« 【芝居】「だんなさまと私」にんじんボーン | トップページ | 【芝居】「ブラウニング・バージョン」自転車キンクリートSTORE »

2005.10.21

ひと区切り、またはイバラの道の第一歩。

ともすれば、沈んでしまいそうになる気持ちなのだけど、あれ、これもしかしたら行けるんじゃないかと思うこと、ぽつり、ぽつり見えてる感じがする今日この頃。こういう涼しくなりつつある季節が、あたしは大好きです。 洗濯物を風呂場に干してもすぐ乾くし。←それかい

無理矢理に水曜日に一本見たので、なんとか回せる予感の週末。

珍しく前売りを持っているのは、胎内@青山円形を日曜昼、自転車キンクリートSTORE(ブラウニング・バージョン、なんとe+では得チケが)@俳優座を土曜昼。どちらも楽しみなのです。

7の椅子@OFF OFFシアター、短編4話、スタイリッシュなチラシが印象的、旗揚げも面白かったし。オールツーステップスクール@三鷹、こっちもスタイリッシュだよなぁ。結局三鷹のフェスティバルはこれ一本か。たぶん、見るのはここまで。

チェリーボンバー@笹塚ファクトリー、前回はずいぶん前で、パワフルな女優たちで笑いいっぱいで面白かったなぁ。青年団若手@春風舎、うあ、観られないのが惜しい予感。ククルカン@萬スタジオ。三年物語@ストアハウス。いわたかプロデュース@神楽坂 die pratze、プレイメイト@TOPS、鹿殺し@ゴールデン街劇場、二兎社ももう半分すぎたか。

|

« 【芝居】「だんなさまと私」にんじんボーン | トップページ | 【芝居】「ブラウニング・バージョン」自転車キンクリートSTORE »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/6495116

この記事へのトラックバック一覧です: ひと区切り、またはイバラの道の第一歩。:

» 「電車を降りれば、すぐそこは君の家。」。 [「こんな感じです」。]
いわたかproduceの「電車を降りれば、すぐそこは君の家。」を観た。いわたかproduceとは、一時期ランニングシアターダッシュで女優をしていた岩田能子さんと、今でもダッシュ在籍?の男優・高市正行さんの二人によるプロデュースユニット。私は昨年の#3「rush days」が初見。かなり気に入ってアンケートも提出したのに、郵便事故かなにかで手元にDMは未着で、今回に限ってはチラシも目にしていなかったので、公演があることを知ったのは金曜日、 かわひ_さんのサイト「休むに似たり。」の10月21日のエン... [続きを読む]

受信: 2005.10.23 12:24

« 【芝居】「だんなさまと私」にんじんボーン | トップページ | 【芝居】「ブラウニング・バージョン」自転車キンクリートSTORE »