋げて見せるテイで、登場人物や場面を繋いで見せます。実はコント自体は本筋ではないけれど、するするとイキオイがあって見事。そこで描かれる社宅で暮らす人々。物語の軸になる二組の夫婦の他にはクリエータの妹と会社勤めの兄で暮らす二人、兄の恋人だが妹の投稿する動画にネガティブコメントを付けたりが楽しみな女、あるいは読み聞かせに通ってくる総務の女、句会に通ったりする同僚の女、喫煙所で会話している部長となんか態度が大きな新人など、同じ会社に勤める人々が集います。

漫才をする夫婦が会話をできなくなっているのは、面白くなければとか笑わせなければと云うなかば強迫観念で、その呪縛の末にたどり着いた漫才というフォーマットを、隣の関西人夫婦は軽々と日常会話で超えてしまうのです。漫才妻はひたすら真面目に、その関西人スキルを得ようと、関西人妻につきまとい(他人との距離の詰め方もちょっとおかしい)、「面白いこと」を求めて社宅の人々の「カブトムシ採取」「句会」に参加するドタバタ、夫の方も似たようなもので、「早朝のランニング」や「読み聞かせ」になんとなく揃って参加したりしますが、実際のところ、何も変わらなかったり。

終幕近くで、漫才する二人はマッチングサイトで身体の関係から出会い、そのあとに何気なく入ったお笑いライブでの気まずさを抱えたまま、なぜか二人で暮らし始めてしまったのだということが語られます。互いを深く知って夫婦になったのではなくて、よくわからないままに狭い社宅で二人で暮らしを始めてしまったこと、ましてや女の方は近所づきあいも殆どないという状態で暮らしている閉塞感の中で見つけた希望が漫才であり、それを軽々と超えた関西人の会話スキルに劣等感を抱くのだけれど、無遠慮な若者に教えられた、サイト「ゆっくり」を使って、半ば仮面をかぶったようなフラットな会話を得ていくのです。どうせ二人で暮らしていく日々、時間をどう潰していくかだというのはあまりにバッサリに過ぎる気はするけれど、一面真理だなとおもったり思わなかったり。

いっぽうの大阪からの夫婦の見事なほどの掛け合いの会話。近所の人々にも素早く馴染む社交的な感じ。二人の妻があれこれに挑戦するドタバタの中でもツッコミ、あるいはうまく溶け込んで見せたりとそつがないのです。物語に大きく影響するわけではないけれど、妻は友人関係も仕事も捨てて夫の転勤についてきていて、専業主婦状態、しかしそれはそれで気が張り詰めていたということを吐露する瞬間。そういえば二人の妻はどちらも社宅の中の専業主婦でその独特の位置が物語の肝になっているような気もします。

漫才をする夫婦を演じた川上献心、加藤睦望の生真面目さ、そして面白さに対するややゆがんだ憧れの塩梅の見事さ。関西人夫婦を演じた小切裕太、さんなぎは本当に見事で大量に繰り出される台詞と間合い、かと思えば結びつく愛情の深さの振れ幅がとてもよくて物語を牽引します。会社の上司を演じた小寺悠介、無遠慮な新人を演じた阿部遊劇手の二人もまた、漫才のような掛け合いをここにも見事に。

| | コメント (0)

2022.09.07

【芝居】「嵐風呂滑郎一座」おのまさしあたあ

2022.8.12 19:30 [CoRich]

初日のみ上演、その後は公演中止となった初日で拝見できました。「テンペスト」を下敷きに和物として仕上げる一人芝居。「あらしふろすべろう」一座、と読むのだそうで。

人気の芝居小屋、火の仕掛けを使い火事を起こしてその罪を背負い佐渡へ渡る途中の海で無人島に一人たどり着いた男。やがて屁で会話する「へのすけ」との会話で日々を過ごすうち、娘が探してやってくる。そもそもの火事がライバルの小屋の男が仕掛けて起こしたことだった。

