« 【芝居】「朗読の夜~女の夜」プログラムA KAKUTA | トップページ | 【映画】「華氏911」 »

2004.08.24

「うすい」

最近、気になる言葉があります。決定的だったのは、「朗読の夜」の「飯を薄く炊く」という言葉。あまりに印象的でほかにどう言うかが思い浮かばないぐらいです。ほかには「(音楽を)薄くかける」という表現。音を絞って小さな音で聴く、といことなのですが、これもどこか印象的。

さらに最近思うのは、あたしゃ、なんか「薄く」なってないか。■感情の起伏が平坦で、まえほど大笑いしたり大泣きしたりしなくなった気がする。ドラマやら芝居やら見て泣いたりはするのだけど、これはある一定のパターンであればいつでも泣いてる気がするのです。感情が「薄く」なってないかしらん。■やらなきゃいけないこと、に対しても気持ちが薄くなってる気がするんだよなぁ。仕事だったり、家事だったり。■最近のことに限らない気もするのだけど。人と密接にかかわってると、明るいまま話せるようにならなくなってきて(なんかダウナー感じというか)、相手もそうなってきて、それが息苦しくて、関係を薄くしたいと思い始めたり。

なんか深刻な話になってきたな。それほどのことぢゃないんだけど、常に前向きに進める人って、それが虚勢だろうとなんだろうと、すごいなぁと思うのです。....なんて、愚痴みたいなことを書いてちゃいけませんな。オオヤケに。

|

« 【芝居】「朗読の夜~女の夜」プログラムA KAKUTA | トップページ | 【映画】「華氏911」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/1263123

この記事へのトラックバック一覧です: 「うすい」:

« 【芝居】「朗読の夜~女の夜」プログラムA KAKUTA | トップページ | 【映画】「華氏911」 »