2019.11.14

【芝居】「コンドーム0.01」serial number

2019.10.27 19:00 [CoRich]

ex.風琴工房、2年前に描いた女性だけの性と生(つまりリプロダクティブ・ヘルス)にまつわる物語と対で。135分。10月31日までザ・スズナリ。 懸案だった薄いポリウレタンコンドームの開発チーム。研究室では日々さまざまな問題を解決する。広報、営業、開発などの老若交えて売り方を検討する「会議」が設定された。

作家が得意とする、ひとつのレパートリー、会社の開発を巡る物語。サガミオリジナルの0.01の開発譚という事実をを背景にしながら、過去のリコールを交えたクレーム・コンプラへの姿勢、ちょっと可愛らしくコンドームの基礎知識的なこと、開幕直後にはアイドル風のダンスで盛り上げます。

この開発物語を軸に、それぞれの男たちの初体験の一人語りによってごくパーソナルなものであり、多様であることを語り、コンドームの売り出しに向けて開発者、営業、社長などからなる横断チームがコンドームとは何か、あるいはセックスとは何かを話し合うという構成で物語は進みます。

男の初体験談はコミカルかあるいはマッチョなものになりがちだけれど、今作はコミカルさ含む物を交えながらも、おおむね穏やかで多様です。心から幸せな体験や友達の彼女とのスリリングな体験、あるいは愛ともちょっと違う幼なじみとの一回きりのだったり、あるいは高校教師との美しい光景、逆に使わなかったことのドラマチックさ、EDゆえに使ったことがないなど、それぞれの登場人物、たぶんあまり話さない告白を聴くことで、登場人物だれもが愛おしいのです。

セックスをめぐる様々の語り口は多様です。たとえば発情期のない人間だけがいつでも妊娠を迫られるがゆえにメスが拒否できないという構造、中絶を合法化すると望まれぬ出産が減り結果として犯罪が減るというバースコントロールなどの議論を経て、あるいは娘が経験した性被害の深刻さ、この歳になってもな浮ついた気持ち、あるいはコンドームを仕事にしてることを彼女に伝えられないことなど、多面的に語るのです。

横断チームの(物語の中での)議題の主眼である「001という薄さ」は、そこまで近いのか、あるいはこれ以上は入ってくるなというパーソナルエリアの究極なのかという視点は新鮮。16歳の誕生日に母親から受け取ったコンドームに同封された「必ずこれを使ってください、子供を受け取る資格、困るのは女、それは母親が中絶経験があるから、素敵な男の子になってください」という言葉の重さと深い気持ち。EDを告白する男に対してかけられる言葉「そんなこと云うの辛かったでしょ」という一言の優しさ。

開発者の物語であると同時にごくパーソナルなセックスを多面的に、時にあけすけに、しかし根底では優しく描く作家の、確かな一本なのです。

終演後に配られるコンドーム、物語で脚光を浴びていたポリウレタンではなく、ちょっと揶揄的に語られていた通常のラテックス版だったのは、まあご愛敬(高いしね、たぶん。)

| | コメント (0)

2019.11.10

【イベント】「青組」(月いちリーディング 2019/19)劇作家協会

2019.10.26 18:00 [CoRich]

90分 若い女にさまざまを教えている男、二人きりの教室。そこに男のかつての仲間がナイフを持って現れる。輝かしい革命の日々から姿を消した男を追ってきたのだ。

静かで美しい空間という雰囲気で始まった物語。劇中で語られる「黄色の国 」という小説が独特の音韻を持ちサブリミナルの力があるためにこれで革命を起こそうとした男たちの過去、そして外の世界では大きな戦争が起きていると言う具合にダイナミックに変化しながら終幕に向かいますが、終幕近く、これ全体が劇中劇だという片鱗をみせます。

終演後のディスカッション、作家の言葉によれば「肩透かしを目指したい」という意図があるようで、それは程度成功しているけれど、他の参加者からは登場人物の行動の意図が見えないという指摘もあり、たしかに何を観たのかわからない、という感じを受けるワタシです。

あるいは終幕近くの半ば荒唐無稽なさまざまに対して、特定の宗教や特定の国をそこだけ現実にリンクさせるように紛れ込ませることの懸念も指摘あり。物語全体がダイナミックに変わるからそこをアンカーのように理解の補助線的に置きたいという意図があるようなのだけれど、必ずしも効果的には働いてないきがします。

| | コメント (0)

【芝居】「吉祥寺の中心で愛を叫ぶ(松本みゆき)」のぞき部屋演劇 ミロ

2019.10.26 15:30 [CoRich]

