« 【芝居】「寿命2秒」自分支部 | トップページ | 西原理恵子が好きです。 »

2005.08.30

【芝居】「36000秒(楽)」bird's-eye view

2005.08.28 19:30

王子小劇場を舞台に、朝9:30集合、10時間で芝居を創る過程からすべての手の内を開示する企画公演。その2週目、楽日。公演は終了、あたしは14:30ぐらいから。

先週の稽古場は、役者たちがアイディアを出し合って、アメーバ状に作り上げていく感覚でした。まとめる権力を置かなかったために、まとまりとか、観客からどう見えているかについてが見えなかった先週。今週は、芝居を作家・演出が、どう作り上げていくか、役者の瞬発力が面白いか、あるいはいかに信用できないかの10時間。あたしはかなり楽しみました。

公園らしい場所、話しているカップル(高橋、櫻井)、炊飯ジャーを持ってくる人(根本)、漫画を持ってくる男(井俣)、ついてくる女(近藤)。絵を描きにくる人(森)、泣いてくる女(小松田)。舞台の隅でずっとおにぎりを作り続ける姿のまわりで、4つの景色が広がる。続くシーンは公園、ホームレスの3人(、死んでしまった友を弔う儀式、酒、高い脚立(佐藤、宮本、武藤)。喫茶店で、そのホームレスの撮影をしてる学生(チョウ)、マスター(成清)、コーヒー名人(足立)の会話。ちゃぶ台を囲む夫婦(辰巳、羽場)

役者の力、笑いで引っ張る客席。通せなかったために時間が押してしまうのも含めて、楽しいあたし。しかし、稽古場を見続けているということは、壮大な身内客、内輪受けに作り上げられているということでもあるのです。それでも一通り、物語になってるのは、2日目より、見続けていられるのです。

アフタートーク、年かさの男性。「わからないんですが、役者が笑ってしまうのは演者としてはどうなのか」、という指摘。落語を引き合いに出して、噺家は自分では笑う人はいないでしょ、と云うのだけど、寄席で見てると、そんなはずはないのだけどなぁ。独演会とか、CDとかご覧になってる人なのかなぁ。笑いの技術として自分が笑うってのはあると思うのだけど。

bird's-eye view「36000秒」楽日
2005.8.20,21,22,26,27,28 王子小劇場
総合監督 内藤達也(bird's-eye view)
出演 足立道彦 井俣平良(少年社中) 小松田あこ 近藤美月(bird's-eye view) 櫻井智也(MCR) 佐藤春平 高橋優子(チーム下剋上) 辰巳智秋(ブラジル) チョウソンハ(ひょっとこ乱舞) 成清正紀(KAKUTA) 根本江理子(青年団) 羽場万里子 宮本拓也(bird's-eye view) 武藤心平(クロム舎) 森啓一郎(東京タンバリン)

|

« 【芝居】「寿命2秒」自分支部 | トップページ | 西原理恵子が好きです。 »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「36000秒(楽)」bird's-eye view:

« 【芝居】「寿命2秒」自分支部 | トップページ | 西原理恵子が好きです。 »