2017.10.20

【芝居】「哀しい夢すら、忘れてしまう」sleepwalk

2017.10.9 19:30 [CoRich]

上野友之の演劇休止前最後の一本。 10日までAPOCシアター。80分。

小説家志望の作家は友人の編集者に持ち込むがなかなか採用されない。ライターの仕事を紹介され若い実業家にインタビューするが、秘書をするその妻への取材を重ねるうちに恋仲になる。進展のないまま、夫婦は海外へ移住し自然消滅したが、夫婦は妻の病気で帰国して男と再会、夫婦が別れることを知る。
男は小説化として売れていて原作の舞台化が進んでいる。不倫に揺れた若い女優を主演に推すが、それは編集者がかつて教育実習での教え子だった。

トレンディドラマっぽい、と云われることも多い作家。いくつかの点描が交錯して人々がつながるのは毎度のことながら見事で、巧いのです。表だっては云えない男女の関係、あるいは売れないアイドルとしての日々やうまく行かない教育実習、友達の少なそうな生徒が教室とは別のサイドバンドとしてのコミュニティ。年月を経て久しぶりに会えば、恋心は冷めていたり、高校生は成長していたり、教育実習の先生は編集者として違う立場で向き合っていたり。コンパクトにまとめられた一本だけれど、時間が流れ変化したり成長したりしているひとびとをぎゅっと濃密に俯瞰してながめるような楽しさ。

正直にいえば、たとえば高校の同級生の男、編集者を辞めて書店を開いた男、あるいはアイドルのマネージャーなど魅力的な人物が他にもいるのに少しばかり物語の厚みに差があるのは惜しいところ。男性二人に関して云えばこれもまた時間の積み重ねによる変化を描いているのです。

作家の戯曲の癖なのか、モテる割に巧くいかない男というのを描くのが多い気がするけれど、終盤では編集者と作家、それが人から見抜かれ指摘されることで、やんわり近づいていた関係を再確認し、挙動不審に照れたりしつつ、この二人で進んで行く感じは幸福感に満ちあふれるのです。

アイドルの同級生を見に行くために、女子高生と教育実習生がライブに行き、終演後にあって感激しまくり盛り上がるシーンの女子たちのわちゃわちゃした感じ、とりわけ教育実習生が感激しすぎて一番ダメな感じに盛り上がっているのが微笑ましく、楽しい描写で嬉しくなっちゃうアタシなのです。

作家を演じた倉田大輔は責任取りたくない感の面白さ、あるいは恋仲を指摘されての挙動不審がちょっといい。その相手、編集者を演じたぎぃ子はくりくりと動く眼が可愛らしく、コミカルが微笑ましい。不倫関係になりかけだった女を演じた佐藤蕗子は実に色っぽく、魅惑させる説得力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

【芝居】「光の帝国」キャラメルボックス

2017.10.7 18:00 [CoRich]

65分だった2009年初演作を100分に拡大して全国ツアーとして上演。 5日までシアター1010のあと、 8日まで たましんRISURUホール(立川市市民会館)。 そのあと、埼玉、愛知、大阪、広島、鳥取、新潟までの全国ツアー。

常野(トコノ)という特殊な能力をもった人々の物語を短編連作として書かれたものの中の一本。

初演よりは軽快になった感じがしますが実は初演の印象がわりと薄かったワタシです。記憶力が優れていることと、人の記憶を「しまう」不思議な能力を持つ家系ということのつながりがわかりにくいのは初演と同じ印象。記憶力はもともとの能力で、それが成長につれて「しまう」能力が発現するということなのかな、と思っています。 引っ越しばかりでなかなかできない友人。親とは違う距離感で居られる年の離れた近所の医師が「ともだち」 になること。なかば巻き込まれる形で、その医師の最後に立ち会うことになって、その男の人生を「しまう」ことの初体験を迎えること。医者の長男は医師にはなりたくなくて映画監督になりたくて、父親の元を訪れていたのは金の無心だけれど、元で父親が監督志望の長男をずっと見守っていた(のに隠していた)ことが「しまった記憶」のきっかけで長男にきちんと伝わること。

