« 【芝居】「消失点」JACROW | トップページ | 【芝居】「『鱈。』の(に)」Hula-Hooper »

2015.05.26

【芝居】「わが星」ままごと

2015.5.16 19:30 [CoRIch]

2009年初演作にして岸田國士戯曲賞作を4年ぶりに再々演。 ( 1, 2 ) 6月14日まで三鷹市芸術文化センター 星のホール。90分ほど。動画や戯曲の冒頭などが収められたサイトも楽しい。

アタシの友人によれば、宇宙の大きさに関わる記述が削られたりと、丁寧に手を入れているようですが、例によって記憶がザルなあたしには、いままでと変わらず、圧巻の安定感という一本。初演のときのある種のお祭り騒ぎやライブ感も丁寧にそぎ落とされ、そういう意味では磨き上げられ、純度が上がったな、という印象です。アタシが見慣れてしまったのか、あるいはそのノイズがアタシには大切だったのか、ココロ震わせられるようにダー泣きする感じではないけれど、リズムに乗り、ちーちゃんが家族たちと暮らした日々、幼なじみのツキちゃんと遊んだ日々や成長、あるいはみんなが居なくなり独りになった時に光に乗って現れる男の子たち、みんなが愛おしいのです。

劇作家がいくつかいい作品を作りつつも、多くの人々にリーチできて評判がいいという作品はそうは多くはありません。さらに賞を取って、賞がとれたことで人気が上がって、あちこちで上演されて、わりと久々に、しかも改訂され三鷹で上演、でも劣化を感じさせない、というところまで行ける奇跡はそうはありません。しかも役者も三鷹の初演再演とほとんど変わっていないのです。

こうなってしまうと、役者ゆえの仕上がりというところもあって、とりわけ、ちーちゃんを演じた端田新菜は彼女以外にはもう考えられません。いつまでも続けていける芝居だとは思うけれど、いつまで彼女が続けられるか、あるいは世代交代をしていくか、なんてことを考えてしまうほど、ずっとずっと観続けていきたいと想ってしまうのです。未だ若いのにね。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「わが星」ままごと:

« 【芝居】「消失点」JACROW | トップページ | 【芝居】「『鱈。』の(に)」Hula-Hooper »