観客が一人で覗き穴から観るスタイル、ワタシは2年ぶり。高円寺フェス2019 の一環、高円寺北公園の「こもれびクラフトパーク」に特設されたのぞき部屋にて。一本5分弱。

今回は役者6名と演目3つのマトリックスから選ぶスタイル。ワタシが選んだのは、松本みゆき×「吉祥寺の中心で愛を叫ぶ」。それぞれが別の芝居になっているのかはわかりません。亡くなった女が生きている女に寄り添っていろいろなひとり語り。ちょっと同性愛な雰囲気をもたせたシンプルなスケッチ。覗き部屋ゆえのクローズアップの構図のまま固定されていますが、息が届きそうな距離感ゆえのドキドキが持ち味。

公園に薄いスチロール版で作った小部屋の中に役者がスタンバイ、観客は外側から覗き見る感じ。役者の声をマイクで拾いヘッドホンで聞くスタイルなのですが、正直に云えばマイクの位置のせいか、公園で遊ぶ子どもたちの歓声も同じ程度に拾ってしまっているのはせっかくのヘッドホンなのにもったいない気はします。

| | コメント (0)

2019.11.08

【芝居】「ナイゲン 暴力団版」日本のラジオ

2019.10.26 20:00 [CoRich]

アガリスクエンターテイメントの人気作、高校生の文化祭の内容を決める会議から、大きな組に飲み込まれそうになる暴力団幹部たちの悲喜劇にリメイク。90分 、王子小劇場。

暴力団の定例会。組は弱体化しつつあり大きな組織との盃を前に相談役として送り込まれた男は、目障りな別の組の幹部の殺害を盃の条件に示してきた。初代組長からの幹部たちはその理不尽に怒るが、二代目の頃の幹部たちは現実的にそれを受け入れるべきだという。三代目を受け継いだ若い組長はまだ頼りなさを残している。

長い机の両側や端に椅子、その外側三方を取り囲むように客席。開場中に日替わりのゲストが「住み込み」役として登場し、茶を並べ、これからただならぬ人々が登場するという舞台設定。開演後、三々五々集まってくる人々、昔からの同士だったり、ここしばらくのそれぞれのシマの様子だったりを話しながら始まります。

高校生版のナイゲンは「内容限定会議」という文化祭のクラスの出し物を調整し確定する会議を、一年から三年のクラス代表が集まり、ときに圧力、ときに理不尽、しかしクラスの代表として意見を通さねばならない、というバランスに、学校の決定を伝える教師という絶対権力者という構図でした。今作は一年から三年を、初代から三代目の階層の幹部に置き換え、教師をより大きな組から派遣されてきてナイゲンなる人物の殺害を命じる理不尽な役割にしています。それぞれのクラスの代表として意見を通す、に対してそれぞれの組の勢力をどう守るかという一種のパワーゲームを絶妙な大人の理屈や狡さを随所に交えたリメイクは実に面白いのです。

暴力団の集会らしく一癖も二癖もある役者たちが圧巻の迫力。三代目を演じた浅見臣樹はまだナードな感じが抜けないけれど組を背負うという想いをきっちり。理不尽な相談役を演じた宮崎雄真の食えなさの造型がこの場の不穏さを作り出します。屁理屈をこねたり突っ込んだりという二代目世代を演じた淺越岳人のねちっこさや、初代の世代を演じた山森信太郎のどっしりとした感じ、安東信助が演じたのも同じ世代で、静かにしているかと思えば物語の要、通すべき筋を通し、絶望に向かう終幕の物語なのに、人々は前向きになっているという雰囲気をきっちり駆動するのです。

| | コメント (0)

2019.11.07

【芝居】「月夜のファウスト」長野県芸術監督団事業

2019.10.22 13:00 [CoRich]

長野県内各地を回る「トランクシアタープロジェクト」の大千穐楽。90分。松本市安曇保育園。

錬金術を使う老人、この世のすべてを知りたいと更に寿命を手に入れたいと願う。悪魔メフィストとの契約で名声を手に入れるが、あっという間に契約の20年が経ってしまう。

安曇という文字で安曇野市方面かと思えば、松本市内。とはいえ、松本から上高地線に30分ほど揺られ新島々で上高地行きのバスに乗り換え。帰りは始発停留所でチケットを手に入れないと乗車を保証出来ないという車内アナウンスにびびりつつ(ハイシーズンではないので大丈夫でした)、渓谷の集落にある保育園の体育館での公演。なるほどポータブルなトランクシアター。