末っ子の成長譚と映画監督になる夢を持っていた男が父親からの想いに気付くというのがメインの物語なのに、 謎の組織から追われることになる過去の先生の話や父母が命を落としたりといった、すこしばかり毛色の異なるミステリっぽい要素が入り込むのに、そのこと自体は解決されないのは少々の違和感があります。もちろん、特殊な能力故に迫害を受けるという大枠の中での連作の中の一つである原作の位置付けをきちんと描いたがゆえなのでしょうけれど。

少しヒールな監督を演じた鍛治本大樹のひねた厳しさはもう安定感の域へ。今作で何より印象を残すのは、近所の医師を演じたゲスト・原口健太郎で、家族とも学校とも違うサードプレイスとしての「近所のおじさん」っぷりが実説得力を持っています。

続きを読む "【芝居】「光の帝国」キャラメルボックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.11

【芝居】「カーテン」日本のラジオ

2017.10.7 14:00 [CoRich]

9日まで三鷹市芸術文化センター星のホール。100分。

本土との対立が厳しくなっている島の国立劇場が占拠されている。客席に座らされ布で顔を覆われた人質たち。膠着状態は続き、犯人たちは動画を投稿して主張を繰り返している。外国から招聘されてきていた演出家と通訳、劇場スタッフなどが人質になっている。制圧までの4日間。

星のホールを逆使いし、舞台上に客席を設置し、通常の客席を「占拠された劇場の客席」に見立てて描かれます。役者は基本的にずっとその場にいるけれど、顔に布をかけているときはいないもの、というフォーマットで、島出身、本土出身で混在する占拠する人々、時に脅かし、時に少しの会話をして、緊張感はあるけれど、どこかゆっくりとした空気。

劇場の占拠とそれが数日にわたったあと制圧されたという事実と、そのぼんやりとした人々の背景は語られるものの、物語のきちんとした背景はほとんど当日パンフレットにゆだねられます。 細かな会話が断片的に交わされ、いくつかの人々のつながりは描かれるものの、物語を描くこと自体よりは、そういう人々の過ごした緊張感と空疎さが同居する時間の経過を描くことに主眼がありそう。 作家が「カーテンの元ネタ」と題して千秋楽後に連続ツイート(ここから)しているのは文庫本の解説のようで楽しいし、そのあとのいくつか(twitter)なども、そういう意図で描かれたのだということがわかります。まあ正解とかどうとかではなく。物語の運び自体には主眼がなくて、背景の細かな描き込み、あるいはボンバーマンのような人の動きなど、要素を並べて描こうとしていることはかなり成功しています。 不思議と眠くなるようなことはないのだけれど、が、そこで何が描かれたのか、ということを掴みたい気持ちになるのもまた、私の偽らざる気持ちだったりするのですが。

テロリストのリーダーを演じた今村圭佑は終始高いストレスに苛まれた男という高テンションのちょっと凄い造形。それを唆すかのような年上の男を演じた吉岡そんれいの不穏さが重奏低音のようにジワジワと効きます。島の宗教的象徴の三人姉妹を演じた三澤さき、松本みゆき、藤本紗也香のフラットさは人々が信じる芯な雰囲気、劇場職員を演じた安東信助、田中渚、木村みちるのコミカルさがワタシには見やすいリズム、招聘された演出家を演じた横手慎太郎のどことなくクズっぽい感じもやけにリアル、振り回される通訳を演じた太田ナツキがちょっと楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【芝居】「真っ赤なUFO」青年座

2017.10.6 19:30 [CoRich]

