« 【芝居】「カケルエックス」TEAM発砲B-ZIN | トップページ | 【芝居】「破稿 銀河鉄道の夜」いるかHotel »

1998.12.13

R/【非常怪談】JJC

日曜夜の回だというのに、客席はほぼ満員状態。しかもかなりの人数の FSTAGER。そもそも、開演前にも、整理券のためとはいえ、気合い入り すぎて早過ぎだ、というのは、かわひらのことですが。

【みたままおもったまま】
くしくも「カズクン」と並んで、葬式(というか通夜)を舞台にした 芝居が揃い踏み。シアターグリーンはお寺の横ですし、はっきりいって 決まりすぎ。隙がないようでいて、見ている側が「書き込める」余白の あるような芝居は、ほどよい狭さとあいまって非常に密度の濃い舞台に 仕上がっています。たしかにこれは名作。また上演の機会があれば、ぜひ。

まだあんまり経験ないんですが、葬式のときって、いろんな人が入り乱れる じゃないですか。冠婚葬祭の中で、いちばん「誰でも居られる」ものだと 思うのです。故人からみればまあ知っているひとなのだけど、その当人は 故人なわけで(意味不明)、それが実際のところだれなのかなんて本人の口 を信じるしかない人がいてもぜんぜんおかしくない。

そんな「隙」が巧みに使われていて、たとえば「モスグリーンの男」や 闖入する「沙依理」もそう。それが誰なのか、誰も知らないのだけど、 改めて聞くのはちょっとはばかられる。ものがたりを進めるためには 「異なるものの摩擦」が必要なのだけど、その状況にいとも簡単に 引っ張り込まれてしまうのです。

きっちりと作り込まれているようなのだけど、見る側に残された余白も 結構あって、そこに自分を書き込みながら見ることができるというのも 凄い。

些細なことなのだけど、「モスグリーンの男」が頭に水をちょちょっと つけたり、冷蔵庫からキュウリを出して齧ったり、釣竿にこだわったり する、なんてことがものすごく楽しかったり。謎というほどのことでは ないのだけど、なにか引っ張られるのです。

咲田とばこさんは、明るくてすこしとぼけた感じの母親がじつにぴったり。 見かけ上は明るく振舞うのだけど、その奥に見え隠れする涙がかえって 気持ちの深さ、つきささるのです。 故人の姉・節子を演じた荘加真美さんのすっとぼけたおばさんぶりが 凄いのだけど、この方、「ランチタイム・セミナー」では若い男性の 外交官。幅の広さにびっくりします。一色忍さんの不思議な雰囲気も すきなのです。

【ものがたり】
一家の主を亡くした恋沼家の通夜。ばたばたと人の出入りがある台所。 故人の妻・陽子(咲田)、子供・実(高庄)、友美(疋田)や親戚に混じって、 見慣れない人々も行き来。葬儀なのに緑づくめで現れた男(小山)とか 喪服姿でかいがいしく働く若い女性・沙依理(一色)とか。  遅れてやってきたのは陽子の妹夫婦・房江(中杉)と達郎(栗木)だったが、 達郎の姿を見た友美の様子がどこかよそよそしい。沙依理は親戚一同 の前で自分が隠し子だと言いだして....

【観劇データ】
1998.12.13 19:00 - 20:30 前3列中央ブロック上手寄り(前日予約)
---
●劇団ジャブジャブサーキット第30回公演「非常怪談」
1998.10.24 - 10.25 ドリームシアター岐阜(岐阜市市民文化祭etc.)
1998.11.12 - 11.15 大阪 ウィングフィールド (ウィング再演大博覧会)
1998.12.10 - 12.14 東京 池袋 シアターグリーン('97グリーン賞受賞記念)
作・演出 はせひろいち
出演 咲田とばこ 高圧久美子 (天嶺正喜/)疋田英司 荘加真美 世一嘉津男
   中杉真弓 栗木己義(/岡浩之) 長尾みゆき 高野彰秀(/みずのいくひこ)
   小山広明 小島好美(/千頭麻依) (栗木己義/)所晴巳 一色忍

|

« 【芝居】「カケルエックス」TEAM発砲B-ZIN | トップページ | 【芝居】「破稿 銀河鉄道の夜」いるかHotel »

「演劇・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1562/66442191

この記事へのトラックバック一覧です: R/【非常怪談】JJC:

« 【芝居】「カケルエックス」TEAM発砲B-ZIN | トップページ | 【芝居】「破稿 銀河鉄道の夜」いるかHotel »