恥ずかしながらファウストを芝居でみるのは初めて、一番ワタシに近い筈の手塚治虫の著作すら読んでいないワタシです。 ゲーテのファウスト を下敷きに、老人と悪魔、下男などをコンパクトに3人芝居に仕立てています。老いて静かに人生を諦める感じとまだまださまざまなものを手に入れたいと野心を持つことと、野心がやがて慢心になり無為に時間を過ごすこと、あるいは学問を究めても何も判らないという絶望をさまざなグラデーションで描きます。

コロスケと呼ばれる下男を狂言回し(時に冷酷なのも含め)にしつつ、年老いて自分を見つめ直したり怠惰だったりという男の物語。ごく静かに自分を見つめたり、悪魔に世界中を連れ回されちょっとはしゃいだりという芝居の緩急。芝居を見慣れている観客ばかりではなく、子供も年寄りもという客席で、祝祭感に溢れるというわけでもない芝居ですが、芝居の緩急に合わせて客席が緩い雰囲気だったり、息を詰めたりという感じで一体になる新鮮な体験なのです。

| | コメント (0)

2019.11.01

【芝居】「じゅうごの春」やみ・あがりシアター

2019.10.20 17:00 [CoRich]

アトリエファンファーレ東池袋。100分。10月20日まで。

去年までは完璧に夏休みの宿題を片付けていたのに、ノストラダムスの大予言を信じ地球は滅亡すると信じて何も手を付けていなかった男子中学生。去年を上回る自由研究に仕上げなければいけないと意気込んだが、そのプレッシャーで逆に何も手を付けられなくなる。宿題が終わらないまま夏休みは終わったが、宿題が終わるまでは学校に行くことができない。同級生が拾った銃をもらい受け、これで自由研究ができると考えるが。

15歳で夏休みの自由研究に躓きそこから引きこもりになってしまった男子。同じような引きこもり3人を並立して描き、いずれも自由研究ができないまま引きこもってるけれど、物語が進むにつれ、これは一人の男の15歳、25歳、35歳を描いていることがわかります。 年齢が進むにつれ、ガン黒ギャルだった姉はつましくOLになったり結婚を考えたり。父親はやがて自分が居なくなった後のことを心配するようになったり。同級生たちはそれぞれに仕事を持つようになり、と変化していくけれど、年齢を重ねることは同じでも、この男はずっと引きこもり、自由研究と称して何も成すことなく、年齢を重ねていくうち、強い重圧に押しつぶされそうになっていくのです。

ともかく待っていると言い続ける教師はもちろん強い善意でやっているのだけれど、それが重圧であり逃げ場を塞いでいる感じ。銃の存在は、それで教師を撃ち殺したか、あるいはやけに色っぽい同級生を撃ち殺したか、という不穏なシーンがあるけれど、おそらくはそれは事実ではなく、そうできればそこで断ち切れた筈の、逃してしまったタイミングの後悔。

35歳になった男を訪ねてくるサポートカウンセラーは、「自由研究のノート」の中に、この引きこもっている男を観察し続ける父親の「自由研究」が混じることをみつけるのです。むしろ父親の方が近い年代。もっとも何も成し遂げていないという意味では私も同じわけで、両方に挟まれるように感じる私、見守り見守られる20年間を思うと、ちょっと泣けてくるのです。

| | コメント (0)

【芝居】「小刻みに 戸惑う 神様」ジャブジャブサーキット

2019.10.20 14:00 [CoRich]

岐阜の劇団、ジャブジャブサーキットの新作。110分。こまばアゴラ劇場。

葬儀場のロビー。劇作家の男が亡くなり通夜の夜。長女が喪主を務めているが、夫は行方不明のまま数年が経っている。息子は祖父が亡くなったことが悲しくてたまらない。二階では元町長の派手な葬儀が行わているが、こちらは故人の遺志で家族葬のように静かに。
葬儀場のスタッフが足りなくなり、フリーの葬儀プロデューサなる人物を紹介される。家族葬なのに若い見知らぬ女が訪ねてくる。

初めての慣れないことでそれが通例なのか、トンデモなのかが誰にもわからない葬儀の場をベースに、静かに去りゆく年嵩の男と、残された人々の想いと緩やかなつながりを描きます。

亡くなった本人と、既に若くして亡くなっていたその妻や友人を幽霊のように同じ場に混在して描き、あるいは亡き祖父の眼鏡をかけて祖父の若い頃が同化する孫など、死者が生者を見守るように描かれる物語はあくまでも生きている人々に優しく寄り添うのです。