太田善也による青年座の書き下ろし、第二段。 8日まで青年座劇場。休憩10分を含む150分。

親から受け継いだ町の印刷工場の社長。先代ほどの威厳はなく業績も思わしくない。近所の親戚からは妻の浮気をほのめかされている。娘は恋人を紹介しようと父親の誕生日にあわせて母親と会食を計画するが、手違いで対面した恋人はいい歳をして定職につかず芝居をしている男だった。何もかも絶望的になったとき、庭で強い光を浴びて気絶する。
気絶しているところを家族に発見されたが、その記憶からUFOにさらわれたのではないかと思われ、テレビのミステリ番組のために、ロケ隊がやってくる。

前半は平和な日々に見えて、働き盛り中年男が八方ふさがりに追いつめられていく様をゆっくりと。日々うまくいかない町工場の仕事の中、妻の浮気、穀潰しな恋人を紹介する長女というショックが気持ちをおそいます。その中で体験した強い光と、白くかすんだ先にぼんやり見えた人影。昭和のある時代、信じる信じないにかかわらず世の中では間違いなくメジャーな話題の一つだったUFOや宇宙人といったミステリーに組み合わされる物語の枠組み。 中盤では圧倒的な力を持っていて視聴者も出演者もテレビを半ば盲目的に信じていたころの少しばかり牧歌的な風景。UFOを信じる信じないをまじめに議論するゲストたち、カメラが到着せず録音とスチルカメラだけで乗り切ろうという勢いも時代の雰囲気。 ディレクターが地味な絵を少しでも魅力的にしようと、少し「盛った」演出を仕掛けたことで展開する物語。

こういう話題だからこそわずかな嘘があってもいけないと信じ、あるいは多少の同情はしながらも容赦なく事実を追求する研究者の狭間で、そのUFOの話は作り話だったとされてしまうこと。せっかく盛り上がった家族だけれど、水を差されすべてを失うかにみえたけれど、そこから仕事に再起をかけてしばらくたった終盤、地道に生きるようになり再び絆を取り戻した家族なのです。

休憩を挟み長い芝居ですが、追いつめられたりコミカルだったり、大騒ぎだったりのお茶の間ドラマのような物語の運びはよどみなく、少しのデフォルメで描かれる人々がとても愛おしいのです。それはシリアスな芝居からこんなハートウォームな芝居までカバーする青年座という劇団の強さでもあるのです。 父親を演じた山﨑秀樹は追い詰められた男からUFOにさらわれ明朗快活になる後半のコミカルな仕草まで物語の中心にどっしりと。母親を演じた小林さやか、姫とよばれるほどの可愛らしい女優だけれどもうすっかり母親もきっちりと。とりわけ後半、変わった夫に対して見守るような視線がしっかり。UFOを信じる小説化を演じた平尾仁は奥行きと慈愛、しかししっかりとした矜恃。UFO否定側の学者を演じた山賀教弘は(今作の)作家を思わせる癖のある造形がちょっと楽しい。

真っ赤な嘘、の筈の出来事が本当かもしれない、という終幕はちょっとばかばかしく、そしてファンタジーがちゃんとあって作家の遊び心。舞台となる1978年はワタシにもどんぴしゃな世代、有償パンフにあるその時代のできごとが、いちいちワタシにヒットする(「微笑みがえし」に「600こちら情報部」だ、なんせ)選択なのがまたよいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【芝居】「jellyfish」なゆた屋

2017.9.29 20:00 [CoRich]

なゆた屋、増席のおかげでキャンセル待ちから入れました。ありがたい。終演後には+1000円(ドリンク別)のバイキング付き。10/1までBlue-T。

記憶をなくす病になった母親、家を整理している娘が誰かの日記を見つける。弟は天才画家、自分は認められていないままで母親に認められる機会もなくしてしまった。父親とは別の男が喫茶店を営む母親の店に訪れ、子供たちと遊んだりしている。

