« 【芝居】「筋書ナシコ」ラッパ屋 | トップページ | 【芝居】「ありふれたはなし 2016」猫の会 (松本公演) »

2016.07.05

【芝居】「SYNDICATED!! vol.1」theater 045 syndicate

2016.6.26 13:00 [CoRich]

普段は稽古場として使われているビルの一室(と隣の臨時スペース)で公演を打つ企画の第一回。26日まで横浜ベイサイドスタジオ。休憩5分を挟み80分。

町中の風景、ちりんちりんとベルを鳴らして走るおじさん、デスコに行こうと誘う女、町中のティッシュ配りの男、帰宅し母親に苛つく息子「げびた驢馬」(作演・木村和博)
線路際で自殺しようとしている男。そこにもう一人同じことを考える男が現れる「命を弄ぶ男ふたり」(作・岸田國士 演出 中山朋文)(青空文庫)

「〜驢馬」はプロジェクターで文字を出しつつ、何人かの人物を点描するように描きます。正直にいえば、「パフォーマンス」ということ以上の物語がアタシには読みとれず少々戸惑います。「ちりんちりん」のおじさんを町中で見かける若い男、そのおじさんが意外な活躍をして風船をつかんでみたり、自転車壊れてみたり、雨が降ってる中ビニルのお手製合羽で走ってたり、というさまざまな「生活してる」感じの描写が印象的。

「命〜」は元々土手の上を走る線路に設定されている原作に対して、掘り割りの下を走る線路という設定にしているようですが、物語そのものに大きな違いはありません。飛び込んでみたり、這い上がってみたりがちょっとコミカルで、どちらが先に死ぬべきかを言い合ったり実力行使に出たりと、まさに「弄ぶ」感じなのです。

|

« 【芝居】「筋書ナシコ」ラッパ屋 | トップページ | 【芝居】「ありふれたはなし 2016」猫の会 (松本公演) »

「演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

かわひさん
細かいことで申し訳ありませんが、このページのcorichへのリンクが、ラッパ屋の筋書きナシコになっています。

投稿: 清角克由 | 2016.07.10 11:44

あああ、すみません。今さら気付きました。修正します。

投稿: かわひら | 2016.08.07 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/63837106

この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「SYNDICATED!! vol.1」theater 045 syndicate:

« 【芝居】「筋書ナシコ」ラッパ屋 | トップページ | 【芝居】「ありふれたはなし 2016」猫の会 (松本公演) »