« 【芝居】「僕等の肌ヌらす青」東京ネジ | トップページ | 【芝居】「トーキョーあたり」健康 »

2005.08.07

【芝居】「どこかにいます」南船北馬一団

2005.8.7 15:00

大阪拠点の劇団、2000年の作品の再演。小学校時代の仲良しの懐かしい集まりが、やがて各々の暗部をえぐり出すような痛み。梅ヶ丘BOXの東京公演は終了、18日から大阪・精華小劇場。

廃校になった小学校の講堂。よく集まっていた仲良しだった友達たち。5人集まるはずだが、集まったのは3人。来ない彼らの話を続けるうちに、詮索と曖昧な記憶が相まって。

梅ヶ丘BOXという劇場は、非常に狭くて濃密な劇場、対して精華小劇場は、かつて小学校の講堂だった建物。今作はバージョンを分けているとはいえ、大阪に焦点を あてて描かれているようです。場所の設定も、雰囲気も、役者の声量さえも、そこに合わせた感じです。梅ヶ丘だと、講堂横の倉庫、てな味わいです。

楽しみにしてたはずなのに来ない彼女は何故なのか、語る会話は互いを罵倒するまでにヒートアップしたり。全員が何かを秘めてるってのは芝居としちゃ珍しいものではない気がしますが、60分の濃密な空気は、芝居らしい空気を作り出します。

南船北馬一団「どこかにいます」
2005.8.4 - 8.7 梅ヶ丘BOX
2005.8.18 - 8.21 大阪 精華小劇場
作・演出 棚瀬美幸
出演 藤岡悠芙子 後藤麻友 (/谷弘恵) 末廣一光

|

« 【芝居】「僕等の肌ヌらす青」東京ネジ | トップページ | 【芝居】「トーキョーあたり」健康 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「どこかにいます」南船北馬一団:

« 【芝居】「僕等の肌ヌらす青」東京ネジ | トップページ | 【芝居】「トーキョーあたり」健康 »