モノトーンの衣装、日記から想起される過去のこと。父親とは別の男に好意を寄せる母親と子供たちという大枠を保持しつつも、いくつものバリエーションが描かれます。たとえば天才画家となった弟と自分を向いてくれなかった姉。たとえば海水浴で弟を亡くしてピアニストとして売れている姉。たとえば好意を寄せた母親との関係を絶った男が時間が経ってから店を再来し大人になった子供たちを目にしても、自分のことが認識されないこと。

トンネルをくぐった向こう側に見えた別の風景のように、あったかもしれなかったこと、選択したのとは別の道の結末を描くのです。あったかもしれなかったことを夢想することのよう。どれが真実かは明確には語られてない気がします。この手触りの物語だけれど、中身はちょっと不思議なSF風味。クラゲのように漂う人々を丁寧に描くのです。

終幕、最初のシーンのリフレイン、母親と出会った男、しかし終幕ではその誘いを固辞する男。何年も時間が経ち、大人になった子供たちがいる店に、その男が久々に訪れ、あのときに印象的な会話を交わしたはずの携帯ストラップを見せても、もう反応はなく。あのときそうしておけば、の気持ちの切なさは、年齢を重ねたからわかる感覚でもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.07

【芝居】「人形舞台 雨夜の緋い月」綾乃テン

2017.9.24 15:00 [CoRich]

まつもと演劇祭、ワタシ的ラストの一本。初見の劇団。 深志神社 天神会館。60分。一人芝居として演じられたこの演目を演劇祭終了後の月曜日に、生演奏付きのフル版(YouTube)として上演します。

山の向こう側の村の祭りで出会った若い男を見初めた女、逢いたくて仕方がない。夜のうちに山を走って男の元へ行って戻ってくればよいと思いつき実行する。手に握った米は堅く握って走るうちに餅になっている。やがて男は女を少し疎ましく思い、夜中にそんなに早く走ってくる女は魔物ではないかと人に云われて恐れるようになる。

信州の民話「つつじの乙女」を原作とした人形劇を一人の操り手というスタイル。人形浄瑠璃が近いといえば近いですが、演者が一人であることとわりとポップな動きが可能になるやりかたのおかげだ、びっくりするほど見やすいのです。 所々には台詞を挟みつつもそれはごくわずか。布と面だけの面妖な「もの」だったり着物を付けた人形を操りながら演じられます。人形浄瑠璃のテイストではあるけれど、操者の手足の使い方がポイントで、片手を腰にして艶めかしい動きをしたり、あるいは男女の関係を表したり、すいぶんとあけすけに。 人形浄瑠璃的なビジュアルゆえにゆっくりとしたものを想像していると、走ったり、祭りでそぞろ歩いたりとわりとポップな印象でスピード感もあって、そうか、舞踏の要素をミックスしたのだなとわかります。 舞台奥にかけられた面や照明一つで、祭りの中をふらふらと歩いている序盤、あるいは狂ったように山道を駆け抜ける女の血走った感じ、男女のなまめかしさなど、まさに「体験」として新しいものなのです。

続きを読む "【芝居】「人形舞台 雨夜の緋い月」綾乃テン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【芝居】「HOME」HOME

2017.9.24 13:30 [CoRich]

まつもと演劇連合会の芝居塾企画の卒業生による劇団による公演。演劇祭には初参加で、実は初めて拝見します。上土ふれあいホール。

いつも夏に一人旅をしている母親が血のつながりのない大学生の娘を半ば強引に旅に誘う。道中偶然であった女と同行することになるが、実は母親の依頼を受けた探偵で、旅の行き先で実の姉妹たちと会わせ、一緒に暮らすようにし向ける。

血がつながっていないことは知らされていたけれど仲のよい母親と娘。その親子が初めて訪れる海辺の旅館への旅。自らの病気で人生の限界を知った母親が、それが娘のためになると信じての行動だけれど受け入れられない娘の物語。