「テンペスト」(wikipedia)にあまり馴染みのないワタシです。テンペストでは魔法とか妖精とかの空想譚に復讐心が重なりつつも改心し赦し和解する流れはなるほどいっしょ。

似顔絵を自立させる「システム」を多用してきた「おのまさしあたあ」ですが、今作は他の人物を人形にしていて雰囲気がずいぶん異なります。それでも、人が現れ救われ、ハッピーエンドな雰囲気で終盤を迎えます。

さまざまな出来事が起こった物語の終幕、他の人物は姿を消し、一人つぶやくような男が残ります。なるほど嵐などそもそも起こらず、佐渡に送られた男がひとり部屋に閉じ込められているなかで想像を掻きたてて思い描いた物語を観ていたのだと思うのです。

| | コメント (0)

2022.09.06

【芝居】「あつい胸さわぎ」iaku

2022.8.11 13:00 [CoRich]

若年性乳がんをテーマに据えた2019年作、娘以外のキャストは初演から引き続き、劇場を変えての上演。来年には映画の公開も予定されています。100分。スズナリで8月14日まで。

過去に観た芝居でもわりと物語を忘れがちなワタシです。他の人の感想で初演にはあった上の方の赤い糸(自分のblogに書いてるのにw)、とかすら覚えて居ないポンコツさ。アゴラからスズナリに替わり広くなった舞台は円形で役者たちがその円周に沿って出捌けというのはリズムがあったり、一方向に動く、あるいは反転するなどで意味があるようで面白いのです。

ワタシは男性なので、乳がんという病気の在り方だけでなくて、乳房を全摘出するか、残存するか再建するかなどの想いを本当の所は判らないのと思います。物語の軸はソコだけれども、そこから母親と娘の二人暮らしの日々、初めての恋心と本当に久しぶりに抱いた二人の恋心と広がる手際がいいスピード感が素晴らしいのに、出来すぎと思わせないのはどんな魔法だろうと思ったり。「無惨に失恋」する終幕だけれど、しかしそこからまた二人で前を向いて「まずは腹ごしらえして、ステーキを」食べて、暮らしていくという力強さがとてもいいのです(と、初演の感想にも書いてたw)。

娘を演じた平山咲彩は元気の良さの序盤が印象的。初演から引き続きの役者たちはいずれも濃密さを上げている印象。母を演じた枝元萌の肝っ玉かあちゃん風から恋して恥ずかしいの振れ幅が繊細。会社の同僚を演じた橋爪未萠里はヒールな役どころの色気溢れる説得力アップを感じてしまうワタシ。東京(実は千葉)から転職してくる同僚を演じた瓜生和成のあっけらかんと、気遣いできるのに(恋心に)気付かない絶妙な雑さの解像度の高さ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.08.27

【芝居】「くらイよるサ」ボタタナエラー

2022.8.6 15:00 [CoRich]

2019年から3年振りの公演。8月7日までテルプシコール。

夜の公園、夜明けを待つ人々。

  1. 朝日を見る会という二人の会、懐かしエロ店を出す男、議員になりたい女、友人の女二人、フードデリの女など「宵口」
  2. 女友だち、スケバンだったり、尾崎だったりの昔話とか、いろいろ合流してきたり。「夜半」
  3. フードデリバリーを注文したりする常連客により打撃受けるネットカフェ、バカップル風、鬼滅最終巻を読むか迷ったり。「Midnight NetCafe」
  4. 夜明け、朝日から逃げる、走る。ペットの散歩とかジョギングとかの夜明けのあいつらから逃げる。「未明」

市井の人々を丁寧に描く作家ですが、何回かの客演を経て菅間馬鈴薯堂(検索)の雰囲気を纏うようになってきました。夜の公園に集う人々、それぞれの立場が違っていて、なんか怪しげな人だったりがさまざまに交錯しながら、時間を潰している人々の蠢きを描くのです。

