« 【芝居】「チチキトクサクラサク」うさぎ庵 | トップページ | 【芝居】「アリスの愛はどこにある」G-up »

2007.04.08

【芝居】「写楽考」シスカンパニー

2007.4.7 19:00

力強い物語と実力ある役者が強いシスカンパニーの舞台。矢代静一の原作を、鈴木勝秀の演出で初の和もの、という触れ込み。 120分。29日までシアターコクーン。

正体不明の絵師、写楽を語る十返舎と名乗る男の語る物語。売れない絵師たちの長屋。兄弟子の勇助(歌麿)は悩みながらも日々絵の修練に暮れる。 弟弟子の伊之(写楽)はどちらかというと遊びほうけている。年増女に飼われて、赤ん坊を押しつけられ、その末期に居合わせてしまったがために大きく歯車が狂っていく。

役者に何一つ不安がないという安心感。 チケットは安くはないけれどクオリティを保ってくれるのです。 大きな絵を三枚上下させ、舞台奥からと下手側からセットをスピーディーに出し入れする構造。長屋のシーン以外は実にシンプルでほとんど物がない舞台で、研ぎ澄まされたかっこよさがあります。

高橋克美高橋克実が実にいいのです。笑い少なめの舞台の中で、クスリと笑う要所要所の場面を確実にモノにしていて、一本調子になりがちな舞台の緩急がついています。 キムラ緑子の深い業のような色気は狂気をまとっていて、年増女の押しの強さも印象的で気持ちに残ります。

シスカンパニー「写楽考」
2007.4.5 - 4.29 シアターコクーン
作 矢代静一  演出 鈴木勝秀
出演 堤真一 高橋克実 長塚圭史 キムラ緑子 七瀬なつみ 西岡徳馬

|

« 【芝居】「チチキトクサクラサク」うさぎ庵 | トップページ | 【芝居】「アリスの愛はどこにある」G-up »

「演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

毎度のつっこみ、失礼いたします。
かっつみーさんは「克実」ですね。「び」ではなく「じつ」で。
私自身がまだ公演を観ていなくてここのチェックが遅れました。
「べつやくメソッド」のグラフで気づいたのですが、こちらに。

投稿: NAH | 2007.04.11 10:03

NAHさま、まいどまいどご指摘感謝ですー。
べつやくメソッド、早速役にたちました←違

投稿: かわひ_ | 2007.04.11 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/14599884

この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「写楽考」シスカンパニー:

« 【芝居】「チチキトクサクラサク」うさぎ庵 | トップページ | 【芝居】「アリスの愛はどこにある」G-up »