その家には存在しないはずの少女がその母娘には見えるというのが一工夫で、亡くなった者が少女の姿として現れるのだ、ということを示しつつ、それが亡くなった実母だということが見えてくる中盤。 娘と姉妹たちをとりなし、病に向かい怯える母を癒し待っていると、人々を見守ります。二人は幼なじみで、子供のできなかった幼なじみの深い悩みに寄り添って末子を養子に出すことに決めたが、同じ場所で暮らしていると産みの母のもとに戻るのでは無いかと恐れた養母が遠くに引っ越したという背景。優しさに満ちた物語そのものが眩しいし、それを派手な演出に頼らずを会話劇として丁寧に紡ごうという姿勢も心地よいのです。

正直にいえば、仲のいい幼なじみとはいえ、養子にするということに対して少々カジュアルすぎないかとか、連れ去るように消えたのに今更引き合わせるのに苦悩が弱くないか、あるいは探偵との対比はあれど、物語を通して状況を娘たちが受け入れるまでになぜ変化したかが見えづらいように思ったりもします。

アタシの拝見した日曜昼の回、たいへんな晴天で少々室温調節を失敗したのか、かなりの暑さにぼおっとした、ということは否めなくて、アタシが芝居の大事なことを何か見落とした可能性も捨てきれないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.02

【芝居】「真空回廊」空想≠カニバル

2017.9.24 10:00 [CoRich]

長野市を中心に活動する劇団、まつもと演劇祭にホーム枠で参加。 ピカデリーホール。

米国の技術での宇宙開発が基本の文科省管轄のJAXAと対立する、防衛省管轄の有人宇宙開発機能UUKKは日本独自の技術で有人宇宙飛行を目指すが、成果も思わしくなく省庁間の競争に敗れ解散が決まった。残り少ない時間の中、倉庫の奥で発見したのは、太平洋戦争時代に開発された特攻兵器、桜花の機体だった。

実際の効果はともかくロケットの技術で作られた桜花という史実をベースにしつつ、人を乗せる機体が人を生きて帰還させるべきだという一人の技術者の想いが強化されたコクピットを持つ機体となり残っていたというファンタジーを織り込みます。特攻兵器の遺産という悲惨な題材を有人宇宙飛行に結びつけつつポップに描くバランス。生半可な覚悟では手を出しづらいところだけれど、エンタメとして引き込まれるパワフルな舞台になっています。 特攻という史実と思想の重さに対して語り口が軽すぎではないかと思わなくはないのですが、少なくとも舞台を観ている最中は帰還という一粒のファンタジーを盛り込み、題材に対する敬意も感じられて、楽しんだアタシなのです。

指で飛行機の形をつくり、ごっこ遊びよろしく空中戦を描いたり、あるいは早いビートの曲にのせて語ったり、時節柄の北朝鮮ネタを盛り込みつつ。あるいは唐突に現れる公家風の男がテレビアニメのアイキャッチのように現れたりと、盛りだくさんの遊び心。これもまた惑星ピスタチオ的だったり、あるいは柿喰う客のような雰囲気で登場人物の将来の夢を紡ぎ出しているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【芝居】「3sheep」ユニークポイント

2017.9.23 19:00 [CoRich]

静岡に拠点を移したユニークポイントは、まつもと演劇祭に地方劇団のビジター枠として参加。上土ふれあいホール

期末の教務会議。生徒の進級可否を決めるために三人の教師が集まる。この学校に勤めはじめて一年が経った女性教諭、学校で期待されている野球部の顧問をしている男性教諭、主任らしい年上の男性教諭。

会議室の一室を思わせるテーブル、待っている女性。公演場所となっている上土ふれあいホールはじっさいのところ、天井も低く会議室のようなスペースなので、この物語にはよくフィットする演目なのです。

点数がだめでも出席日数や課題、補修など考えられるあらゆる方策でなるべく進級させるようにしている学校。かならずしも進学校とか優秀な生徒ばかりじゃないいわば中庸な学校の今の姿が徐々に浮かび上がる描き方は手慣れた感じ。最近学校の近くに引っ越してきたのに今更野球部の練習がうるさいと文句をつけてる近隣住民なのにひたすら低姿勢に接することの不満もまた今時の学校の姿。