終幕がじつによくて、夜の間ずっと闊歩していた人々が、明るくなって出てくる人々に入れ替わる瞬間のある種の切なさ。朝日に向かわず、朝日から逃げるという雰囲気もなんか、普通の人々の繰り返す日常を感じさせるのです。

| | コメント (0)

2022.08.16

【芝居】「世の中と演劇する The three plays」オフィスプロジェクトM

2022.7.30 19:00 [CoRich]

丸尾聡による演劇企画集団。戦争にまつわる短編2本と、もう1本中編を。100分。7月31日までアトリエ第Q藝術。

茶色以外の猫は処分しなければならない、という法律からそれは犬も含めたペットに広がったが、それ以外の日常は変わらず快適だった。やがて新聞も「茶色」を掲げるものしか残らなくなり、やがて政府に批判的な出版社の本が姿を消したが、その中に居る限りは安心だった。「茶色の朝」(作 フランク パヴロフ /訳 藤本一勇 )
戦争に敗れ占領された国の学校に新任の女教師がやってくる。父親が連れ去られたことに不満を持つ子供には「間違った考え」を持った父親は大人の為の学校に行ったのだと諭す。キャンディーが欲しいと(神の代わりに)指導者に祈るように試させるが子供たちが目を閉じている間に女教師が配っていることを見とがめられるとキャンディをくれるのは神ではない誰かなのだと教える。「23分間の奇跡」(作 ジェームス・クラベル / 訳 青島幸男)
演劇部を辞めた友人を呼び止める演劇部に留まった女子高生。大道具や朗読につきあわせる(2021.9)「明日のハナコ」(作 玉村徹 / 上演台本 丸尾聡)

開幕と終幕、それぞれの芝居の幕間をうめる犬が軽やかに語り繋げます。

「茶色の朝」は見逃していた日頃の些細な変化を止められるうちに止めないとそれは大きな力になり逆らえなくなるどころか、その中に居る限りは安寧が得られる、ということを登場人物の視点で描きます。正直にいえば戦争の物語という触れ込みの公演でこの流れならば早々に結末は判るけれど、じゃあ何処で止められたのかといわれると言葉に詰まるワタシです。自分に危機が迫るまで放置していれば何が起こるか、それは戦争かも知れないし差別かもしれないし主権の制限かもしれない。為政者が正しいとは限らないという気持ちで向き合っていることの重要さ。

「23分間の奇跡」は教室に教師と生徒の一幕という意味では「最後の授業」っぽいけれど、こちらは新任の、つまり新しい体制側の教師の手練手管に子供たちが絡め取られる23分という物語。一本目に比べると最初に警戒感一杯であったとしてもはるかに短い時間で変えられるということの凄みは相手が子供だから、とは限らず、大人だってマルチやら霊感やら、いろいろ日常の中にも潜むのです。

「明日のハナコ」(台本)は何かの忖度、何かを隠そうとすること戦争の2本のあとでは、これが「いつか来た道」に繋がるというメッセージを勝手に読み取るワタシです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022.08.13

【芝居】「ハヴ・ア・ナイス・ホリデー」第27班

2022.7.17 18:00 [CoRich]

第27班の新作。7月18日まで、こまばアゴラ劇場。120分。

不老の薬が配られる「未来の村」。若者に限り居住を許され、過疎地域に設定された特区。ダンサーの女が宇宙旅行の時代まで長生きしたいと移り住んでくる。村内には店はほとんどなく、受付で自身はここには住まず薬を飲んでいない女、村外との行き来ができるタクシー運転手の男、不妊治療を続ける夫婦、使われていなかったラジオ局に住みギターを弾く男などがいる。不老の薬のわからなかった妊娠に対する副作用が明るみになり。

