« 安否。 | トップページ | 【芝居】「THE BEE」(ロンドン版) NODA MAP番外 »

2007.07.20

【芝居】「天国」ブラジル

2007.7.19 19:30

ブラジルの新作は、期間工が集う店の話。22日までザ・ポケット。120分弱。

自動車工場の近くの居酒屋。夜な夜な集まってくるのは、美人女将目当ての工員たち。短い期間で稼ぐのは訳ありだったり、現金が必要だったりとそれぞれの理由。ある日、男が女将に言い寄る。単に美人だからというわけではなく。

携帯電話こそみんな持ってるし、別に昔の話というつくりではありません。が、昭和の歌謡曲が流れ、今で云う個人事業主な期間工が登場し、その中に外国人が居ないという意味では、本当のリアル、というのとは違う感じもします。それは大きな問題ではありません。現実の現場は派遣や請負というさまざまなシステムが入り組んでいてややこしかったりします。が、物語のシンプルな見せ方は、彼らの雇用形態での明日をも知れぬ不安定さが物語全体を包み、彼らの不安を観客は感じることができます。

この先には希望なんかないことはわかっているのに、そのまま突き進むしかないのを悲劇だと言うのだとすれば、この場所はまさにそうなのです。突き進む中で、それぞれにある言えないことが徐々に見えてくるのは、構造の巧さ。

二日目は終幕のタイミングや、客席に飛んでしまったり、場面が微妙に繋がらないチグハグさを感じましたが、物語の大筋には影響なかったと思います。

ネタバレかも

ネタバレかも、といいながらも、ホントの所を書いてしまうのは躊躇するアタシです。金だったり、恋人たちだったり、酷い人だったりと、細かく作られた物語。基本的には男たちがメインで、そこから出ていこうとう意志が空回りする姿。それは滑稽だったりもしますが、その鬱屈さはきちんと感じ取りたいのです。

女優二人が実に魅力的で、見ていて楽しい感じ。役者達に不安感がないのも実に安定を感じさせます。

ブラジル「天国」
2007.7.18 - 7.22 ザ・ポケット
作・演出 ドリル(MCR)
出演 辰巳智秋 西山聡 諌山幸治 若狭勝也(KAKUTA) 中川智明 山本了(同居人) 山田佑美(無機王) こいけけいこ(リュカ.) 本間剛

|

« 安否。 | トップページ | 【芝居】「THE BEE」(ロンドン版) NODA MAP番外 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「天国」ブラジル:

« 安否。 | トップページ | 【芝居】「THE BEE」(ロンドン版) NODA MAP番外 »