« 速報→「90ミニッツ」パルコ劇場 | トップページ | 速報→「深呼吸する惑星」第三舞台 »

2011.12.30

速報→「Gaku-GAY-kai 2011」フライングステージ

2011.12.29 18:30 [CoRich]

劇団・フライングステージ名義ですが、芝居とレビューを混ぜ合わせて200分ほど。★。30日まで雑遊。

第一部「贋作・GO」。男として生まれたのに、戦乱を避けるために女として育てられた三姉妹(兄弟)。戦乱の世、翻弄されていく。
第二部「It's Show Time」

  1. 「アイハラミホ。の驚愕!ダイナマイトパワフル歌謡パフォーマンスしょー」
  2. 天辺歌劇場3「香港の黒豚」作・岸田今日子(amazon)
  3. 「女優リーディング『悪女について』」関根信一
  4. 「今年はアタシも、第二部で何かやろうかねえ」エスムラルダ
  5. 「リヴァイタル2」モイラ
  6. 「中森夏奈子のスパンコール・チャイナイトvol.4」西田夏奈子

「贋作・GO」
云わずと知れた大河ドラマ「江」をゲイたちの話に読み替えた贋作版。辻褄のあわないところを「趣向ですから」という一言で片付けつつ、でも90分でわかる「江」という感じなのも楽しい。(いや、実は見てないので)
必ずしも手慣れた役者ばかりではないので、初日だということを差し引いても(で、ホンも最後は前日夜とか)、仕上がっていない感じではあります。明らかに飛んでしまう台詞、段取りなども見えてしまいます。いわゆる 舞台を期待していくと少々不満が残りそうな感じではありましたが、なにせタイトルからして「学芸会(しかもゲイたちの)」ですから その全体のバタバタも含めて楽しむのが吉。人数の多いダンスは圧巻ですが、アタシが入場したのは少し遅かったので、横から見る感じになってしまったのはちょっと残念なのです。

「アイハラミホの〜」わりと豊満を通り越してまん丸な感じの彼女がパワフルに踊る二曲。コミカルでもあって、そのわりにカラダの切れがすごいので見ていてぴしっと決まるのがカッコいい。

「天辺〜」どこまでが原作に忠実なのかわかりませんが、香港で見つけた「豚」に恋してしまった女の話。それがどんどん不幸になっていくような落ちる感じ。

「悪女について」は有吉佐和子の小説で、その中から「その3」と題された部分のリーディング。世間知らずの公家の宝石を換金して成り上がっていく女のことを、その公家の女性からの証言として成立させたものがたり。さすがに関根信一らしく、情感も繊細さが圧巻。

悪夢の、と紹介された「今年はアタシも〜」は、曲をかけつつ踊る下ネタ2本で構成。女性客も多いので気を遣いつつも、そのパフォーマンスに、女性の声を中心に盛り上がる客席。この密室、秘密な感じがたのしい。

「リヴァイタル」は美しいパフォーマンス。少し長い感はあります。

「中森夏奈子〜」は中森明菜風だけど、彼女の曲ではない二曲。 しっかりと中森明菜の歌い口になってるのが楽しくもりあがります。

|

« 速報→「90ミニッツ」パルコ劇場 | トップページ | 速報→「深呼吸する惑星」第三舞台 »

「ライブ・コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/53604843

この記事へのトラックバック一覧です: 速報→「Gaku-GAY-kai 2011」フライングステージ:

« 速報→「90ミニッツ」パルコ劇場 | トップページ | 速報→「深呼吸する惑星」第三舞台 »