« 寒くなってきた | トップページ | 【芝居】「オアシスサバク」OrangePunPKing »

2004.12.04

【映画】「笑の大学」

1996年青山円形劇場、1998年パルコ劇場他で上演された、三谷幸喜作・山田和也演出による二人芝居の映画化。舞台では西村雅彦演じる検閲官を役所広司、近藤芳正演じる作家を稲垣吾郎。もともとはこの二人による密室の芝居なのだけど、さすがに映画ではこの一室だけでは成立させられなかったと見え、廊下のシーンなどが追加されています。映画館では観客の反応をアテにすることができませんから、第三者的視点の廊下の警官を置いたのは、映画の特性に応じた変更なのだと思います。

2回の舞台も見ていますがこれも超人気公演でした。まあ三谷印の舞台といえば、プラチナチケットなわけですが。(まったくねぇ。なにわバタフライとれましたか?>みなさま) 濃密な密室劇だった舞台、特に小さな青山円形劇場のときの空気の濃密さったらなかったのです。映画と比べると、特に前半の、細かなネタで笑わせる部分はやはり舞台俳優の方が何枚も上手だと思うのです。映画で見ていると、やっぱねぇ、これは厳しい。後半、最後の検閲下りあたりは、映画でも面目躍如。役所さんという役者の力大きいなぁと思います。しっかと泣いてかえって来ました、あたし。

とはいえ、水準は高いのです。ぜひとも、おすすめ。

ココログでは、公式ホームページを展開。とはいえ、試写からロードショー公開までの間のプロモーションが主なので、今みてもあんまり意味はないのかもしれませんが。そんなこと言いながらもひよってトラックバック...って、これどこにつけたらいいんだろう。えいえい、最新のエントリにつけちゃえ。

|

« 寒くなってきた | トップページ | 【芝居】「オアシスサバク」OrangePunPKing »

演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

あららら。200Visit/dayを初めて超えたと思ったら、http://warainodaigaku.cocolog-nifty.com/movie/ から133アクセス。恐るべし。つうか、その分引いたら、普段より少ない..orz。

投稿: かわひ_ | 2004.12.05 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「笑の大学」:

« 寒くなってきた | トップページ | 【芝居】「オアシスサバク」OrangePunPKing »