« 【芝居】「走れメルス」三回目 | トップページ | 【芝居】「Brains」G-up »

2005.01.23

【芝居】「サラミの会」ピンズ・ログ

2005.1.23 14:00

移転間近のキャンパスの部室。映研サークルの部室を舞台に現役部員とOB達、これから自分達は何をしてくんだろう、という時期を丁寧に描いた一本。面白かったっす。24日までウエストエンドスタジオ。

カメラ持つことの力と怖さをしっかりと自覚、現役とOBの二重構造をとりながら、それぞれ気持ちを実に細やかに描くのです。人に誇示したい欲求、それに負けてしまったOBたちのわだかまり。現役たちは自分の行く末それぞれに不安だったり、その鬱屈がカメラを使って「力を自覚しないで振り回す」ことを引き起こすのです。

多少の誇張あれど、人物が何故そこに止まり、何故気持ちが動くかなどの感情に無理がないのが凄いのです。例えば本筋とは何の関係もないけど初対面の現役とOBがキットカットの受渡し一つで距離がぐっと近くなるとか。巧いなぁ。

映研とOBと学生たち、というシチュエーションでは、ナイロン100℃の「カメラ≠万年筆」のような名作があるわけですが、基本的なスタンスは変わらない感じがするものの、自分の先行きに対する不安な感じは若い(と思うのだけど)本作の作家の方が、より瑞々しいのです。

カメラ持つ少女、和田好美さんが静かな視点。でも飲み会シーンとかでのちょっとお茶目がかわいらしい。森川佳紀さん、立花幸博さんの誠実な感じもちょっといい。

ピンズ・ログ「サラミの会」
2005.1.21 - 1.24 ウエストエンドスタジオ
作・演出 平林亜季子
出演 小山亜由子 佐川大輔(theatre moments) 桜井稔 迫田圭司(アーバンフォレスト) 鈴木雄一郎 高橋一路(feel & move) 滝寛式(はえぎわ) 立花幸博(いとちちファイブ!) 寺田未来 正岡拓野(劇団ひまわり) 松岡規子 森川佳紀(サニーサイドウォーカー) 森本真由美(インターメディアエンタテインメント) 和田好美

|

« 【芝居】「走れメルス」三回目 | トップページ | 【芝居】「Brains」G-up »

「演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/2668963

この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「サラミの会」ピンズ・ログ:

» ピンズ・ログ公演「サラミの会」 [Wonderland]
 「映研サークルの部室を舞台に現役部員とOB達、これから自分達は何をしてくんだろう、という時期を丁寧に描いた一本」「人物が何故そこに止まり、何故気持ちが動くかな... [続きを読む]

受信: 2005.01.29 11:45

« 【芝居】「走れメルス」三回目 | トップページ | 【芝居】「Brains」G-up »