« 【芝居】「たびだち」演劇弁当猫ニャー | トップページ | 【芝居】「セロ弾きのゴーシュ」つよしとひでき(trf) »

2004.09.21

【芝居】「芝浦食肉センター」女体道場

2004.9.20 18:00

劇団名も役者名のふざけたような印象なのですが、今作、実に傑作だと思います。

児童からとった小学校の社会科見学先のアンケートにたった一票、書かれていた「食肉センター」、いわゆる「 と殺場」。戦争が好きな男の子は血なまぐささを見たいとはしゃぎ、でもそれは子供に見せるようなものじゃないと、議論というか単なる言い合いというか。が、実際に見学に行った一行が目にしたのは、近代的で血も豚も見えないような、「機械」でのと殺の姿。

食肉センターという微妙で繊細なテーマ。劇中あからさまには語られませんが、そこにある偏見をベースにしつつ、「命を取る」ということについての真摯な語り口。「殺している」のに、リスクや「かえり血」を浴びないようになっている「違和感」を、中絶の問題と並立して、丁寧に描いています。前半はコミカルで、このテーマをこのトーンで演じる危うさを感じながら見ていましたが、終盤、小学生の男の子が訴えるシーンの真剣さ。まさにやられました。すごい。

小学生の男の子・えびちゃんを演じた相沢樽介さん、女性が演じるというのはよくあるタイプの役ですが、男性がこれはある意味すごい。役者はパワフルで、退屈せずに見られます。

終幕近く、父親と息子の二人の食卓、ファンタジーと言えばファンタジーな見せ方をさせている部分もあったり、えびちゃんの役がまるで「山田のぼる」に見えたり、食べるために命をとることを書いていたり、実は遊◎機械全自動シアターに近いんじゃないかと思います。もっとも、見せ方の下世話さなど、見た目の印象はずいぶん違いますが。

女体道場「芝浦食肉センター」
2004.9.17 - 9.20 タイニイアリス
出演 相沢樽介 コシヒカリ 嶋田幸子 めすぶた 小袖亜矢子(グラサンパンツ)  内山清人(projectサマカトポロジー) ガマコ 大門郁子 野村直生 服部紘平 パラディ 三井俊明(A2)

|

« 【芝居】「たびだち」演劇弁当猫ニャー | トップページ | 【芝居】「セロ弾きのゴーシュ」つよしとひでき(trf) »

「演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/1484296

この記事へのトラックバック一覧です: 【芝居】「芝浦食肉センター」女体道場:

» 女体道場「芝浦食肉センター」 [Wonderland]
 いつもお世話になっている「休む似たり。」サイトが新宿タイニイアリスで開かれた女体道場「芝浦食肉センター」公演(9月17日-20日)のレビューを掲載しています。... [続きを読む]

受信: 2004.09.23 15:40

« 【芝居】「たびだち」演劇弁当猫ニャー | トップページ | 【芝居】「セロ弾きのゴーシュ」つよしとひでき(trf) »