何人かの生徒の評価を進めるうち、ひとり、自殺した生徒がいることが明らかになる後半。新任ではないとはいえ、勤めて一年にして担任がそうなってしまった女性教諭。学校も教師もことさらに非難されることもなく表向きは遠くに引っ越したと説明されていること。やがて言いよどみながらその背景が開かされるのは不謹慎ながらじつにスリリングな体験です。

女性教諭への恋心を打ち明けられてそれを断ったこと、それを語らずに秘めていたこと、抱えきれず打ち明けてしまうこと。 引っ越したことになっているのに生徒たちはだれも手紙すら書こうとしない、いじめなどはなかったことになっているけれど、もしかしたら孤立していたかもしれない生徒、その向かう先が恋心や告白だったかもしれないこと。自殺してしまった生徒はもう救えないけれど、書類に書く担任所見は葬式というか弔辞のようなものだ、という女性教諭の思いつきはやがて、その生徒に成り代わりほかの生徒たちに手紙を書くといいだします。終幕告げられる妊娠と産休は、今年受け持ったクラスとしばらく向き合うということで、新しく生まれる命と失った命の対比。

もっとも、この会議が開催されるほどの年度末、突然の産休の宣言はせっかくまとまった時間割や担任の構成のやり直しで、おめでたいけれどため息のでる現場の本音がかいまみえるよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.27

【芝居】「大阪、ミナミの高校生 2」趣向ジュニア

2017.9.23 18:00 [CoRich]

趣向ジュニアとして、精華学園精華高等学校演劇部「旅する演劇部」に、木内コギトを加えた座組での公演。徳島での上演のあとのまつもと演劇祭参加。ピカデリーホール。

反省文を何度も書き直しさせられる女子高生、同級生の恋人と早朝の教室でしてしまったことを叱られている。反省文の書き方はおろか、なにが叱られているかがわからない。ずっとまじめに考えているのに、何日間も。

女子高生と教師二人の会話を軸の物語として、そのシーンを挟むように、高校生の等身大の語り口での、恋愛にまつわる一人語り。それぞれの素なのか作り上げた台詞かはわからないけれど、奥手だったり進んでいたりといろんな高校たち。もうそれだけで眩しい。 いわゆる進学校ではない学校。反省文といっても繰り返しあやまるだけの文章を延々と書いたものを出してくるような幼さと、教室でセックスすることの素朴さと。大人びてみえるけれど、やっぱり幼い感じ。 結局は許されないバイトがバレて。退学になって行方が判らなくなってしまうのは悲しいけれど現実っぽいはなし。 恋人である男はさっさと反省文を上手に書き上げて反省するように巧く立ち回ったけれど、この芝居の彼女は、幼いなりに懸命に考えて「なぜ教室でセックスしてはいけないのか」にひたすらに向き合うのです。先生がこういうから、ということに引っ張られずに、法律にあるわけでも校則にあるわけでもない「常識」を疑うことの純粋さ、だけれどそれが高校生にもなって、という危うさ。この年代だからこその瑞々しくて、もうひたすらに眩しい。

と言うぐらいの学校なので、まっとうに数学を教えられなくて足し算から、みたいな教師の苦悩もまた現実。演じた木内コギトが実によいのです。金曜夜に行われたシンポジウムでは作家・オノマリコ、旅する演劇部だからこそ、晒すような等身大の自分を語ること、それがある種の自信を得られることを語っていて、確かにこれは教育の一環なのだということも、しっかりと見えてくる一本なのです。

朝一番の劇場まわりでは、輪になって発声練習、なんて姿の横でひなたぼっこよろしくぼんやりとした朝、なんてのも演劇祭のおもしろさなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