« 【芝居】「ダーリン!ダーリン!」ズッキュン娘 | トップページ | 【芝居】「台所の女たちへ」青年座 »

2014.09.01

【芝居】「アタマ、大丈夫」艶∞ポリス

2014.8.22 20:00 [CoRich]

休演日を挟んで28日までサラヴァ東京。90分。渋谷で20時開演がアタシには(渋谷駅からはやや遠くても)嬉しい。

1)ホテルの訳あり男女、実はちゃんと相手のことがわかってない。しかも新婚の男は彼女からの電話に出た挙げ句。
2)ウェディングプランナーに相談に来たカップル。持ってきた曲はすべて却下され、女は面白くない。まして、妙な提案まで
3)病院を併設しケアができるペットショップの待合室。飼い主と犬が三組。CMが決まったタレント犬、雑誌に載った雌犬、なんかぼやっとした犬。鼻にかけたタレント犬は言いがかりをつけて。
4)幼稚園の朝。母親が先生に話があると呼び出す。強い調子にならないよう注意深く言葉を選ぶ母親は、自分の娘がいじめられている、と言い出す。
5)幼稚園で遊んでるこどもたち。ひとり女の子が自分の遊びたいことばかりやるけれど、まわりも追従する。やがて、「銀座ごっこ」をするといいだす。

ゆるやかに登場人物を共有する5つの風景という構成。 キャスト表は、上から初めて出てくるキャラクタに対して役者を紐づける、という感じで書かれています。小劇場のオムニバスの常として、一人の役者が別の役を兼ねていて、それはその都度紹介しつつも、役の上で同じ役者が同じ役を演じる場合はそれを繰り返さない、という配役の書き方はその意図もルールも実ははっきりしています。最初こそ戸惑うものの、配役表の意図がすっと(少なくともアタシには)わかるというのが嬉しい気がします。

(1)は序盤らしく、ビンテージファッションの女とパンツ一丁な男のプレイ。商売ではなくてワケアリの二人実は互いの性癖がわかってなったりという序盤から、男は新婚で妻のことも気になっていて、女は言い出せないけれど自分の誕生日でという二人の関係とその外側に居る人物たちへのスタート地点となります。最初らしくインパクトで押すのもいいし、終盤で女が見せる微妙な表情もいい。全体の終幕でキックをかますのもカッコイイ。

(2)は(1)の男と、その妻との結婚前、ウエディングプランナーとの相談の場面。出来る女ふうのウエディングプランナーがこの夫婦の考えて来た披露宴の選曲を、定番過ぎるとかアーティスト離婚してるとかことごとく却下する序盤。不満の溜まる妻と、ウエディングプランナー二人きりのわかりやすい女の火花の中盤が圧巻。言葉そのものは普通に年上とか、結婚するとかしないとかネイルとかを褒め合ってるだけなのだけれど、そこにいちいち自分が優位に立つための一言を挟んでマウンティングしまくる会話のキレがいい。終盤では、そのプランナーの提案があからさまにキチガイのそれにという狂いっぷりも見事。全体の中では(5)の女の子の成長後ということと、(1)の男の妻への顔という役割。

(3)は犬を連れた女たちの、これも女たちのマウンティングの会話なのだけれど、その関係が波及したりしなかったりする犬たちも俳優が演じて、雄2×雌1の駆け引きを重ね合わせます。セレブ犬だったり、清楚に見える雌の恥ずかしい性癖だったり、あからさまに馬鹿犬っぽいのにちょっと格好良かったり。ぼんくらがヒーローってのはいいもんですし、あっさりとフラれちゃう終盤のすとんと落とす感じは、よくあるといえばそうだけれど、気持ちがいいリズムです。全体の中では(1)の女、(2)でちょとだけ現れる女を結びつけるぐらいの役割しか担わないけれど。

(4)は下手に出ているようでその実モンスターペアレントな母親と幼稚園の先生たち。自分の娘がいじめられている、だからクラス替えしてくれという要求に見えて、自分の娘だけじゃかわいそうだから全シャッフルしろというエスカレート具合が(5)への繋がりになります。格好良く「退治」した男がマザコンだという幕切れもわかりやすい。(1)の妻の更に前日譚という繋がりにもなっています。

(5)はそのモンスターペアレントの娘と周囲の子供たちの遊びの風景。全てはその女の子のワガママし放題ということなんだけれど、突然始める「銀座(のクラブ)ごっこ」で男に貢がせるように、何か持ち物を女たちに贈らせるというのを遊びにしちゃう発想の面白さ。まあ、それは妖怪ウォッチだったり(なぜかダンスが混じったりする)するけれど彼らにとっては「価値」があるわけで。それを取り仕切るワガママな女の子が成長した(2)の偽プランナーという構成。

脚本演出を兼ねる岸本鮎佳のキチガイキャラクタがまあともかく凄い。(3)で馬鹿犬を演じた谷戸亮太のぼんやりした前半とキリッと決まる後半もイズんほうてき。新婚妻を演じた服部レオナが(3)で雌犬ってのも微妙にエロくてなんかいいじゃないですか。

|

« 【芝居】「ダーリン!ダーリン!」ズッキュン娘 | トップページ | 【芝居】「台所の女たちへ」青年座 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「アタマ、大丈夫」艶∞ポリス:

« 【芝居】「ダーリン!ダーリン!」ズッキュン娘 | トップページ | 【芝居】「台所の女たちへ」青年座 »