残された時間に焦り若返りを狙う老人ではなく、若者だけに不老をという設定のSF風味。若く輝いている時間のままその時間を続けることが出来たとしたらという思考実験のようでもあり。不妊治療の夫婦の、そのなかば子供を手に入れることへの執着だけが残り止まったような時間、あるいは何者からも自由でありたいと考えているミュージシャンが自死にいたるまでのある種の絶望感。特区という設定のわりにコミュニティが小さすぎて、個人個人のキャラクタで描かれていて、当パンにある「ぐんぞうげき」には正直なり得てない気はするけれど、魅力的な人物で生に纏わるさまざまをギュッと濃縮して描く奥行きは確かにあるのです。ラジオ局のブース、役所の窓口、タクシーの座席、隣家と接する家の前とという場所を組みあわせ、中央に蜂の巣のハニカムを置いた舞台のつくりもその濃縮した感じに寄り添います。

ギターで歌う男を演じた大垣友の無頼な風来坊風情がクールなのに、その心が躓く終盤の奥行き。運ぶ男を演じた佐藤新太の人なつっこさや事故を起こした時のパニックなど、全体にクールな人々の中で生々しい造型が印象的。遊ぶ男を演じた藤木陽一、ナンパで軽く見えるけれど妻が好きすぎるゆえに抱える苦悩とのコントラスト。

| | コメント (0)

2022.08.07

【芝居】DULL-COLORED POP「岸田國士戦争劇集(赤)」

2022.7.17 15:00 [CoRich]

白組からほぼ一週間を経て。もう一つの座組。まさか両方とも同じで、空の悪魔はどこにあったのか判らない不勉強なワタシですw

動員挿話では少佐夫人鈴子を演じた原田理央は白組に比べると凛としてというよりは人情的な造型。 友吉数代を演じた渡辺菜花は取り憑かれたような人物がより一層と。 かへらじと、では結城少佐を演じた白組の古河耕史対して赤組の東谷英人はより軍人の雰囲気を強く。大坪の親子を演じた越前屋由隆、松戸デイモンも雰囲気がとてもよく。

» 続きを読む

| | コメント (0)

【芝居】「ユー・アー・ミー?」TakeS

2022.7.10 14:00 [CoRich]

ラッパ屋の2017年新作を上演。休憩10分込みの130分。10日までラゾーナ川崎プラザソル。

思えば紀伊國屋ホールとプラザソル、客席の奥行きはともかく舞台の間口とかはなんか近い感じ(正確には知りませんが)だなぁと思ったりします。レトロな雰囲気の会社ビル、中央の表示針式のエレベーター前にある立ったままでミーティングする円卓という雰囲気は初演の雰囲気を見事に再現しています。

老舗のアイディア商品会社、二代目社長が変えた社風についてスタバのカップとノートパソコンを携えて立ったままの短いミーティング、という会社。かつてはほぼ社員だった従業員の構成も正社員に加え契約社員も増えて会社が変わってきていて。五十代ぐらいの年代なら身に染みて変化してきた会社と社会がギュッと濃縮された今作。例によって初演の記憶は曖昧だけれど、おじさんたちがかつて生き生きと働き、この歳になって差が付いた感じはラッパ屋ならではと思ったけれど、なかなかどうして。ラッパ屋に限らずこの年代の役者たちが厚いさまざまな劇団で上演されるといいなと思ったりします。二人一役で作られる嘘の面白さは舞台ゆえなので、映像となると別の演出が必要になるなぁとも。

ついていけない五十代を演じた福原毅は情けなさ滲ませつつも、かつてはバリバリと働いていたのに今は昼行灯な造型がとてもよくて。契約社員の開発者を演じた那須野広行は年齢を重ねているのに腰が低く、しかもひどい目に遭いがち、という役を解像度高く。局長を演じた小金井敏邦のイケてる感じも、仲尾玲二の程よくイケてない感じもコントラストが楽しい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«【芝居】「きゃんと、すたんどみー、なう。」青年団リンク やしゃご