« 1996年11月 | トップページ | 1997年1月 »

1996.12.28

【芝居】「ジャスキス・デス」TEAM発砲B-ZIN

1996.12.28 14:00

オフ会での観劇。とても見やすい椅子席、感謝かんしゃです。

【みたまま、おもったまま】
コスプレチックな衣装や、特撮ヒーローっぽさというのはもちろんあるのです。 しかし、こうゆうものに特段拒否反応を示さないのならば、なかなかに面白い 芝居だと思うのです。30代ぐらいまでの世代なら、たいていこの手の特撮番組 の洗礼を受けているはずで、その文法の中で進む物語は、実際結構緻密に出来て いて、楽しむことができるのです。

デッカードさんが取り上げてらっしゃるとおり、設定上の無理な部分は無理やり ながらもきちんと話をつないでいるし、その部分の疑問をすべて吹っとばして しまってぼーっと見てても面白いというつくりになっています。

完成度は前作・トランスホームよりも高いと感じます。アクションに対する各種の 効果音や照明効果などのタイミングもかなりばっちりと合っていて、脚本の完成度 もさることながら、演出面でも相当に作り込んであることがわかります。

主役・ジャスティを演じた小林愛さんは、可愛らしくて、カッコよくて、華のある 女優さんです。ジャスティが自分の銃で打ち抜かれるシーンの表情やびっくりして 目を見開いたときの目の印象が強くて、魅力的です。が、それに比べて他の女優に 対する掘り下げが浅い、というのが残念な気もします。結構いいアジが出てるとも 思うのですが。

前作では単なるヤな奴だった、きだつよしさんはでづっぱり、結構格好良かったりも して、いい感じです。ゼロを演じたラヴ&ピース川津さんのコミカルでありながら 物語のかなめといいう役どころもマル。

ごちゃごちゃ言うまでもなく、「ああ、楽しいっ」とか、「こいつらバカだなぁ」 (念のため、アタシにとっては誉め言葉です)っていう娯楽としての楽しさ、それを 生で見られることの面白さのパワーに溢れています。

ピスタチオに近い雰囲気がないこともないのですが、それよりはずっとチープで なじみやすいという感じがします。特段の拒否反応がないのならば、大きな ところでやりはじめる前のいまのうちに見ておくことをおすすめします。

【ものがたり】
宇宙犯罪人・クロノス(工藤順矢)を追いかける、女宇宙刑事・ジャスティ(小林愛)。 何度も追い詰めながら、最後の最後でクロノスの逃走を許してしまっている。 クロノスの持つその不思議な能力に気づき始めたジャスティは最終装備・ ゼロスティックを手にクロノスを追い詰める。そして追い詰めた先は、 クリスマスイブ・日本。とある会社のとあるフロア。たまたま居合わせた男・ ヒロ(きだつよし)を巻き込んでの、大捕物がはじまる。

【観劇データ】
1996.12.28 14:00 - 15:40 A列3番(前売り、オフ会幹事確保チケット)客席ほぼ満員

続きを読む "【芝居】「ジャスキス・デス」TEAM発砲B-ZIN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1996.12.14

【芝居】「法王庁の避妊法」自転車キンクリートSTORE

1996.12.14 19:00

別の芝居を見ようと思ったのです。が、覚えてた時間が間違ってる ことが判明。で、あわてて探して見つけたのが、もっと先に観るはずだった この芝居。当日券でした。

【みたままおもったまま】

少し、ねたばれあり。でもそんなことは大した問題じゃ... 結論から言っちゃいます。強力に、オススメ。ほんとうに大好きです。この芝居。

「オギノ式」って知ってますか?どうやったら子どもが出来るか、(あるいは 出来ないか)ということの基本になってる「女性のからだの話」。この法則性を 解き明かした日本人医師とその妻、病院に出入りする女性たちを軸に物語は進みます。 「オギノ式」の言葉は知ってても、そのものがたりは初演を観るまでは 知りませんでした。なんせ、小学校でよく読む「偉人伝」とかにはあんまり 出てきませんものね。

萩野久作さんを演じた山西惇さんは初演の時の佐戸井けん太さんよりは骨太な 印象で、東北っぽくない、というと偏見かしら。でもどこまでもまっすぐで 実直な印象がずっと強まったようにも思います。

戸川京子さんの"不妊に悩む嫁"。時代のせいにするのは簡単だけど、子どもが できないことに対する強烈なプレッシャーに強く、けなげにがんばる姿。 かわいらしく、素敵です。 歌川椎子さんは"子だくさんの女性"。これは不妊とは逆の意味なのだけれど、 やはり産む性ゆえの不幸。強く、でもやはりけなげで。

この手のイイ話は、少なくともオトコからは文句がつけにくいなぁ、なんて思った りもするのですが、そんなことを言わせないぐらいに完成度が高くて、凄いと 思います。3時間っていう長い上演時間なんですけど、ずーっと笑ってるか 泣いてるかしてたのです(^^)

この劇団の作家・演出は女性なのですが、そのとても優しい視点がだいすきで、 ツボをガンガン刺激します。また、言葉の選び方というか、言語感覚 がとても気持ちにマッチします。たとえば、ことばそのままでは ありませんが(戯曲買えばよかった..)「今までは(妊娠のメカニズム が解明されていないゆえに)選べないから、女性たちは苦しんでいた。しかし、この 発見によって、選らぶ苦しみというのを女性たちは得る。」なんていう雰囲気の シーンがあるのですが、とてもツボが刺激されます。ああ、あたしはやっぱり じてキンが好きなんだなぁ、と思います。

再演はどうしても評価辛くなるのですが、もしかしたら今年のベストワン... かもしれない。(記憶力がザルなんでよく考えてみないと何ともいえませんが) ああ、そういえばそんな季節>ベストテン

【ものがたり】
大正の終わり、新潟の産婦人科医・萩野久作(山西惇)は当時世界中の研究者が 取り組み、解明できなかった「女性の排卵はいつ起こるのか」という謎に取り組んで いた。町医者が解き明かすことなどできそうもなかったこの大問題、日々の 診療から症例を集めていた。

続きを読む "【芝居】「法王庁の避妊法」自転車キンクリートSTORE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1996年11月 | トップページ | 1997年1月 »