「逃げ癖の付いた」夫の存在の不穏さもまた、一緒に暮らしていたという女が存在することで見守るように描かれます。あるいは明らかに怪しいフリーの葬儀プロデューサと助手、一癖も二癖もあって一筋縄ではいかないけれど、亡くなった男が、仕事を通して作品と人を残したのだなと思わせる距離感。二階の元町長よりも数段派手になったという告別式(とはいえ、台詞だけですが)の痛快さも楽しい。

| | コメント (0)

【芝居】「PROMISED LAND~遥かなる道の果てへ~」ネオゼネレイタープロジェクト

2019.10.11 19:30 [CoRich]

10月13日まで劇小劇場。120分。

宿と酒場と食堂を兼ねた建物のロビー。ずっと居る男二人、何かを待っている。訪れる女たちは戦争や追っ手から逃れてきた姉妹、あるいは指輪を集めれば全てをリセットできると信じてる女、あるいはコンビニおでんを持った銭湯帰りの男も紛れ込んでくる。

西部劇風に建て込まれたセット、そこにSFや銭湯帰りという要素を混ぜ合わせながらの物語。時に願えば開く扉、サイコガンを装着した姉とその妹。行き交う人々がそれぞれに背景や傷を持ち、何かを求めたり、あるいは何かを待っていたりというセミオープンな場所。

とりわけ、様々な人が行き来する酒場で何かを待ち続ける年嵩の男たちが味わい深い。長い間一緒に居るかれどじつは敵同士、待っていると約束をしたからここにいる、長い長い時間がこの二人の間に流れている味わいなのです。本や映画、酒などの好みの違い、あるいは同じということを判って話してるハイコンテクストな会話が心地いい。演じた猪股俊明、井村昂の二人の軽妙で味わいのある会話の奥行き。

| | コメント (0)

2019.10.30

【芝居】「なかなおり/やりなおし」イチニノ(第24回 まつもと演劇祭)

2019.10.6 12:00 [CoRich]

茨城の劇団、ワタシは初見です。信毎メディアガーデン。まつもと演劇祭、ワタシ的にコンプリート最後の一本。

公務員だった女はこの街が好きでコンパクトシティを実現すべく奔走していたが、政争に巻き込まれ、「すべてを忘れることにした」と書き置きを残して抜け殻になってしまった。その娘はこの街が嫌で出たが、タウン誌の取材で友人をつれて訪れる。何も変わっていない落胆もあるが、母が想っていた街を感じる。

かつては理想の実現のためにガッツリ働いていた母親、この街が嫌で出たのに、半ば仕事で友人を連れて訪れると「外の目」で気づかなかったこの街を感じながら。現在の母親はアルツハイマーを思わせる造型で、この母娘が過ごし、あるいは離れて過ごしてきた年月を感じるのです。

タッパの高い劇場、シンプルに空間に余白を残し、ときにはしゃぎ、ときにコミカルだったりもする芝居をたった四人で作り上げるのです。あちこちに旅をして上演しているという劇団、コンパクトで、しかし劇場に合わせて上演できる柔軟な芝居、なるほど名刺のようにあちこちでポータブルなのに見応えのある芝居。

| | コメント (0)

2019.10.29

【芝居】「花火みたい 2019」いるかHotel(第24回 まつもと演劇祭)

2019.10.6 10:00 [CoRich]

2000年初演作 のエピソードを整理し、1時間に短縮した上演。まつもと市民芸術館 小ホール。

結婚を決めたカップルが叔母の家に報告に訪れる。女の母は幼くして亡くなっている。河原を歩く途中、和服の女に線香花火に誘われる。
その叔母の家の娘は漫才志望で友達と二人、反対する母親をなんとか説得して大阪に出る。
芝居を辞めて田舎に戻る女、4年の筈だったがもう14年。周囲は引き留めるがその意思は堅い。その部屋を不動産屋が訪れる。

以前は4つのエピソードで休憩込み3時間だったものを、結局3つのエピソードで1時間に再編成。以前の記憶は曖昧だけれど、それでも詰め込んだという感じではなくて、全体のながれはゆっくりで、そして優しいのです。

カップルが出逢った浴衣の女にみた幼くして亡くした母の面影。それが幽霊かもという疑念はあとであっさりと否定されるけれど、そう考える気持ちを守ろうという優しさ。あるいは、夢破れて故郷に帰る女のさまざまな想いと、同じ部屋にこれから入ろうとする漫才志望の若い女。かつての自分を重ね合わせるようなある種の眩しさを感じるのもまた、過去の自分に対する優しい視線とも言えると思うのです。

| | コメント (0)

«【芝居】「ゴースト・プラネット2」サムライナッツ(第24回まつもと演劇祭)